電話線なしのアパートではインターネットって無理なんですか?

■電話線はひかないでもネット出来る?

  • 電話線がいるのはネットと電話のセットでも必要ない
  • 通話回線のADSLでは電話線は必要

インターネットを開通する時に電話線なしでもアパートにネット回線を引くことは
できるのでしょうか?調べてみました。

まず、インターネットの回線には固定回線とモバイル回線があります。固定回線
は通話回線と光回線に分けられ、通話回線は電話線がないと使えません。

しかし、光回線は光ファイバーを使って通信するので電話線とは全く別で通信
します。光回線と電話のセットのプランもあるのですが、このセットの電話は光
電話と言って、光回線を使うIP電話です。

通常の固定電話とは違いますので、ひかり電話を利用する場合でも電話線は
必要ないですよ。

電話線を使ってインターネットをする通話回線をADSL回線と言いますが、この
回線は日本全国で利用できます。

光回線は通信エリア内でないと利用出来ないので、光回線の通信エリアに
含まれていなかった場合はADSL回線を使ってくださいね。

つまり、ADSL回線でない限りは電話線を引かないでもネットは出来るという
ことです。固定電話を置く予定の無い一人暮らしでも安心してネット契約
できますよね。

■PS4やオンラインゲームをやるなら光が良い?

  • オンラインゲームには光回線の安定感が必要
  • モバイル回線では安定感が足りずラグが発生する

インターネットは先ほどのADSL回線と光回線のような固定回線の他に、
モバイル回線と呼ばれるネット環境もあります。

調べてみると、モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があります。
WIMAXは通信が不安定ですがその分無制限で利用できるモバイル回線です。

一方、LTEは通信が安定する分、月間7GBという通信量の制限がある
回線です。月間7GBの通信量とは以下のような感じです。

メールにすると 約1870万通
通常のサイト 約50,600ページ
超高画質動画 約33時間
音楽のダウンロード 約1,790曲

この通信量を1ヶ月間で使えるので、毎日1時間メール・ネットサーフィンをして、
1時間、超高画質動画を見ても通信制限に引っかかることはありません。

通信量が膨大に必要なヘビーユーザーでないのであればLTEのモバイル回線の
方が良いでしょう。

しかし、ヘビーユーザー以外にもオンラインゲームをする人はモバイル回線は
向きません。モバイル回線は固定回線のような安定感はないのです。

ケーブルの中を電波が往復する固定回線と違い、電波がそのまま外を飛び
交うモバイル回線は環境などによってとても不安定になります。

常に安定感のある通信環境が必要なオンラインゲームでは、固定回線でないと
ラグが発生してしまい、ストレスを感じることになりますよ。

オンラインゲームは固定回線でしましょう。オンラインゲームをしないのであれば
モバイル回線でも問題ないです。

■モバイル回線の月額の利用料金は固定回線より安い!

  • WIMAXは使い放題で月額4,380円
  • LTEは最安値で月額2,743円

モバイル回線はオンラインゲームをする目的以外のユーザーに向いている
回線です。月々の利用料金は安く固定回線よりもお得なんですが、用途に
よって合っている料金プランは違います。

毎日長時間インターネットを利用するユーザーならUQ WIMAXの「UQ Flat
ツープラス ギガ放題」月額4,380円がピッタリです。

WIMAX2+という最大200Mbps出る通信回線を好きなだけ使えて月額
5,000円以下ですので、通信費の節約になりますね。

光回線の場合は高速で安定した通信が好きなだけできて月額5,100円~
ですので、かなりの違いです。

また、ヘビーユーザーでない場合はLTEのヤフーwifi303HWという端末のプラン
が業界最安値で魅力的ですよ。

月間7GB使えるモバイル回線が月額2,743円ですので、年間で32,916円
です。光回線では年間で61,200円です。半額近い節約ですね。

このように固定回線の料金とモバイル回線の料金を比較するとモバイル回線が
いかに安いかが分かります。

しかし、オンラインゲームなどの特定のサービスには向かないというデメリットも
ありますので、自分のネットの使い道をしっかり考えて合っている方を選びましょうね。

■一人暮らしに固定電話はいらない。固定回線もいらないのでは?

