インターネットで最も安い4戸アパート向けの回線はどれ?

■4世帯(4戸)のアパートで一番安いプランは?

  • 4戸以上の集合住宅であれば料金が安くなる
  • 1つの回線の料金をアパートの住人で割り勘で支払うため

固定回線を賃貸アパートに引く際は、アパートが対応している回線でないと
引くことが出来ません。

その理由を調べてみると、電線から通信回線を引いてきて階段などの共同
スペースにまで伸ばしたら、各部屋へ回線を枝分かれさせていくからです。

それぞれの部屋で別々の回線を利用しようとすると回線を何本も電線から
引いてこなければならないことになり、予算などの問題からできないのです。

引越し先のアパートがフレッツ光に対応している場合は、もっとも安いプランは
以下のようなプランとなります。

「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」
月額利用料3,950円 + プロバイダ料金500円~ = 実質4,450円~

このプランは集合住宅の戸数が3戸以下だと月額5,100円~になってしまう
のですが、4戸以上であれば回線の料金を割り勘する人数が増えるので
月額4,450円~となります。

集合住宅では共同スペースまで1本の回線で通信をしており、途中で
枝分かれしてそれぞれの部屋へと繋がっていきます。

ですので、もともと1本の回線の料金を集合住宅の住人全員で割り勘して
支払う仕組みとなっているのです。

戸数が少なければ、割り勘する人数も少ないので一人頭の料金は高くなり、
戸数が多ければ一人頭の料金は少なくなります。

しかし、戸数が少ない方が1本の回線の利用者が少ないので回線が混雑
することがほとんどなく、スムーズに繋がります。

戸数が多いと料金が安くなる半面、回線が混雑する可能性が高くなり
通信がスムーズに出来ない状況になることもあります。

集合住宅の通信回線は、その住宅の規模や住人のネット利用の頻度に
大きく影響をうけてしまうモノなのです。

■10戸以上でなければ戸建ての料金で高くなるって本当?

  • 3戸以下の場合は戸建ての料金プランになる
  • 集合住宅の規模とプラン・月額の利用料金
  • 戸建ての料金との比較

フレッツ光の集合住宅向けプランは、集合住宅の規模によって利用料金が
変わって来ます。1本の回線を分割して利用するため住人全員で料金を
割り勘するからです。

集合住宅の規模が10戸以下ではなく3戸以下の場合は戸建ての料金プランと
なるのですが、4戸以上であれば集合住宅プランが適用されます。

しかし、規模ごとに利用料金は違ってきます。
集合住宅の規模ごとの月額料金を調べてみました。

4戸以上契約が見込める(4戸以上部屋数がある)場合
月額 実質3,950円 プロバイダ料金500円~ 合計4,450円

8戸以上契約が見込める場合
月額 実質3,350円 プロバイダ料金500円~ 合計3,850円

16戸以上契約が見込める場合
月額 実質2,950円 プロバイダ料金500円~ 合計3,650円

そして、集合住宅が3戸以下の場合は集合住宅であっても、戸建ての
料金プランとなります。戸建ての料金プランはこちらです。

3戸数以下の集合住宅の場合・戸建て向けプラン
月額実質4,600円 + プロバイダ料金500円~ = 合計5,100円~

■プランによって工事費にも差が出てきます!

  • 集合住宅プランと戸建てプランの工事費

また、回線がアパートの階段や通路までしか来ておらず部屋まで届いて
いない場合は、自己負担で回線の設置工事を行うのですが、その工事費
もプランによって違います。調べた工事費は以下のとおりです。

回線を設置する工事の費用

4戸以上の集合住宅 15,000円
3戸以下の集合住宅 18,000円

そして、契約料は集合住宅プランでも戸建てプランでも800円と同じです。

■オンラインゲームをしない人ならモバイル回線でも十分

  • 一般的なネットサービスには固定回線程の安定性が必要ない

オンラインゲームをする場合は安定性の高い通信環境が必要となりますので、
固定回線でなければいけません。

しかし、オンラインゲームをしない一般的なインターネット利用者の場合は、
わざわざ固定回線を引かなくてもモバイル回線で十分なのです。

モバイル回線について調べた結果がコチラです。

モバイル回線とは持ち運びができる通信端末で無線でネット接続する方法の
ことを言います。屋内でも屋外でも通信エリア内で繋がる環境であればどこで
でも通信が出来るというメリットがあります。

