インターネット通信費を安くしたい!タブレットで出来る節約法は?

■格安SIMでタブレットの通信費を安くするには?

  • 格安SIMとは格安で通信できるカードのこと
  • SIMフリーのタブレットでないと格安SIMカードは対応していない
  • 格安SIMカードを購入して差し込むだけでOK

最近、話題の格安SIMカードを利用すればタブレットの通信費は節約できます。
しかし、格安SIMカードの仕組みを理解できていないと手を出すのは不安ですよね?

ここでは、格安SIMカードの基本的なことから、どうして格安SIMを使うとタブレット
の通信費の節約になるのかをご説明しましょう。

まず、格安SIMカードについて調べました。格安SIMカードとは、DOCOMOや
SoftBank、auなどの通信会社の回線をレンタルして通信をするSIMカードの
ことです。

レンタルですので、普通のDOCOMOのSIMカードのような高速通信や無制限
通信は利用することができません。

一定の決められた通信量を決められた通信速度で利用することで、格安で
使える仕組みですね。

ですので、インターネットを毎日フル活用するようなヘビーユーザーには
向いていないSIMカードということになります。

ヘビーユーザーは一般的なSIMカードでないと満足できないかと思います。

そして、この格安SIMカードはSIMフリーのタブレットでないと使えません。
SIMフリーのタブレットにはマイクロソフトやASUS、Dellなどがあります。

SIMフリーが解禁されたのは2015年ですが、2013年くらいのものでも
SIMフリーのタブレットはありますね。

まず、SIMロックがかかっているか、フリーかを確認しましょう。

そして、格安SIMカードは通販でも購入できます。購入した格安SIMをもともと
使っていたSIMカードを取り出して差し込み、設定をして完了です。

誰でも簡単に格安SIMカードに変更することが出来ますよ。

■なんギガ必要?利用用途に合わせたデータ量を選択。

  • 格安SIMカードは好きなデータ量のカードが選べる
  • 100MBのデータ量の目安は動画 約28分

大手通信会社の回線をレンタルして通信をすることで格安でネットが出来る
格安SIMですが、実は同じ通信会社の格安SIMでもいくつかの料金コース
に分かれているのです。

たとえば、DOCOMOの格安SIMの料金コースを見てみると、4つの料金コース
があります。以下のような感じです。

70MB/日コース 3カ月2,850円
100MB/日コース 3カ月 3,840円
4GB/日コース 3カ月 4,500円
7GB/日コース 3カ月 5,700円

DOCOMOのカードの場合は4つのプランで、それぞれのカードを3カ月単位、
6ヶ月単位、12か月単位で購入することができるようになっているのです。

このカードの規定のデータ量を超えると200kbpsの速度で通信をすることに
なるのですが、完全に通信が出来なくなる訳ではありません。

では、70MB、100MBなどのデータ量はどれくらいネットが使えるのでしょうか?
ここでは、分かりやすく100MBのデータ量の目安をご紹介します。

メール 約26万通
通常のサイト 約217ページ
超高画質動画 約28分
音楽ダウンロード 約25曲

1日でこれくらいの量の通信が利用できるので、一般的なユーザーであれば
足りるデータ量ですよね。100MBの10倍、1000MBが1GBですので、4GB
のコースだとこの40倍のデータ量を利用できます。

■タブレットの通信プランは月額5,500円以上する

  • 各社一律で最低でも5,500円以上の月額
  • 格安SIMと同じように通信制限がある
  • SIMフリーのタブレットなら格安SIMの方が圧倒的にお得!

DOCOMO、au、SoftBankのタブレットの料金プランは各社一律で5,500円
以上します。これにスマホの通信費、通信回線の料金が加わる訳ですから、
毎月の通信費はとても負担になります。

しかし、格安SIMなら3ヵ月間で2,850円の料金で利用することが出来るので
安心です。また、5,500円以上かかる料金プランでも、通信制限がありますね。

月間で2GBしか利用できないプランもありますが、格安SIMなら70MB/日コース
だと1か月を30日間とすると2100MB=2GBと100MB利用できるのです。

このデータ量で3ヵ月間で2,850円ですので、圧倒的に格安SIMの方がお得
なのが良くわかりますよ。

■通信回線の見直しも必要?

