電話線なしのアパートではインターネットって無理なんですか?

■電話線はひかないでもネット出来る?

  • 電話線がいるのはネットと電話のセットでも必要ない
  • 通話回線のADSLでは電話線は必要

インターネットを開通する時に電話線なしでもアパートにネット回線を引くことは
できるのでしょうか?調べてみました。

まず、インターネットの回線には固定回線とモバイル回線があります。固定回線
は通話回線と光回線に分けられ、通話回線は電話線がないと使えません。

しかし、光回線は光ファイバーを使って通信するので電話線とは全く別で通信
します。光回線と電話のセットのプランもあるのですが、このセットの電話は光
電話と言って、光回線を使うIP電話です。

通常の固定電話とは違いますので、ひかり電話を利用する場合でも電話線は
必要ないですよ。

電話線を使ってインターネットをする通話回線をADSL回線と言いますが、この
回線は日本全国で利用できます。

光回線は通信エリア内でないと利用出来ないので、光回線の通信エリアに
含まれていなかった場合はADSL回線を使ってくださいね。

つまり、ADSL回線でない限りは電話線を引かないでもネットは出来るという
ことです。固定電話を置く予定の無い一人暮らしでも安心してネット契約
できますよね。

■PS4やオンラインゲームをやるなら光が良い?

  • オンラインゲームには光回線の安定感が必要
  • モバイル回線では安定感が足りずラグが発生する

インターネットは先ほどのADSL回線と光回線のような固定回線の他に、
モバイル回線と呼ばれるネット環境もあります。

調べてみると、モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があります。
WIMAXは通信が不安定ですがその分無制限で利用できるモバイル回線です。

一方、LTEは通信が安定する分、月間7GBという通信量の制限がある
回線です。月間7GBの通信量とは以下のような感じです。

メールにすると 約1870万通
通常のサイト 約50,600ページ
超高画質動画 約33時間
音楽のダウンロード 約1,790曲

この通信量を1ヶ月間で使えるので、毎日1時間メール・ネットサーフィンをして、
1時間、超高画質動画を見ても通信制限に引っかかることはありません。

通信量が膨大に必要なヘビーユーザーでないのであればLTEのモバイル回線の
方が良いでしょう。

しかし、ヘビーユーザー以外にもオンラインゲームをする人はモバイル回線は
向きません。モバイル回線は固定回線のような安定感はないのです。

ケーブルの中を電波が往復する固定回線と違い、電波がそのまま外を飛び
交うモバイル回線は環境などによってとても不安定になります。

常に安定感のある通信環境が必要なオンラインゲームでは、固定回線でないと
ラグが発生してしまい、ストレスを感じることになりますよ。

オンラインゲームは固定回線でしましょう。オンラインゲームをしないのであれば
モバイル回線でも問題ないです。

■モバイル回線の月額の利用料金は固定回線より安い!

  • WIMAXは使い放題で月額4,380円
  • LTEは最安値で月額2,743円

モバイル回線はオンラインゲームをする目的以外のユーザーに向いている
回線です。月々の利用料金は安く固定回線よりもお得なんですが、用途に
よって合っている料金プランは違います。

毎日長時間インターネットを利用するユーザーならUQ WIMAXの「UQ Flat
ツープラス ギガ放題」月額4,380円がピッタリです。

WIMAX2+という最大200Mbps出る通信回線を好きなだけ使えて月額
5,000円以下ですので、通信費の節約になりますね。

光回線の場合は高速で安定した通信が好きなだけできて月額5,100円~
ですので、かなりの違いです。

また、ヘビーユーザーでない場合はLTEのヤフーwifi303HWという端末のプラン
が業界最安値で魅力的ですよ。

月間7GB使えるモバイル回線が月額2,743円ですので、年間で32,916円
です。光回線では年間で61,200円です。半額近い節約ですね。

このように固定回線の料金とモバイル回線の料金を比較するとモバイル回線が
いかに安いかが分かります。

しかし、オンラインゲームなどの特定のサービスには向かないというデメリットも
ありますので、自分のネットの使い道をしっかり考えて合っている方を選びましょうね。

■一人暮らしに固定電話はいらない。固定回線もいらないのでは?

