ポケットWIFIでドコモがおすすめな人は?

■ポケットWIFIはどの通信キャリアで買うのがオススメ?

スマホやタブレット、
パソコンをお持ちの方なら一度は聞いたことがあるかもしれない言葉。
それが「ポケットWIFI」です。

ここ数年で急速に普及率が上がったポケットWIFI。
スマホより一回り小さく、
電波が届くところならどこでもWIFI通信ができるようになる非常に便利なアイテムで
す。

そんなポケットWIFIですが、一口にポケットWIFIと言っても様々な種類があります。

例えば、ドコモやau、ソフトバンク(ソフトバンク自体は現在ポケットWIFIを提供していませんが、Y!Mobileという会社がソフトバンクの回線を借りてポケットWIFIを提供しています。)が提供している、「LTE」。

一方、UQ WIMAXなどといった会社が提供している「WIMAX2」など 、大きく分けても2種類存在します。

それらは同じ通信用のサービスであることには変わりありませんが、それぞれ特徴や提供している会社が異なり、その関わりは非常に複雑なものです。

このように、ポケットWIFIについて調べようとしたらいきなりWIMAX,
LTEなど聞きなれない言葉が飛び交い、さらにドコモ、au、Y!
Mobileなど大小様々な会社がポケットWIFIを取り扱っているのが目に入ると思
います。

そのせいで、契約する前にもう「何が何だかさっぱりわからん!」と思ってしまい、
契約する気を無くした、という方も多いのではないでしょうか?

また、外でパソコンでインターネットを使う方法として、
ポケットWIFI以外にスマホの電波を使って通信する「テザリング」
という手段があります。

しかしこれは接続するまでに以外と手間がかかり、
その間にパソコンを使って仕事をする気がなくなってしまうことがよくあります。

何より、この方法はスマホのバッテリーを激しく消費するので、
長時間ずっとインターネットに接続しながらの作業に耐えるものではありません。

またその他の方法として、
スターバックスなどで使える公衆無線LANで接続するという手もありますが、
公衆無線LANはパスワードなどのセキュリティーが不十分なので、
ビジネス目的には少々不向きです。

一方それに対し、ポケットWIFIは非常に簡単な方法でパソコンと接続できますし、
一度接続設定をしてしまえばあとは電源を入れるだけでインターネットにつながります。

さらに、非常に強力なパスワードを設定することで、セキュリティー上の問題も解決でき
、ビジネス目的にも十分実用に耐えるようにすることができます。

このようにポケットWIFIはこれらの問題を全て解決してくれる、なおかつ外出先でも自宅と変わらない快適な通信環境を構築することができるという
非常に便利なアイテムです。

「便利なのはわかったけど、情報が多すぎてどうすればいいのかわからない」
そんな感想を持った読者の方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたのために、数あるポケットWIFI中でも本記事では「ドコモ」
のポケットWIFIをおすすめします。

その理由を早速見ていきましょう。

■ドコモのポケットWIFIをお勧めする3つの理由

先ほどの文を読んで、「なぜドコモ?」と思った方も多いのではないでしょうか。
そんなあなたのために、今から私がドコモをおすすめする理由を3つ挙げていきます。

・ドコモの電波は文字通り「どこでも」つながる

ドコモの正式名称は「NTTドコモ」です。
そしてドコモの前にあるNTTは元国営企業の電電公社が民営化されてできた会社です。

そのためと言ってはなんですが、
2016年現在日本国内にいる限りドコモの電波はほぼ確実に受信できる状態で、au、
ソフトバンク、WIMAXといった競合他社をリードしています。

やはり、通信キャリアは通信速度の速さや料金の安さも大事ですが、一番基本的なのは「どこでも安定して通じる」というところではないでしょうか?

