オンラインゲームをアパートでする場合、ps4で必要なものは?

■アパートでのネット回線。工事不要でPS4のオンラインゲームが出来る業者は?

  • 回線なしのモバイルルーターは工事不要
  • オンラインゲームには固定回線の安定性が必要
  • ラグが発生してしまい、ストレスを感じる可能性大

アパートでの一人暮らしのために、固定回線のインターネット環境を設置
することに抵抗を感じる人はとても多くいます。

一人暮らしでは、家にいない間に回線を利用することが出来ないので、
回線の設置工事が不要で持ち運びができ、屋内でも屋外でも通信が
できるモバイルwifiルーターを契約する人が年々増えています。

今では、一人暮らしのネット環境の主流となっているのですが、調べて
みると、持ち運べる通信機器で無線での通信ですので、安定感のない
ネット環境となります。

固定回線は電波がケーブル内を通って送受信されるので、周辺の
環境や住宅事情に影響を受けることがほとんどありません。

しかし、無線通信は電波がそのまま外を飛んでいるので周囲の建物が
高層だったり、アパートの周りに気が生い茂っていたりすると電波が
ぶつかって途切れてしまうことがよくあるのです。

オンラインゲームは通信速度は2Mbpsもあれば十分楽しめるのですが、
通信が不安定だとすぐにラグが出たり、止まってしまったりします。

通信速度よりも安定性が重要なため、工事不要のモバイルルーターは
オンラインゲーム向きではありません。

オンラインゲームをスムーズに楽しみたい場合は、固定回線を設置する
必要があります。

■Bフレッツマンションタイプ導入済みのマンション。ネトゲするならプロバイダはどこがいい?

  • フレッツ光に対応しているプロバイダは10社
  • ネットゲームには、通信の安定性とデータ容量が必要
  • プロバイダは料金で決めましょう

オンラインゲームには、固定回線の通信環境が必要となります。光回線で
もっとも人気のあるフレッツ光は、10社のプロバイダに対応しています。

それぞれサービス内容も料金も違うのですが、調べてみると、ネットゲーム
には通信の安定性とデータ量が大切であることが分かりました。

しかし、この通信の安定性はプロバイダではなく通信回線の質で決まります。
光回線が推奨環境となっているネットゲームが多いので光回線であれば
問題なくゲームを楽しむことが出来ます。

また、データ量はプレイしたいゲームの数によって必要な容量は変わって来ます。
多くの種類のゲームをしたい場合はデータ保存容量の多いプロバイダを選ぶよう
にしましょう。

そして、フレッツ光はアパートだと料金とプロバイダを合わせて月額4,150円~
と高額ですので、不必要に高額なプロバイダには契約しないようにしてください。

もっとも安いプロバイダはBB.exciteの月額500円で、もっとも高額なプロバイダは
@niftyは月額950円と倍近い料金の違いがあります。

毎月のことですので、無理なく支払える料金のプロバイダを選ぶことも重要と
なります。

■オンラインゲームのしやすさは時間帯にもよる

  • 昼休みと午後8時~はユーザーが最も増える時間帯
  • 週末は午前中が空いている

オンラインゲームのユーザーは時間によって、数が大きく変わります。多くのユーザー
が同じフィールドでプレイするので、他のユーザーの利用状況に自分の通信の安定性
が影響を受けてしまうのです。

調べてみると、昼休みである平日の午前12時~午後1時まではユーザー数が一気に
増えますし、午後8時~午後11時までも飛躍的にユーザー数が増える時間帯です。

学生や主婦の場合は夕方からプレイできますので、午後8時以降にならないよう
工夫をすれば快適にゲームを楽しむことが出来ます。

社会人で深夜にゲームが出来る場合であれば、午後11時以降に集中的に
楽しむようにしましょう。

また、週末や休日は1日中ユーザー数が増えるのですが、午前中であれば
ユーザー数が少なく快適です。

オンラインゲームは、ちょっとしたことでラグが発生してしまうのですが、ユーザー
数の増加で発生するラグはじぶんでは改善することが出来ないので、時間を
調節しましょう。

■オンラインゲームをアパートでするために必要なもの

  • 固定回線とモデム、LANルーターが必要
  • レンタルできるので購入する必要はない

調査の結果、オンラインゲームには通信の安定性が大事であることが分かりました。
安定した通信を行うには、固定回線の環境が必要です。

固定回線の工事では外の電線から通信回線を引いてきて、部屋の中へ引き
入れ、モデムと呼ばれる機器に繋ぎ、そこからケーブルで無線LANルーター
へと繋がります。

モデムとLNAルーターはレンタルする形になりますので、解約をする時には
返却が必要です。

■解約のタイミングに注意をしましょう

インターネット回線を解約するには、契約から2年経過した、契約25か月目で
ないと違約金が発生してしまいます。これは固定回線でもモバイルルーター
でも同じことですので、解約のタイミングには気をつけましょう。

また、モバイルルーターにはWIMAXとLTEの2種類があり、通信が安定するのは
LTEの方です。

■PS3でオンラインゲーム(CODやGTA5)をするのでゲームを問題なく
できるくらいの回線速度は?

