インターネットの契約方法はアパートの場合はどこに電話する?

■今度引越し予定です。アパートのネット回線ですが解約と申し込みはどこに電話すればいい?

  • 解約は使用している回線の提供会社へ電話しましょう
  • プロバイダへの電話も忘れずにしましょう
  • 回線の設置工事が必要となる
  • 申し込みは公式サイトからオンラインでできるので簡単

一人暮らしを今までしていたアパートを引っ越す場合は、さまざまな手続きが
必要となります。特に面倒に感じるのはインターネットの手続きですね。

調べてみると、インターネットを解約する場合は以下の場所へ電話をする
必要があるのです。

  • インターネット回線の提供会社(フレッツ光やau光など)
  • プロバイダの会社(OCNやBIGLOBEなど)

この2か所への電話を忘れずにしましょう。特にプロバイダは回線と同時契約
は出来ても、同時解約はできない仕組みになっています。

解約忘れの場合は、利用していないにも関わらず毎月料金が引き落とされる
ことになりますので、解約し忘れにご注意ください。

また、インターネット回線を解約する場合は回線の撤去工事が必要となります。
回線の撤去工事は住宅事情にもよりますが、30分以内には終わります。

そして、新しいインターネット環境を契約する時には、引っ越し先のアパートが
対応しているネット回線を確認してからその会社の公式サイトでオンラインで
申し込をしましょう。

電話でも受け付けているのですが、オンラインの方が手続きが簡単で早く
済みます。回線とプロバイダは同時契約が可能です。

■ネットするのに固定電話は必要?

  • ADSLには必要なプランもあるが、なくても問題ない
  • 光回線は通話とは別回線なので不要

インターネットの解約方法と契約方法が分かったところで、次はネット契約に
必要なものを確認していきましょう。

調べた結果、通話回線を利用して通信を行うADSL回線では固定電話が必要
な料金プランもあるのですが、固定電話がなくても利用できるプランもあります。

その場合は、ADSL専用線を敷設する必要があります。

そして、光回線の方は、固定電話がなくても問題なく契約出来ます。その理由は
光回線は光ファイバーと呼ばれる回線を利用して通信を行うので、通話回線とは
全く別だからです。

しかし、光回線には固定電話とインターネットがセットになっているものもあります
ので、固定電話を希望する場合はセットの方がお得です。

一人暮らしには固定電話が必要になる機会が少ないので、光回線ではなく、
ADSL回線を契約する場合は専用線の設置を行いましょう。

■固定回線の通信環境が贅沢すぎる?

  • オンラインゲームをする場合は必要
  • メール・SNS・ネットサーフィンが中心なら不要

新しいアパートが対応しているインターネット回線の会社の料金が高額だった
場合、契約するのに抵抗を感じますよね?

そうした場合は実は契約をしなくても良いのです。調べてみると、インターネット
回線はアパート全体で対応していないと、そのアパートの住人がインターネット
を使うことが出来なくなってしまいます。

そのため、インターネット回線が来ているというだけで回線への契約は強制
ではないのです。

光回線のような高速で安定しているネット環境が必要なのは、実はオンライン
ゲームを頻繁に行うユーザーくらいです。メール・SNS・ネットサーフィン中心の
人は、固定回線の環境が必要なく、モバイル回線という通信手段が適しています。

■モバイル回線とはどういった通信手段?

  • 無線の通信機器で屋内でも屋外でもネットが出来る
  • 月額の利用料金や初期費用なども割安

モバイル回線とは固定回線とは違い通信回線を必要としません。調べてみると、
無線で通信できる機器を使い、スマホやパソコンをネット接続するので、屋内
でも屋外でも通信エリアであれば好きなところで繋がります。

申し込みは公式サイトからオンラインで出来て、数日のうちに通信機器が自宅に
届き、簡単な設定をするだけで通信し始めることが出来ます。

回線工事も面倒な手続きも一切必要なく、引っ越しの際にも手続き不要で
そのまま新しい住宅で使うことが出来るのです。

利用料金もフレッツ光ですと、月額5,100円~と高額ですが、モバイル回線の
LTEなら月額3,696円で利用することが出来ます。

LTEは契約料も3,000円で安く、フレッツ光では工事費があるため、初期費用
は18,800円です。かなり節約となります。

■月間の7GBという通信量はどれくらい?