その点ドコモは、よほどの山間部でもなければ日本全国どこでも使うことができます。

先ほど、よっぽどの山間部でなければ・・・
と言ったところですが最近ではよっぽどの山間部でも結構な確率でつながります。

このようにとにかくドコモの電波はどこでもつながるということが大きなアドバンテージです。

2016年の今でも特に地方の山間部や過疎地ではドコモ以外通じないという場所もまだたくさんあります。

したがって、そのような地域に住んでいる、
または仕事や帰省で頻繁にいくという方はドコモがベストな選択肢になるということがわ
かります。

実際、ドコモの公式サイトでも宣伝されていますが、
ドコモのサービスは人口カバー率99%、つまり日本人の99%
はドコモの電波を受信できる環境にいるということです。

最近auやソフトバンクも着々と通信可能エリアが広がっているとはいえ、
ドコモにはまだかないません。

また、特にソフトバンクにありがちなのですが、ドコモ以外の通信キャリアでは特にお昼など利用者が多い時間帯になると電波は通じているのに通信速度が遅くなるという問題もまだあります。

しかし、ドコモでは利用者が多い時間帯でもそれほど速度が落ちることもなく、快適に使えます。

さらに、ドコモは高速通信サービス「LTE」の人口カバー率でも99%を誇っており、
まさに日本にいる限り最強の通信キャリアであることは間違えないようです。

以上のポイントをまとめると

・ドコモの電波は日本全国「どこでも」使える
・つながるだけじゃなく、高速通信も全国どこでもつながる

となります。

・もはやWIMAXを超えた通信速度

最近ドコモは、東京・大阪・
名古屋の3大都市圏の一部で最大通信速度下り375Mbpsという新しいサービスを開
始しました。

この「375mpbs」という速度がどのくらい早いのかと言いますと、
WIMAXの最新バージョンである「WIMAX2+」
の最高速度が下り220Mbpsなので、
ドコモのLTEはWIMAXよりも早いということになります。

現在インターネット回線で最も早いのは光回線で、
その速度は概ね1Gbpsという数値に達しています。

1Gbps=1024Mbpsなので、
単純計算でドコモのLTEは光回線の3分の1の速度を出している、
ということになります。

これなら外出先でも自宅やオフィスにいるのとあまり変わらない、
快適な作業環境が得られますね。

ただ念のため言っておきますと、
このサービスはまだ開始したばかりで提供エリアも東名阪の一部エリアのみに留まってい
ます。

しかし、ドコモは順次このサービスの提供エリアを広げていくと明言していますし、
2020年頃には今のLTEよりさらに高速化した「5G」
という新しいサービスが始まる予定です。

つまり、ドコモは今まさに回線速度が速いというだけではなく、
将来に渡っての回線品質向上も期待できるということです。

以上の点をまとめてみました

・ドコモのLTEは一部エリア内限定であるが、
WIMAX以上の速度でインターネットに接続できる
・今だけではなく今後の発展も期待大!?

・「2台以上契約」でお得になる!?ドコモのシェアパック徹底解説

今まで2つのメリットをご覧になって、
もしかしたらあなたはもうドコモに興味津々だと思います。
もう契約しに行きたい!という方もいるかもしれませんね。

しかし!やはり気になるのが「毎月いくらかかるのか」ということではないでしょうか?
いくらいいサービスが受けられると言っても、
毎月ものすごい金額がかかるのではあまり魅力的とは言えませんよね。

ましてドコモといえば「料金が高い」というイメージが強いですよね。
実際、au、ソフトバンクと比較してみても、ドコモの料金の高さは頭一つ抜けています

もしかしてあなたは「ドコモのポケットWIFIも高いんだろう?」
と考えているではないでしょうか?