  • 通信費を徹底的に抑えるならモバイル回線が良い

固定回線だと月額5,000円以上の高額な料金を支払うことになります。
しかしモバイル回線であれば月額4,000円代で利用できて、かなり
お得です。

無制限のWIMAXだと月額4,380円で、月間7GBの制限があるLTEだと
月額2,743円になりますね。

タブレットの通信費を合わせて、通信回線の見直しもしてみましょう。

■モバイル回線の中には契約のキャンペーンでタブレットがもらえるものもある!

モバイル回線は契約をすると様座生お得なプレゼントがもらえるのですが、
タブレットをプレゼントしているモバイル回線もあります。

希望する機種でなくても公式サイトをみてよさそうだったら、契約を検討して
みてくださいね。

■一番売れている格安SIM

  • 一番人気は楽天モバイル(月額972円)
  • タブレットがSIMフリーかどうかの確認をしよう!

格安SIMをタブレットに差して使えば、月額5,500円以上してしまう通信費を
節約することができます。通信費は毎月支払うので出来るだけ安く済ませたい
ですよね。

現在、人気となっている格安SIMカードは、どのようなものがあるのかをチェック
しておけば、より一層便利にお得にタブレットを使えますよ!

今、一番人気の格安SIMカードはこちらです!

「楽天モバイル データSIM 3.1GBプラン」 月額972円 初期費用3,240円

データ量は3.1GB利用することが出来ます。通信速度は150Mbosまで出るので、
高速な通信が可能です。

月額が1,000円以下とかなり低価格なので、安心して購入出来ますよね。

通販サイトによっては、購入すると5,000円のキャッシュバックが受けられる
ところもあります。初期費用と初月の利用料が浮いて助かりますね。

このように、格安SIMカードを使えば、従来の通信費よりもかなりお得に通信
をすることができるのです。

そして、格安SIMカードを利用するにあたって、ひとつ注意点があるのですが、
タブレットがSIMフリーであることを確認しましょう。

SIMロックがかかっていると、格安SIMを利用することができません。

■格安SIMのメリット・デメリット

  • 1ヶ月単位で契約できるので違約金の心配がない
  • 初期費用が高いというデメリットがあるのも事実

格安SIMを利用してタブレットを使うと、通信費は節約することができます。
しかし、格安SIMにはメリットとデメリットがあるのですよ。

格安SIMのメリットは、1ヶ月単位で購入することが出来ることですね。
通常のタブレット料金プランでは2年間の契約期間があり、その間に
解約をすると違約金が発生します。

auの「LTEフラット for Tab」だと月額5,700円で2年契約なので、2年以内
の解約は9,500円が発生します。

格安SIMは最短で1ヶ月単位で解約することが出来ます。気軽にいろいろな
格安SIMカードを試せるので、お得で便利ですね。

そして、格安SIMのデメリットは、初期費用が高いというところです。

楽天の格安SIMカードの場合は、3,240円でしたが、タブレットの料金プラン
には、初期費用はかかりません。

また、現在使っているタブレットがSIMフリーではない場合、新しくSIMフリーの
タブレットを購入することが必要になってきます。

■無制限の格安SIMもある!その理由は?

  • どの無制限の格安SIMも完全に無制限ではない
  • 無制限でも通信速度が遅く設定されている

格安SIMはキャリア会社の通信回線をレンタルして通信を行っています。

ですので、基本的に通信量にも通信速度にも制限があるのですが、中には、
無制限の格安SIMもあるのです。

しかし、そのカラクリを調べてみると、どの無制限・格安SIMも完全に制限なしと
いうわけではなく、ある一定の通信量に達すると通信速度が落ちる仕組みに
なっています。

ただ「ワイヤレスゲート」のように格安SIMでありながら完全に無制限で通信
できるものもあります。この場合は、通信速度は250kbpsというかなり低速
な通信ですので、人によってはストレスを感じますよ。

■タブレットのキャリア契約を解約して使えなくなるもの

  • メール機能が使えなくなる
  • 3Gkaisenn が使えなくなるので外で使えなくなります!