  • 一般的なユーザーには余裕のある通信量

モバイル回線のLTEには月間7GBまでという通信料の制限があります。
この制限はどれくらいの通信量を利用すると達するのでしょう?
調査の結果がコチラです。

メールだと 約1,870万通
通常のサイトだと 約50,600ページ
超高画質動画だと 約33時間
音楽のダウンロードだと 約1,790曲

この通信量を1ヶ月に利用できるので毎日1時間メール・SNS・ネットサーフィンを
して、もう1時間超高画質動画を見ても余裕のある制限なのです。

通信制限はヘビーユーザー対策なので一般的なユーザーには問題ないものです。

■NTTの回線料金+プロバイダで月額6千円は相場からして高い?

  • NTTの回線以外の固定回線の料金との比較
  • 光回線は専用の回線が必要なため高額になる

NTTの回線料金+プロバイダで月額6千円が毎月かかってしまうと、かなりの
家計の圧迫になりますよね。節約をしたいのは世帯主でも一人暮らしでも同じ
ことです。

NTTの回線料金+プロバイダ料金は、相場と比べて高額なのでしょうか?
他の回線と比較してみました。

au光 回線料金+プロバイダ料金=月額5,100円~
eo光 回線料金 月額4,953円ですが、キャンペーン中は月額2,953円

このように、キャンペーン中であるeo光よりはかなり高額となりますが、通常の
料金でみてみると、他の光回線と大きな差はありません。

また、フレッツ光の初期費用は18,800円ですが、au光は通常33,000円が
工事費の30,000円がキャンペーンで相当額を割引してもらえ、eo光も契約料
3,000円で無料で回線工事をしてくれます。

キャンペーン期間中であればお得なのはフレッツ光も同じことです。
フレッツ光と他の光回線に大きな差はありません。

また、一昔前までインターネットはADSL回線という電話回線を使って通信を
していました。銅線でできている回線ですので、電波に対する抵抗が大きく
通信する距離が遠ければ遠いほど、電波の速度が遅くなりました。

しかし、最近主流の光回線はガラス繊維で出来ている光ファイバーという
回線をつかって通信を行います。

ですので、電波に対しての抵抗が少なく通信する距離が長くても速度が
あまり落ちたりしないで通信をすることができるのです。

しかし、ガラス繊維でできている通話回線とは全く別の回線で通信を行うため、
新しく回線を全国に通す必要があります。

かなりの費用が掛かるため、利用料金もADSLに比べて高額となるのです。
ADSLは最も安い料金で月額2,850円です。

1Mbpsというとても遅い通信速度までしか利用できない料金プランですが、
ネットサーフィンとメールのみなら通信できます。

■無線LAN、wifiでネットする場合、何が必要

  • wifiには親機と子機がある
  • 無線LANには回線、モデム、LANルーター、スマホなどの機器

インターネットをする際に、wifiを使う方法があります。wifiについて調べてみると、
wifiには親機と子機があり、このwifi親機が無線LANルーターなのです。

そして、wifi子機がスマホやパソコン、タブレットといった通信端末です。
wifiを利用してインターネットを使う場合は、どのようなものが必要なのでしょう。

まず、インターネット回線は外の電線の中にあります。ですので、電線から回線を
延長して部屋の中へ引き入れていきます。

部屋の中に引き入れられた回線はモデムと呼ばれる機器につながります。
このモデムはフレッツ光などから契約中の間、レンタルする形となります。

そして、モデムからケーブルでwifi親機である無線LANのルーターに繋がります。
無線LANルーターから電波でwifi子機であるスマホやパソコンへと繋がるのです。

つまり、wifiを利用した通信環境の場合は、通信回線、モデム、ケーブル、LAN
ルーター、スマホなどの端末が必要となります。モデムと無線LANルーターは、
通信会社よりレンタルしまうので解約と同時に返却が必要です。

■返却不要で持ち運べる無線LANルーターは?

  • 返却不要で持ち運べる無線LANルーターはモバイルwifiルーター
  • コードレスで軽量なので外出先でも使える

固定回線の無線LANルーターはレンタルで解約と同時に返却が必要です。
では、契約と同時に購入出来て返却不要な無線LANルーターはないのでしょうか?