  • 固定電話が不要なら固定回線も不要
  • 手間も料金もかからないので若者向き

インターネット回線は固定回線という概念がありますが、一人暮らしには贅沢
すぎて必要のない環境なのです。

それは固定電話が不要でスマホで十分なのと同じように、通信回線も固定
回線は贅沢すぎて不要でモバイル回線で十分だからです。

オンラインで申し込をするだけで数日後に自宅まで通信機器が届くので、
手間もかからず料金も安く一人暮らしの若者向きですよ。

■家電量販店では契約しない方が良い

モバイル回線は家電量販店でも契約出来ますが、家電量販店ではキャッシュ
バックが少なかったり公式サイトでは0円の通信機器が有料だったりと損な
部分が多いです。

契約は公式サイトがいいですよ!

■スマホのテザリングとは?

  • スマホがwifiルーターになる機能
  • スマホ以外にパソコンなどの通信機器が必要となる

スマホのテザリング機能とは、スマホ自体がwifiルーターになる機能のことです。
この機能を使うことで、わざわざモバイルwifiルーターを購入しなくても外出先や
家の中でもインターネットに繋がることができます。

しかし、調べてみるとスマホのテザリング機能を使っている間はスマホ自体で
通常のようにメールをしたりネットサーフィンしたりすることが出来なくなります。

テザリング機能を使うには、スマホ以外にパソコンやタブレットなどが必要です。
また、よくテザリングには料金が発生しないと思っている人もいるのですが、
テザリングには料金がかかります。

キャリアごとに違うので、しっかり把握した上でテザリングを利用してくださいね。
ココからキャリアごとの料金をご紹介していきましょう。

DOCOMO 料金プラン「Xiパケ・ホーダイ」月額5,985円

この料金プランにはテザリング使い放題のサービスも含まれているので、
どれだけテザリングを利用しても月額5,985円のままです。

通信回線を設置しないでテザリングでネットを使いたい場合は、こうした定額プラン
が良いでしょう。

au テザリングオプション 月額500円

auにはテザリング料金が含まれているプランがありませんので、スマホの基本
利用料にテザリング料金が加算されます。

auではスマホのプランが月額7,280円、iphoneは月額6,755円です。

SoftBank テザリングオプション 月額525円

SoftBankにもテザリング料金が含まれているプランはありません。
スマホの利用料金は月額5,460円となっています。

■テザリングをメインのネット環境として使うのは無理?

  • 長時間連続の利用には向かない
  • パソコンのメール。ネットサーフィン中心なら大丈夫
  • オンラインゲームなどは向かないので注意!

スマホをwifiルーターに出来る便利な機能テザリングですが、ネットのメイン環境
として利用するのには、向かない場合はほとんどです。

スマホのテザリングはどれくらい使えるのかを調査してみると、テザリングの通信量
もスマホの通信量として加算されますので、月間7GBの上限に達すると制限が
かかります。

長時間の連続ネット利用などをしていると制限に引っかかる可能性がありますので、
短い時間だけのネット利用でないと通信速度を抑えられてしまいます。

テザリングで動画をよく見たり、音楽のダウンロードを良くしたりする場合は、
あっという間に通信制限に引っかかってしまうので注意をしてください。

パソコンでメールをしたりネットサーフィンをしたりするのがメインであれば
テザリングのみでも大丈夫ですよ。

しかし、オンラインゲームをしたい場合でもテザリングでは通信量が足りなく
なります。光回線のような安定性が高い通信環境にしましょう。

■スマホ以外の通信端末を持っていない場合は?