そこでこの項目ではそんなあなたのために、
お得にドコモのポケットWIFIを使う方法を調査してみました。

結論から申し上げますと、
もしあなたがすでにドコモのスマートフォンやタブレットをお持ちの場合、
非常に安い金額でドコモのポケットWIFIを利用できます。

また、家族がドコモと何らかの契約をしている場合も同様にお得に使うことができます。

もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
ドコモは2014年から料金体制が大幅に変わりました。

具体的には、家族の持っている複数端末で1ヶ月使用可能なパケット数をわけあえる「
シェアパック」の導入です。 

これは次のような料金体系となっています。

家族内で1つの「親回線」を決め、その親回線に追加する形で他の家族のスマホやタブレット、ポケットWIFIを同じグループに追加し、1ヶ月に使用可能なパケット数をシェアします。

こうすることによって、家族同士でドコモを使う場合、
以前よりもお得に使うことができるようになりました。

本題に戻ります。

今、あなたの家族またはあなた自身がすでにドコモのスマホ・
タブレットを契約している場合、
なんと月々わずか1900円の追加料金でポケットWIFIが利用できます。

もし例えば同じような状況でWIMAXのポケットWIFIを契約する場合、
どんなに安くしようとキャンペーンを駆使しても月3000〜
4000円ほどかかってしまいます。

それと比較すると、まさに「破格の値段」でドコモの高品質な回線を使うことができます。

ここで、ドコモが提供している「シェアパック料金シュミレーター」を使って、
家族のスマホ・
タブレットに加えてポケットWIFIを1台契約したと仮定して説明していきたいと思い
ます。

なお、シェアするパケット数は10GBと仮定します。

例えば、あなたを含めた家族3人がドコモのスマホ3台とタブレット2台を持っていて、
月々10GBのパケットパックを契約していた場合、月額は24500円となります。

ここであなたがドコモのポケットWIFIを契約した場合、
月々1900円の追加料金で利用できるため月額は家族3人合計で26400円となりま
す。

ただし、これはあくまでドコモの料金シュミレーターで計算した結果であって、
実際に適用される月月サポートなどの割引は一切計算されていません。

しかし、通常の方法で契約した場合、月月サポートが受けられる場合がほとんどです。割引額は購入した端末によって異なるので一概には言えませんが、概ね2000円前後毎月の通信料から割り引かれます。

したがって、ほとんどの場合で実際の料金はこれより安くなることがわかりますね。

このように、一見料金が高く見え、敬遠されがちなドコモですが、
しっかりと情報を得て契約すれば非常にお得に使うことができるのです。

以下まとめです。

・家族やあなたがもしドコモですでにスマホやタブレットを契約している場合、
わずか1900円の追加費用でドコモのポケットWIFIが使用できます。

■ドコモのポケットWIFIで契約できる端末

ポケットWIFIを選ぶ際は、回線も重要な判断材料ですが、「どんな端末が使えるか」
というのも重要な判断材料だと思います。
そこで、ドコモで使えるポケットWIFI端末について調べてみました。

ドコモで販売している端末の代表的なものに、「Wi-Fi STATION
L-01G」というのがあります。
これは2015年に発売された韓国LG製の端末です。

この製品の何がすごいかというと、バッテリーのもちの素晴らしさが第一に挙げられます

L-01Gには4880mAhというかなりの大容量のバッテリーが搭載されています。
iPhone6sのバッテリー容量が1,715mAhと言われているので、
その2倍以上のバッテリーをこの端末は搭載しているということになります。

それは実際バッテリーの持続時間にも現れていて、電源を入れた状態でも2200時間、
連続通信時間でもLTE(高速)、LTE(通常)、3Gでそれぞれ約18時間/
約20時間/約17時間。

満充電しておけば丸一日は普通に持ちますし、
連続でずっと通信しているのでなければ2日程度なら持つことになります。

またこの端末は、スマホのように大型のタッチスクリーンを搭載していますので、
接続設定などがスマホと同じように直感的にできる仕組みになっています。
ここもみなさんにこの端末をおすすめできるポイントです。

他にも便利な機能を搭載しており、例えば「今までの累積通信量を表示」などができます

また、1ヶ月の通信量を制限できるという機能があり、
思いがけない使いすぎを防止してくれます。

それだけではなく、この端末はスマホを充電するモバイルバッテリーにもなるので、
いざという時に非常に頼もしい味方になります。

このように、
現時点で最強とも言える端末を契約できるという点もドコモの強みと言えそうです。

また、ドコモで発売している端末に気にいる物がない場合、
SIMフリーのポケットWIFIを購入するという手もあります。

こちらについてはたくさんの端末が存在するので詳細は割愛しますが、
安いもので10000円を着るものから多種多様な端末が購入可能なのでこちらもおすす
めです。

以下まとめです。

・L-01Gは現時点で変えるポケットWIFIの中で間違いなく最強のポケットWIFI
・ドコモはSIMフリーのポケットWIFIに対応しているので、
自分の好きな端末を使うことができる

■おわりに

いかがだったでしょうか?