  • 固定電話が不要なら固定回線も不要
  • 手間も料金もかからないので若者向き

インターネット回線は固定回線という概念がありますが、一人暮らしには贅沢
すぎて必要のない環境なのです。

それは固定電話が不要でスマホで十分なのと同じように、通信回線も固定
回線は贅沢すぎて不要でモバイル回線で十分だからです。

オンラインで申し込をするだけで数日後に自宅まで通信機器が届くので、
手間もかからず料金も安く一人暮らしの若者向きですよ。

■家電量販店では契約しない方が良い

モバイル回線は家電量販店でも契約出来ますが、家電量販店ではキャッシュ
バックが少なかったり公式サイトでは0円の通信機器が有料だったりと損な
部分が多いです。

契約は公式サイトがいいですよ!

■スマホのテザリングとは?

  • スマホがwifiルーターになる機能
  • スマホ以外にパソコンなどの通信機器が必要となる

スマホのテザリング機能とは、スマホ自体がwifiルーターになる機能のことです。
この機能を使うことで、わざわざモバイルwifiルーターを購入しなくても外出先や
家の中でもインターネットに繋がることができます。

しかし、調べてみるとスマホのテザリング機能を使っている間はスマホ自体で
通常のようにメールをしたりネットサーフィンしたりすることが出来なくなります。

テザリング機能を使うには、スマホ以外にパソコンやタブレットなどが必要です。
また、よくテザリングには料金が発生しないと思っている人もいるのですが、
テザリングには料金がかかります。

キャリアごとに違うので、しっかり把握した上でテザリングを利用してくださいね。
ココからキャリアごとの料金をご紹介していきましょう。

DOCOMO 料金プラン「Xiパケ・ホーダイ」月額5,985円

この料金プランにはテザリング使い放題のサービスも含まれているので、
どれだけテザリングを利用しても月額5,985円のままです。

通信回線を設置しないでテザリングでネットを使いたい場合は、こうした定額プラン
が良いでしょう。

au テザリングオプション 月額500円

auにはテザリング料金が含まれているプランがありませんので、スマホの基本
利用料にテザリング料金が加算されます。

auではスマホのプランが月額7,280円、iphoneは月額6,755円です。

SoftBank テザリングオプション 月額525円

SoftBankにもテザリング料金が含まれているプランはありません。
スマホの利用料金は月額5,460円となっています。

■テザリングをメインのネット環境として使うのは無理?

  • 長時間連続の利用には向かない
  • パソコンのメール。ネットサーフィン中心なら大丈夫
  • オンラインゲームなどは向かないので注意!

スマホをwifiルーターに出来る便利な機能テザリングですが、ネットのメイン環境
として利用するのには、向かない場合はほとんどです。

スマホのテザリングはどれくらい使えるのかを調査してみると、テザリングの通信量
もスマホの通信量として加算されますので、月間7GBの上限に達すると制限が
かかります。

長時間の連続ネット利用などをしていると制限に引っかかる可能性がありますので、
短い時間だけのネット利用でないと通信速度を抑えられてしまいます。

テザリングで動画をよく見たり、音楽のダウンロードを良くしたりする場合は、
あっという間に通信制限に引っかかってしまうので注意をしてください。

パソコンでメールをしたりネットサーフィンをしたりするのがメインであれば
テザリングのみでも大丈夫ですよ。

しかし、オンラインゲームをしたい場合でもテザリングでは通信量が足りなく
なります。光回線のような安定性が高い通信環境にしましょう。

■スマホ以外の通信端末を持っていない場合は?

  • モバイルwifiルーターを購入しましょう
  • 手続きが簡単で工事もいらない便利な回線

スマホのテザリングは、とても便利で固定回線を設置するよりも遥かに安くネット
に繋がれるのですが、スマホ以外の通信端末、パソコンやタブレットがないと利用
できません。

スマホをあらかじめ持っており人にとっては、かなりお得なのですが持っていない
人はテザリングをメインにするのは難しいですよね。

スマホのテザリングを利用できない場合はモバイルwifiルーターを購入しましょう。
モバイルwifiルーターとは、無線で通信する持ち運べるタイプのwifiルーターです。

wifiルーター以外の機能はほとんどないのですが、その分機器自体は0円か
1円で、回線を使わないので回線工事費もかかりません。

月額の利用料金も最安値だと月額2,743円で使い放題プランだと月額4,380円
となっています。モバイル回線には2種類の回線があり、WIMAXとLTEに分かれます。