その反面、無線での通信ですので固定通信のような安定性のある通信は
できません。LTEとWIMAXの2種類があるモバイル回線ですが、LTEの
方が電波強度が強く安定性は高いです。

WIMAXは安定性が低いのですが、無制限で好きなだけ通信を利用すること
が出来るので、毎日多くの時間ネット環境が必要な人はWIMAX、安定した
通信環境が欲しい人はLTEが良いでしょう。

■固定回線でも無線回線でも最低利用期間は2年間

固定回線でも無線回線でも契約から2年間は最低利用期間となり、解約を
する場合は違約金が発生します。

2年間快適に利用できるよう、しっかり契約内容を確認しましょう。

■実家はフレッツ光加入済み、一人暮らし先でフレッツ光モバイルパックLTEは使える?

  • 契約は実家で行う必要がある
  • キャリア会社との契約とSIMカードが差しこめる端末が必要

フレッツ光が提供してるフレッツ光モバイルパックLTEはフレッツ光のサービスに
契約していることが条件となります。

調べてみると、実家がフレッツ光に契約している場合でもフレッツ光の契約者で
なければ利用できないので、実家で契約してもらいましょう。

また、フレッツ光モバイルパックLTEのサービスを利用するにはキャリア会社と
の契約、そしてSIMカードを差しこめる端末が必要となります。

SIMカードを差しこめる端末とは、SIMフリーのスマホかタブレットのことをいいます。
実家でフレッツ光モバイルパックLTEに契約してもらい、自分ではSIMフリーの
スマホを契約すれば利用できるようになります。

しかし、もっとも高額な料金プランである「モバイルくん なっ得プランforフレッツ」
でも月間5GBの通信量しか通信をすることができません。

フレッツ光モバイルパックLTEのこの料金プランは月額は2,900円なのですが、
ヤフーwifiという会社のモバイルwifiルーターという通信機器を使った方法では、
月額2,743円で7GBまで通信を行うことが出来ます。

フレッツ光モバイルパックLTEよりもお得なモバイルwifiルーターを利用した
通信環境の方が一人暮らしの方には合っているかと思います。

■モバイル回線でネットする場合、WIMAXとLTEの違いを知りたい

  • モバイル回線は手軽に始められる
  • WIMAXは無制限で不安定、LTEは制限ありで安定性が高い
  • オンラインゲームをするなら固定回線が必要

フレッツ光モバイルパックLTEよりもお得なモバイル回線は、どのようなもの
なのかご説明いたしましょう。

調べた結果、モバイル回線はサイトからオンラインで申し込むことができます。
クレジットカードと口座振替の2つの支払い方法が選べ、申し込みから1週間
以内に通信機器が自宅に届きます。

簡単に済む設定を行ったらすぐにインターネットにつながるようになるので、
インターネットの知識がない方でも問題ありません。

モバイル回線にはUQ WIMAXという会社が所有している通信回線を使う
WIMAXと、DOCOMOやauなどの通信会社が所有しているLTE回線を利用
して通信を行うLTE対応のものがあります。

WIMAXは月間の通信量の制限がなく好きなだけ利用することが出来るので
1日中ネット環境が必要な方に向いています。しかし、通信が途切れやすく
安定性には欠けます。

LTEは月間7GBという通信料の制限があるものの電波が途切れにくい
のでネットはそこまで多く使わないけれど、安定した通信環境が欲しい
方に向いています。

しかし、安定性に優れていると言っても固定回線程ではありませんので、
オンラインゲームを利用したい場合は、モバイル回線ではなく固定回線の
方が良いです。

■LTE対応のヤフーwifiなら午後3時までの申し込みが良い!