  • モバイルwifiルーターを購入しましょう
  • 手続きが簡単で工事もいらない便利な回線

スマホのテザリングは、とても便利で固定回線を設置するよりも遥かに安くネット
に繋がれるのですが、スマホ以外の通信端末、パソコンやタブレットがないと利用
できません。

スマホをあらかじめ持っており人にとっては、かなりお得なのですが持っていない
人はテザリングをメインにするのは難しいですよね。

スマホのテザリングを利用できない場合はモバイルwifiルーターを購入しましょう。
モバイルwifiルーターとは、無線で通信する持ち運べるタイプのwifiルーターです。

wifiルーター以外の機能はほとんどないのですが、その分機器自体は0円か
1円で、回線を使わないので回線工事費もかかりません。

月額の利用料金も最安値だと月額2,743円で使い放題プランだと月額4,380円
となっています。モバイル回線には2種類の回線があり、WIMAXとLTEに分かれます。

WIMAXは無制限で使える回線で、LTEには通信制限があります。しかし、WIMAXは
通信の不安定が部分があり、途切れやすくストレスを感じることも多くあります。

LTEは通信が安定しやすいのでストレスを感じることはあまりありませんが、
ヘビーユーザーは通信量が足りなくなる回線ですね。

自分のネット利用の状況にあう回線を選んでください。

■モバイル回線には固定回線と同じように違約金が発生する

  • 契約から2年間は最低利用期間なので解約には違約金がかかる
  • 2年間使い続けられるような回線を選びましょう!

固定回線は、契約から2年間は最低利用期間となり解約をする場合は違約金が
かかります。

これと同じでモバイル回線でも、最低利用期間2年間の解約は違約金が
かかるのです。

モバイル回線は工事費がかからない代わりに違約金が高額なので、2年間
使い続けられるように慎重に回線や料金プランを選びましょう。

■料金はクレジットカード払いの方が手間がかからない!

モバイル回線は口座振替とクレジットカード、2つの支払い方法があります。

クレジットカードの方が契約の手間も支払の手間もかからないので
クレジットカードが良いでしょう。

モジュラージャックがないアパートでインターネットに繋がるには?

■アパートにモジュラージャックがないけどネットできる?

  • モジュラージャックは通話回線を利用したネットのためのもの
  • 光回線はモジュラージャックがなくても問題ない!

アパートにインターネットを接続する場合は、通信回線に対応しているアパート
でないと接続できません。

インターネットの通信回線には通話回線を利用したADSL回線と光ファイバーを
利用した光回線があります。調べてみると、モジュラージャックがいるのはADSL
回線の方ですね。

つまり、モジュラージャックがいるのはADSL回線でネットをする場合だけで、
光回線でネットする場合はモジュラージャックは必ず必要というわけでは
ありません。

ADSL回線は、家電製品や通話の電波の影響を受けやすいので通信速度が
遅いというデメリットがありますね。

しかし、モジュラージャックがある場合は工事が簡単で初期費用もかからず
月額の利用料金も安いのです。

光回線の場合は光ファイバーを利用して通信をします。通話回線とは別回線
ですので、通話の影響も家電の影響も受けません。

通信速度は超高速で通信の安定性もバツグンです。初期費用も月額の料金
もADSL回線に比べて高額ですが、通信の質はいいのですね。

アパートが対応している光回線を確認して、その回線を契約すればモジュラー
ジャックがなくてもネットは使えますよ。

■そもそもモジュラージャックで出来るネットはADSLだけ?

  • モジュラージャックでできるネットはVDSL回線もある
  • VDSLは光回線だが途中から通話回線になる

モジュラージャックを使うネット回線は、通話回線のみを利用するADSL回線
の他にVDSL回線というモノがあるのです。

ADSL回線に名前が似ているのですが、VDSL回線は外の電線からアパートの
共用スペースまでは光回線で通信をしますよ。

そして、VDSLの集合装置に到達したらそこからは通話ケーブルで部屋まで
行き、モジュラージャックを通って部屋の中まで届く仕組みです。

モジュラージャックにそのままLANケーブルを差し込んで通信できるADSL
回線とは違い、モジュラージャックからモデムまでは通話ケーブル、モデム
からパソコンはLANケーブルを使うので、工事時間は長くなりますよ。

モジュラージャックを使ってネットにつながるにはADSL回線とVDSL回線が
ありますが、VDSL回線の場合はアパート自体が光回線に対応している
ことが条件になりますね。

アパートが光回線に対応しているか調べてから申し込みをしてください。

■光回線はモジュラージャックとエアコンダクトから回線を引き込める

  • モジュラージャックがある場合は通信回線工事が済んでいる状態
  • 回線工事が済んでいても通信回線の設定を変更する工事は必要

ADSL回線とVDSL回線はモジュラージャックがないと通信することが出来
ません。しかし、調べてみると光回線でもモジュラージャックを使って通信
する場合もあるようです。