タブレットの通信費の節約のために、キャリア契約・タブレットの利用金プランを
解約してしまえば月5,000円以上の節約になります。

かなりの節約になるのですが、料金プランを切ることで使えなくなる機能もある
んです。調べてみると、タブレットのメール機能が使えなくなりますね。

普段からタブレットでメールをしない人にとっては何の問題もないことですが、
タブレットでのメールをよく使う場合は不便に感じるかもしれません。

また、3G回線が使えなくなるので、外でネットが使えなくなります。
外でもネットしたい場合はスマホのテザリング機能を使うと良いでしょう。

また、通信回線をモバイル回線にするという方法もありますよ!

■通信回線を見直して総合的に通信費の節約をするのも手!

  • 固定回線が本当に必要か考えよう

一人暮らしの人でインターネットを利用するのに固定回線を引いている
人は多くいます。しかし調べてみると、固定回線の高速で安定した環境が
必要なのはオンラインゲームのみですよ。

他のネットサービスには5Mbpsがあれば十分ですし、そこまでの安定性は
いりません。WIMAXやLTEのようなモバイル回線で十分なのです。

WIMAXは無制限で使えるのですが、安定性に欠けます。LTEは月間7GBまで
ですが安定性に優れていますよ。

スマホのテザリング機能では長時間の通信に向きませんし、テザリングの
料金が別で発生してしまうのです。モバイル回線の方が節約になりますね。


「光回線」でないと遅い・快適でないのはウソです!

イラスト






光回線(光ファイバー)だけがインターネット回線?
フレッツ光やXX光など本当に最近は光回線の宣伝をよく見かけます。

でもインターネット回線=光回線
だけではないのをご存知でしょうか?

最近はモバイルルーター(ポケットWIFI)といったモバイル端末だけで
すぐにインターネットにつながるサービスも普及しています。

これは無線でインターネットをするというもの。
携帯やスマホでインターネットするのと同じ感覚でパソコンやスマホをWIFI(無線)
接続できます。





あとよくある思い込みとして光回線でないと
ネットサーフィンやyou tubeなどが
スムーズに見れないという誤解です。


光回線は確かに速いです。
20Mbpsとか数十M以上の速度がでます。

でも普通にインターネットする(ネットサーフィン、メール、ユーチューブなどの動画)だけなら5Mbps位の速さでも、光回線とは体感的に変わらないのをご存知でしょうか?




下記はYouTubeのヘルプからの引用です。

----------------------------------------------
システム要件

YouTube 動画を視聴するには、最新のブラウザと良好なインターネット接続が必要です。

最新バージョンの Google Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、Opera


500 Kbps 以上のインターネット接続

----------------------------------------------


なんと最低でも500kbps以上の速度があれば快適に見れるのです!



なので、普通のネットの使い方であればポケットWIFIで十分です。
スマホとのWIFI接続してネットサーフィン、やLINE、メール、たまにyoutube程度です。




>>月額2,000円台でWiFiする方法



もちろんオンラインゲームをガンガンやる。ユーチューブなどの動画を毎日何時間も見る。
こういう人は迷わず光回線をおすすめします。



私は毎日動画を見ますが、長くても1時間くらいですので

安いポケットWIFIを使っています。




夜間でも最低でも5,6Mbpsの速度はでていますし、快適にネットができています。
スマホのプランも一番ギガが少ないプランにしてあとは、WIFIで節約できています。

2chでも見かけましたがコスパを考えるとポケットWIFIが定番になりつつあるようです。




 コスパ最強のWiFiでした!











キャッシュバックをやっているキャンペーンは本当に多くて嫌になります。
お得ですよ!という感じで嫌気がさすのです。




あと、キャッシュバックは自分で申請しないともらえないところが多いので
忘れた場合はもらい損になります。




自分は大丈夫だろ~と思っていても人間、必ず忘れます。
数ヶ月後にキャッシュバックをもらえる権利がやっと発生するのですから。






>>キャッシュバック相当分が月額から引かれているからお得


そこで私が見つけたのは、あらかじめ、キャッシュバック相当分(2万円くらい)
が月額費用からすでに引かれているWIMAXです。





これならキャッシュバックを申請する手間が大幅に省けるうえに、お得さは
キャッシュバックと変わりません。



イラスト









ぜひ爆速な通信速度を体感してみてくださいね。