  • 午後3時までに申し込みをすると翌日に通信端末を発送してくれる
  • Yahoo!ウォレットが使えるのでスピーディー
  • 引っ越しの際は手続きなしでそのまま使える

モバイル回線としては安定性の高いLTEに対応しているヤフーwifiは
公式サイトからの申し込みを午後3時までにすると翌日に通信端末を
発送してくれます。

調べてみると、Yahoo!ウォレットのサービスを利用することでこうした
スピーディーな対応が出来るようです。

Yahoo!ウォレットとは登録料・利用料は一切必要なく支払いに使うクレジット
カードや銀行の情報を登録しておくだけで利用できるインターネット上の
財布のことを言います。

Yahoo!JAPAN以外でも対応しているサイトであれば使えるので、幅広く
利用できるサービスです。

このYahoo!ウォレットに対応しているヤフーwifiは、万が一急に引っ越しをする
ことになっても手続きなしで引っ越し先でもそのまま使うことが出来ます。

■契約時のサイトはプリントアウトしておきましょう

  • 最低利用期間2年間のうちにサイトの内容は大きく変わります

モバイル回線でも固定回線でも最低利用期間は2年間です。
この間に解約をすると違約金がかかります。

また、2年間のうちに公式サイトに記載されている内容は大きく変わるの
ですが、契約者にはその告知はありません。

契約時のサイト内容を忘れないようにプリントしておいて、サイトが更新
されたら内容が変わったかを確認できるようにしておきましょう。

■契約をした日を手帳に書いておきましょう!

最低利用期間は2年間もあるのでいつごろ契約したのかを忘れてしまう
可能性もあります。

手帳に書き込んでおけば忘れてしまっても問題ないですし、最低利用期間
が終わって契約更新月になるタイミングも分かります。契約更新月は違約金
を支払わないで解約が出来る月ですので、把握しておく必要があるのです。

契約から25か月目ですので、その月のうちに解約をしましょう。


「光回線」でないと遅い・快適でないのはウソです!

イラスト






光回線(光ファイバー)だけがインターネット回線?
フレッツ光やXX光など本当に最近は光回線の宣伝をよく見かけます。

でもインターネット回線=光回線
だけではないのをご存知でしょうか?

最近はモバイルルーター(ポケットWIFI)といったモバイル端末だけで
すぐにインターネットにつながるサービスも普及しています。

これは無線でインターネットをするというもの。
携帯やスマホでインターネットするのと同じ感覚でパソコンやスマホをWIFI(無線)
接続できます。





あとよくある思い込みとして光回線でないと
ネットサーフィンやyou tubeなどが
スムーズに見れないという誤解です。


光回線は確かに速いです。
20Mbpsとか数十M以上の速度がでます。

でも普通にインターネットする(ネットサーフィン、メール、ユーチューブなどの動画)だけなら5Mbps位の速さでも、光回線とは体感的に変わらないのをご存知でしょうか?




下記はYouTubeのヘルプからの引用です。

----------------------------------------------
システム要件

YouTube 動画を視聴するには、最新のブラウザと良好なインターネット接続が必要です。

最新バージョンの Google Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、Opera


500 Kbps 以上のインターネット接続

----------------------------------------------


なんと最低でも500kbps以上の速度があれば快適に見れるのです!



なので、普通のネットの使い方であればポケットWIFIで十分です。
スマホとのWIFI接続してネットサーフィン、やLINE、メール、たまにyoutube程度です。




>>月額2,000円台でWiFiする方法



もちろんオンラインゲームをガンガンやる。ユーチューブなどの動画を毎日何時間も見る。
こういう人は迷わず光回線をおすすめします。



私は毎日動画を見ますが、長くても1時間くらいですので

安いポケットWIFIを使っています。




夜間でも最低でも5,6Mbpsの速度はでていますし、快適にネットができています。
スマホのプランも一番ギガが少ないプランにしてあとは、WIFIで節約できています。

2chでも見かけましたがコスパを考えるとポケットWIFIが定番になりつつあるようです。




 コスパ最強のWiFiでした!











キャッシュバックをやっているキャンペーンは本当に多くて嫌になります。
お得ですよ!という感じで嫌気がさすのです。




あと、キャッシュバックは自分で申請しないともらえないところが多いので
忘れた場合はもらい損になります。




自分は大丈夫だろ~と思っていても人間、必ず忘れます。
数ヶ月後にキャッシュバックをもらえる権利がやっと発生するのですから。






>>キャッシュバック相当分が月額から引かれているからお得


そこで私が見つけたのは、あらかじめ、キャッシュバック相当分(2万円くらい)
が月額費用からすでに引かれているWIMAXです。





これならキャッシュバックを申請する手間が大幅に省けるうえに、お得さは
キャッシュバックと変わりません。



イラスト









ぜひ爆速な通信速度を体感してみてくださいね。