モジュラージャックを使って通信する光回線は部屋まで光回線が開通している
ので、回線の設置工事がいりません。

しかし、回線の設定を変更したりする工事はいりますので、完全に工事不要
というケースはほとんどないのです。

モジュラージャックがない部屋でアパートが光回線に対応している場合は、
通信回線はエアコンダクトを通って部屋に引き込みますね。

アパートの住宅事情で、エアコンダクトから光回線を引き込めない場合は
電気の配線口から引き込む形になりますが、それも難しい場合、外壁に
穴をあけて回線を部屋の中へ引き入れます。

窓や玄関なら引き入れると、ドアや窓がしめられなくなり防犯上危険なので、
こういった形で回線を引き入れるのですね。

■ADSL、VDSL、光回線では工事費が全く違う!

  • ADSL、VDSLは工事費が安い
  • 光回線は工事費が18,000円と高額!

インターネットの通信回線にはADSL回線とVDSL回線、そして光回線の3種類が
あります。それぞれネットへの接続方法が違うので回線設置工事費も全く違うのです。

ADSL回線は業者にモデムを取り付ける工事を頼めるのですが、自分でモデムを
つけることも出来ます。その場合はフレッツADSLだと3,050円で済みます。

VDSL回線の場合は、屋内配線の工程があるなら15,000円、ないなら7,600円
です。光回線だと工事費は18,0000円かかりますので金額に大きな差があり
ますよね。

■光回線の設置には時間がかかる!

  • ADSL、VDSLは1週間~2週間くらいで回線設置が出来る
  • 光回線は1ヶ月かかることもある!
  • オンラインゲームしない場合はモバイル回線で十分!

通信回線の工事費が種類によってちがうのですが申込から実際に使える
ようになるまでの期間も違います。

ADSL回線の工事は簡単なので申し込みから1週間くらいで利用できる場合も
ありますが、VDSLの場合は2週間くらいかかります。

光回線になると、1週間~1ヶ月間かかることもあるので、費用も時間もかかって
しまうのが面倒ですよね。

調べてみるとネット回線はモバイル回線という無線通信する方法もあるんです!
この方法なら申し込みから1週間くらいで使えて工事費がいりません。

お得な回線なのですが、オンラインゲームをする場合は通信の安定感が足りない
ので固定回線でないといけません。

オンラインゲームをしないユーザーはモバイル回線でも大丈夫ですよ。

■アパートに光回線が入っているか調べる方法3つ

  • 光回線の公式サイトで郵便番号を入力
  • 家電量販店で店員に調べてもらう
  • プロバイダの窓口に電話して確認してもらう

インターネットを始めるにあたって、アパートに光回線が入っているかどうかを
確認する方法はどういったものがあるのでしょう?

調べてみると、光回線対応アパートかどうかを調べる方法は3つあることが
分かりました。3つの方法を順番に紹介していきましょう!

  • 光回線の公式サイトで郵便番号を入力する

光回線にはフレッツ光やau光、eo光などの種類がありますが、どの回線でも
公式サイトで回線に対応している建物を調べることができます。

フレッツ光の場合は、メインページに郵便番号を入力するフォームがあるので、
入力して流れに沿って進むだけで簡単に光回線が入っているかが分かります。

  • 家電量販店で調べてもらう

部屋にインターネットが来ていなくて公式サイトでは確認できない場合は、
家電量販店に行き、店員に調べてもらうこともできます。

自宅アパートの郵便番号と住所を確認してから行きましょう。

  • 通信回線のプロバイダに電話して調べてもらう

BIGLOBEやso-netなどの光回線のプロバイダでは窓口に電話すると、
光回線対応のアパートかしらべてくれるサービスをしているのです。

インターネットが出来る環境がある場合は公式サイトで、ない場合は
家電量販店かプロバイダの窓口で調べてもらうことができます。

■固定回線でもモバイル回線でも通信エリア内でないと使えない!