WIMAXは無制限で使える回線で、LTEには通信制限があります。しかし、WIMAXは
通信の不安定が部分があり、途切れやすくストレスを感じることも多くあります。

LTEは通信が安定しやすいのでストレスを感じることはあまりありませんが、
ヘビーユーザーは通信量が足りなくなる回線ですね。

自分のネット利用の状況にあう回線を選んでください。

■モバイル回線には固定回線と同じように違約金が発生する

  • 契約から2年間は最低利用期間なので解約には違約金がかかる
  • 2年間使い続けられるような回線を選びましょう!

固定回線は、契約から2年間は最低利用期間となり解約をする場合は違約金が
かかります。

これと同じでモバイル回線でも、最低利用期間2年間の解約は違約金が
かかるのです。

モバイル回線は工事費がかからない代わりに違約金が高額なので、2年間
使い続けられるように慎重に回線や料金プランを選びましょう。

■料金はクレジットカード払いの方が手間がかからない!

モバイル回線は口座振替とクレジットカード、2つの支払い方法があります。

クレジットカードの方が契約の手間も支払の手間もかからないので
クレジットカードが良いでしょう。


「光回線」でないと遅い・快適でないのはウソです!

イラスト






光回線(光ファイバー)だけがインターネット回線?
フレッツ光やXX光など本当に最近は光回線の宣伝をよく見かけます。

でもインターネット回線=光回線
だけではないのをご存知でしょうか?

最近はモバイルルーター(ポケットWIFI)といったモバイル端末だけで
すぐにインターネットにつながるサービスも普及しています。

これは無線でインターネットをするというもの。
携帯やスマホでインターネットするのと同じ感覚でパソコンやスマホをWIFI(無線)
接続できます。





あとよくある思い込みとして光回線でないと
ネットサーフィンやyou tubeなどが
スムーズに見れないという誤解です。


光回線は確かに速いです。
20Mbpsとか数十M以上の速度がでます。

でも普通にインターネットする(ネットサーフィン、メール、ユーチューブなどの動画)だけなら5Mbps位の速さでも、光回線とは体感的に変わらないのをご存知でしょうか?




下記はYouTubeのヘルプからの引用です。

----------------------------------------------
システム要件

YouTube 動画を視聴するには、最新のブラウザと良好なインターネット接続が必要です。

最新バージョンの Google Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、Opera


500 Kbps 以上のインターネット接続

----------------------------------------------


なんと最低でも500kbps以上の速度があれば快適に見れるのです!



なので、普通のネットの使い方であればポケットWIFIで十分です。
スマホとのWIFI接続してネットサーフィン、やLINE、メール、たまにyoutube程度です。




>>月額2,000円台でWiFiする方法



もちろんオンラインゲームをガンガンやる。ユーチューブなどの動画を毎日何時間も見る。
こういう人は迷わず光回線をおすすめします。



私は毎日動画を見ますが、長くても1時間くらいですので

安いポケットWIFIを使っています。




夜間でも最低でも5,6Mbpsの速度はでていますし、快適にネットができています。
スマホのプランも一番ギガが少ないプランにしてあとは、WIFIで節約できています。

2chでも見かけましたがコスパを考えるとポケットWIFIが定番になりつつあるようです。




 コスパ最強のWiFiでした!











キャッシュバックをやっているキャンペーンは本当に多くて嫌になります。
お得ですよ!という感じで嫌気がさすのです。




あと、キャッシュバックは自分で申請しないともらえないところが多いので
忘れた場合はもらい損になります。




自分は大丈夫だろ~と思っていても人間、必ず忘れます。
数ヶ月後にキャッシュバックをもらえる権利がやっと発生するのですから。






>>キャッシュバック相当分が月額から引かれているからお得


そこで私が見つけたのは、あらかじめ、キャッシュバック相当分(2万円くらい)
が月額費用からすでに引かれているWIMAXです。





これならキャッシュバックを申請する手間が大幅に省けるうえに、お得さは
キャッシュバックと変わりません。



イラスト









ぜひ爆速な通信速度を体感してみてくださいね。