調査の結果、モバイルwifiルーターという無線LANルーターは契約と同時購入で
あることが分かりました。モバイルwifiルーターは、インターネットともwifi子機とも
無線で繋がるタイプのルーターです。

プロバイダの公式サイトからオンラインで申し込をすることが出来、契約と同時に
ルーター本体を購入することが出来ます。多くのプロバイダでルーター本体は0円、
もしくは1円です。

初期費用は回線がないため工事費が必要なく契約料3,000円のみで、利用し
始めることが出来ます。

■無線通信の安定性は大丈夫?

  • オンラインゲームなどの高い安定性がいるサービスが無理
  • メールやネットサーフィンくらいなら問題なく利用できる
  • 周辺の環境に左右されやすい

無線での通信となると心配なのは安定性です。スムーズにインターネットが
利用できるかどうかを調べました。

まず、オンラインゲームなどの高い安定性が必要となるサービスは利用する
ことが出来ません。

しかし、メールやネットサーフィン、たまに動画を見るくらいの利用であれば問題
なく通信が出来るので一般的なインターネット利用者には向いている環境と言えます。

しかし、電波がそのまま外を往復するので周辺の建物にぶつかったり木などに
ぶつかったりして不安定になります。

モバイルwifiルーターにはLTEとWIMAXという2種類がありますが、LTEの方が
安定しやすいので安定性が心配な場合はLTEを選びましょう。


「光回線」でないと遅い・快適でないのはウソです!

イラスト






光回線(光ファイバー)だけがインターネット回線?
フレッツ光やXX光など本当に最近は光回線の宣伝をよく見かけます。

でもインターネット回線=光回線
だけではないのをご存知でしょうか?

最近はモバイルルーター(ポケットWIFI)といったモバイル端末だけで
すぐにインターネットにつながるサービスも普及しています。

これは無線でインターネットをするというもの。
携帯やスマホでインターネットするのと同じ感覚でパソコンやスマホをWIFI(無線)
接続できます。





あとよくある思い込みとして光回線でないと
ネットサーフィンやyou tubeなどが
スムーズに見れないという誤解です。


光回線は確かに速いです。
20Mbpsとか数十M以上の速度がでます。

でも普通にインターネットする(ネットサーフィン、メール、ユーチューブなどの動画)だけなら5Mbps位の速さでも、光回線とは体感的に変わらないのをご存知でしょうか?




下記はYouTubeのヘルプからの引用です。

----------------------------------------------
システム要件

YouTube 動画を視聴するには、最新のブラウザと良好なインターネット接続が必要です。

最新バージョンの Google Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、Opera


500 Kbps 以上のインターネット接続

----------------------------------------------


なんと最低でも500kbps以上の速度があれば快適に見れるのです!



なので、普通のネットの使い方であればポケットWIFIで十分です。
スマホとのWIFI接続してネットサーフィン、やLINE、メール、たまにyoutube程度です。




>>月額2,000円台でWiFiする方法



もちろんオンラインゲームをガンガンやる。ユーチューブなどの動画を毎日何時間も見る。
こういう人は迷わず光回線をおすすめします。



私は毎日動画を見ますが、長くても1時間くらいですので

安いポケットWIFIを使っています。




夜間でも最低でも5,6Mbpsの速度はでていますし、快適にネットができています。
スマホのプランも一番ギガが少ないプランにしてあとは、WIFIで節約できています。

2chでも見かけましたがコスパを考えるとポケットWIFIが定番になりつつあるようです。




 コスパ最強のWiFiでした!











キャッシュバックをやっているキャンペーンは本当に多くて嫌になります。
お得ですよ!という感じで嫌気がさすのです。




あと、キャッシュバックは自分で申請しないともらえないところが多いので
忘れた場合はもらい損になります。




自分は大丈夫だろ~と思っていても人間、必ず忘れます。
数ヶ月後にキャッシュバックをもらえる権利がやっと発生するのですから。






>>キャッシュバック相当分が月額から引かれているからお得


そこで私が見つけたのは、あらかじめ、キャッシュバック相当分(2万円くらい)
が月額費用からすでに引かれているWIMAXです。





これならキャッシュバックを申請する手間が大幅に省けるうえに、お得さは
キャッシュバックと変わりません。



イラスト









ぜひ爆速な通信速度を体感してみてくださいね。