  • 光回線のような固定回線以外にもモバイル回線がある
  • どちらも通信エリア内でないと使えない
  • 日本全国で使えるのはADSL回線だけ!

光回線がアパートに入っている場合は問題ないのですが、入っていないと
インターネットを接続できなくなってしまいます。

そうなった場合は、モバイル回線を使いましょう。モバイル回線とはモバイル
wifiルーターという無線の通信機器を使ってネットに繋がる方法ですね。

モバイルwifiルーターを購入するとネット契約も同時に出来るので、申し込み
をするだけで数日後に自宅にルーターが届きますよ。

数分で済む設定をすれば、すぐにネットが使えるようになるので、かなり便利
ですよね。光回線のように有線接続ではないので回線が入っているかどうかを
気にする必要もないです。

しかし、一つだけ注意点があるのですが、固定回線と同じでモバイル回線も通信
エリア内でないとネットにつながることはできないのです。

通信エリアは光回線と同じで公式サイトか問い合わせセンターで確認できるの
ですが、日本全国どこででも利用できるわけではありません。

日本中、どこででも使えるのは通話回線でネットにつながるADSL回線だけです。
通話回線はライフラインとして認定されているのですが、ネット回線はまだまだ
ライフラインとして認定されていないのです。

ですから、通信エリアの普及に時間がかかってしまう地域も多くありますよ。
モバイル回線の契約前に事前に通信エリアかどうかチェックしておいてください。

■モバイル回線で繋がりやすいのはLTE

  • 周波数帯が高くなく通信が安定しやすい
  • WIMAXというモバイル回線は周波数帯が高すぎて通信が不安定

回線がいらない無線通信のモバイル回線は2種類あります。WIMAXとLTE
なのですが調査の結果、LTEの方が通信が安定しやすいことが分かりました。

LTEは電波の周波数帯が高くないので電波が曲がりやすく通信が、途切れ
にくいという特徴を持っています。

WIMAXは周波数帯が高すぎて電波が曲がりにくく建物などにぶつかってしまい、
通信が途切れやすいという特徴があるのです。

繋がりやすくてストレスを感じないのはLTEですね。しかし、LTEには月間7GB
という通信量の制限があるので、毎日長時間ネット環境が必要なヘビーユーザー
には向きませんが。

ヘビーユーザーはWIMAXを選びましょう。WIMAXなら月間の通信量は無制限ですよ!

■モバイル回線なら解約の心配が少ない!

  • 引っ越し先も通信エリア内なら手続きなしで使える!

インターネットを固定回線で接続している場合は引っ越しになると、解約・再契約
をするか移転をしなければいけなくなりますよね。

しかし、モバイル回線の場合は引っ越し先も通信エリアであれば、何の手続きも
なしでそのまま使い続けられるのです。

引越しはただでさえ手続きが多く作業も多く面倒ですので、インターネット関連の
ことが簡単に済むのは嬉しい限りですね。

■モバイル回線のキャッシュバック受け取り時期に気をつけましょう!

  • キャッシュバックの受け取り時期は契約から11か月後

モバイル回線は契約をすると高額なキャッシュバックがもらえる嬉しいキャン
ペーンをよく行っています。お得にネット回線を手に入れるいいチャンスですよね!

しかし、調べてみると、そのキャッシュバックをもらえる時期は契約から11カ月後
などのかなり時間がたったタイミングなのです。

しかも受け取り前にキャッシュバック振込の確認メールが来るので、それに
返信をしないともらえない仕組みになっていてかなり不便ですよ。

その理由は、キャッシュバックの受け取り忘れを増やしてモバイル回線の会社側
の損を減らそうとお言うモノなので、罠にはまらないようにキャッシュバック受け取り
月にメモをしておきましょう!

インターネットをwifiでしたい!プロバイダー契約なしの回線は?

■バッファローの無線LAN子機(wifiルーター)を買えばネット出来る?