この記事でご紹介した通り、
ドコモのポケットWIFIは非常に繋がりやすく信頼性が高く、
また使い方次第で料金を抑えられるものです。

外出先でパソコンを頻繁に使う人のみならず、
スマホやタブレットを複数台持っている人にも非常におすすめできるアイテムです。

あなたがポケットWIFIで快適なモバイルライフを過ごせることを願ってこの記事をお
わりにしようと思います。

以下が本記事の総まとめです。

・ポケットWIFIは外出先のインターネット回線を確保するのに最適なアイテム。
・その中でもドコモが信頼性・料金・使える端末の面で非常におすすめ


「光回線」でないと遅い・快適でないのはウソです!

イラスト






光回線(光ファイバー)だけがインターネット回線?
フレッツ光やXX光など本当に最近は光回線の宣伝をよく見かけます。

でもインターネット回線=光回線
だけではないのをご存知でしょうか?

最近はモバイルルーター(ポケットWIFI)といったモバイル端末だけで
すぐにインターネットにつながるサービスも普及しています。

これは無線でインターネットをするというもの。
携帯やスマホでインターネットするのと同じ感覚でパソコンやスマホをWIFI(無線)
接続できます。





あとよくある思い込みとして光回線でないと
ネットサーフィンやyou tubeなどが
スムーズに見れないという誤解です。


光回線は確かに速いです。
20Mbpsとか数十M以上の速度がでます。

でも普通にインターネットする(ネットサーフィン、メール、ユーチューブなどの動画)だけなら5Mbps位の速さでも、光回線とは体感的に変わらないのをご存知でしょうか?




下記はYouTubeのヘルプからの引用です。

----------------------------------------------
システム要件

YouTube 動画を視聴するには、最新のブラウザと良好なインターネット接続が必要です。

最新バージョンの Google Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、Opera


500 Kbps 以上のインターネット接続

----------------------------------------------


なんと最低でも500kbps以上の速度があれば快適に見れるのです!



なので、普通のネットの使い方であればポケットWIFIで十分です。
スマホとのWIFI接続してネットサーフィン、やLINE、メール、たまにyoutube程度です。




>>月額2,000円台でWiFiする方法



もちろんオンラインゲームをガンガンやる。ユーチューブなどの動画を毎日何時間も見る。
こういう人は迷わず光回線をおすすめします。



私は毎日動画を見ますが、長くても1時間くらいですので

安いポケットWIFIを使っています。




夜間でも最低でも5,6Mbpsの速度はでていますし、快適にネットができています。
スマホのプランも一番ギガが少ないプランにしてあとは、WIFIで節約できています。

2chでも見かけましたがコスパを考えるとポケットWIFIが定番になりつつあるようです。




 コスパ最強のWiFiでした!











キャッシュバックをやっているキャンペーンは本当に多くて嫌になります。
お得ですよ!という感じで嫌気がさすのです。




あと、キャッシュバックは自分で申請しないともらえないところが多いので
忘れた場合はもらい損になります。




自分は大丈夫だろ~と思っていても人間、必ず忘れます。
数ヶ月後にキャッシュバックをもらえる権利がやっと発生するのですから。






>>キャッシュバック相当分が月額から引かれているからお得


そこで私が見つけたのは、あらかじめ、キャッシュバック相当分(2万円くらい)
が月額費用からすでに引かれているWIMAXです。





これならキャッシュバックを申請する手間が大幅に省けるうえに、お得さは
キャッシュバックと変わりません。



イラスト









ぜひ爆速な通信速度を体感してみてくださいね。