  • オンラインゲームに必要な速度は実は2Mbps
  • 速度よりも安定していることが大切

インターネットを利用したサービスはさまざまありますが、実はすべてのインターネット
サービスを利用するのに必要な通信速度は5Mbpsと言われているのです。

調べてみると、高速な通信が必要というイメージのあるオンラインゲームでも
2Mbpsで十分楽しむことが出来ます。

最新のオンラインゲームを楽しむためにわざわざ高速なインターネット環境へ
乗り換える人もいるのですが、通信速度よりもオンラインゲームに必要なのは、
通信の安定性なのです。

オンラインゲームが通信速度2Mbpsで余裕を持って楽しめるためには、通信の
安定性を表す数値ping値が50ms以下でなければなりません。

光回線のような固定回線だと、通信の安定性は50ms前後となりますので、
スムーズにオンラインゲームをするには固定回線の通信環境が必須なのです。

では、固定回線のように回線工事を行わなくても通信が出来るモバイルwifi
ルーターをつかった、無線回線の場合はどれくらいのping値なのでしょうか?

■光回線とWIMAX、LTEのping値

  • 光回線は安定性が高いので50ms前後が平均
  • WIMAXは100ms前後、LTEは50ms以下になることも!

オンラインゲームをするのに大切である通信の安定性。これを表す単位を
ping値と言いますが、オンラインゲームには50ms以下、30msが理想です。

光回線と無線回線であるWIMAX、LTE、この3つの通信環境のping値は
どれくらいなのでしょうか?比較して、もっともオンラインゲームに適している
通信環境はどれなのか調べてみました。

まず、光回線は平均50msという安定性の高いping値です。オンラインゲーム
でもスムーズに楽しめ、他のネットサービスも問題なく利用できます。

モバイルwifiルーターであるWIMAXは平均100msという不安定な数値です。
このping値では超高画質な動画を見ることはできますが、オンラインゲームは
ラグが発生しやすく、ストレスを感じる環境と言えます。

もう一つのモバイルwifiルーターであるLTEは通信の安定性が50ms以下になる
こともありますが、ユーザー数が増える時間帯ですと、ping値が150ms以上に
なることもあります。

WIMAXでping値が50msにあることがあまりないので、LTEはWIMAXよりは安定し
やすいのですが、その安定している状態が長く続かないのがデメリットです。

3つの通信環境を比べた結果、やはり回線を使って通信を行う光回線が最も
安定しやすくオンラインゲームに向いていることが分かりました。

■簡単に出来る通信の安定性を上げる方法

  • 固定回線の簡単に出来る安定性の改善策は4つ
  • お金をかけてでも改善したい場合はLANルーターの買い替え

オンラインゲームに適している固定回線にしたにもかかわらず、ラグが発生して
しまったり、不安定な通信のためログインできないということになることもあります。

そうした事態になってしまった場合は、どうやって改善すればいいのでしょうか?
調査してみました。

PS3やLANケーブル、ルーターなどについているホコリを拭き取ると、安定性が
改善します。通信機器やゲーム機は精密な機械ですので、ホコリなどに弱いのです。

機器を置いている場所は定期的に掃除をしましょう。また、LANケーブルを買い
替えても通信が安定しやすくなります。ケーブル自体は高額でないので、手軽に
出来る改善方法です。

それでもダメな場合は無線LANの電源を切り、LANケーブルを抜いて30分ほど
待ってから再びつなげましょう。スマホで言うところの再起動を行うことで改善する
場合もあります。

こうした方法でもダメだった場合は、LANルーターを買い替えましょう。
ルーター自体が変わると通信の安定性もかなり変わります。

■オンラインゲームは通信量をどれくらい使うの?

  • 実はオンラインゲームは超高画質動画よりも少ない通信量

オンラインゲームは高画質な動画やアイテムなどの様々なデータを送受信するので、
かなりの通信量を使うイメージがあるかと思いますが、ちらべてみると超高画質動画
の方がデータ量を多く使うのです。

超高画質動画は1GBという通信量では約4,7時間視聴できるのですが、オンライン
ゲームだとこれ以上長時間プレイできます。

固定回線には通信制限がないのですが、無線回線にはあります。オンライン
ゲームは通信量が多くはないので、無線回線でゲームをする場合でも通信量
には困りません。

また、無線回線でもWIMAXは無制限で通信が出来ます。

■無線回線で安定するのはLTE。その理由は?

無線回線ではWIMAXよりもLTEの方が安定します。その理由は、LTEは2種類
の電波を同時に利用して通信を行っているからです。

1種類の電波が途切れてももう1種類の電波で通信が出来るので、WIMAXよりも
電波強度が強く安定しやすいのです。固定回線が設置できない場合はLTEが
良いでしょう。