  • インターネットには通信回線、wifi親機、wifi子機が必要
  • バッファローのwifiルーターだけではネットは出来ない

インターネットは私たちの生活になくてはならないものですが、その仕組みって
とても複雑で分かりづらいですよね。

まずインターネットを使うには通信回線が必要なんです。インターネットと通信回線
がつながるためにはプロバイダとの契約も必要になってきます。

インターネット→プロバイダ→通信回線と来て、やっとここでwifiが登場します。
wifiには親機と子機があるのですが、無線LANルーターはwifi親機ですね。

そして、wifi子機はスマホやパソコン、タブレットなどに内蔵されています。
ですので、wifi子機を別で購入する必要はありません。

また、無線LANルーターはwifi親機に当たります。バッファローの無線LAN
ルーターは家電量販店でも通販サイトでも購入できるのですが、通信回線は
通信会社との契約が必要です。

アパートやマンションで対応している通信回線しか利用できないので、
契約書類などを見直して対応回線を調べてみましょう。

また、プロバイダは通信回線に対応している複数社の中から好きな会社を
選ぶことが出来ますよ。

■プロバイダ契約なしにネット出来る方法はある?

  • プロバイダから直接契約出来るモバイル回線はある
  • 固定回線ではプロバイダ契約は必須だけど同時に契約できる

インターネットと通信回線を繋ぐのにとても重要な役割を担ってくれるプロバイダ
ですが、回線を利用するためには契約がどうしてもいります。

プロバイダ契約なしでネットを利用することは出来ないのですが、プロバイダの
公式サイトから契約をすることで簡単に使える回線はあります。

モバイル回線と言って無線通信のネット環境なので通信回線がいりません。
コードレスのwifi親機を使って通信する仕組みで持ち運べるので家の中でも
外でも使うことが出来ますね。

プロバイダのサイトからオンラインで申し込めて翌日に通信機器を発送して
もらえる場合もありますので、申し込みから1ヶ月間待つこともある固定回線
とは違い、数日後に利用することが出来ますよ。

固定回線よりも手間がかからないのですが、固定回線の場合でもプロバイダ
と同時契約となります。

契約の際には手間はあまりかからないのですが解約の手続きは別ですね。

通信会社とプロバイダそれぞれのサポートセンターに電話をしたり、
会員ページから解約手続きを録ったりするので手間に感じますね。

モバイル回線は解約の時もプロバイダのサポートセンターへ電話すればだけ
なので楽です。

■モバイル回線の通信環境

  • WIMAXはどのプロバイダでも同じ回線を使う
  • LTEはプロバイダごとに通信回線が違う

プロバイダの公式し跡から申し込みが出来て便利なモバイル回線。
このモバイル回線には2種類あるのをご存じでしょうか?

調べてみるとWIMAXはUW WIMAXという会社の通信回線を利用して
ネットに繋がります。

WIMAXには20社くらいのプロバイダがあるのですが、どのプロバイダでも使う
のはWIMAXの回線です。もう一つのモバイル回線LTEはプロバイダごとに
回線が違いますね。

ワイモバイル、ドコモ、ソフトバンク、auの4社の通信回線があるのですが、
ヤフーwifiなどのプロバイダではワイモバイルとソフトバンクの回線を利用
できます。

楽天wifiでもワイモバイルとソフトバンクの回線を利用出来たりするんですね。
通信回線が違えば通信エリアも違うので、契約をする前に通信エリアのチェック
をしっかり行ってください。

また、WIMAXは電波が曲がりにくいので室内での通信よりも屋外での通信に
向いています。LTEは電波が曲がりやすいので室内での通信もスムーズです。

屋外では途切れることはありませんが、WIMAXの方が高速通信ですね。

■モバイル回線の受信感度をあげるためには?

  • 家の中で電波を拾いやすい場所を探しましょう!
  • 鉄筋の建物よりも木造の建物の方が繋がりやすい

無線で通信をするモバイル回線は、同じ家の中でも場所によって電波の受信
感度が違います。

一般的には窓際が最も電波を拾いやすいのですが、玄関などの場合もあります
ので、さまざまな場所にモバイルルーターを置いてもっとも拾いやすい場所を
見つけてみましょう。

また、家自体の事情によっても受信感度は変わって来ます。鉄筋コンクリートの
建物は電波を通さないので、通信が不安定になり木造の建物は電波を通すので
受信感度が良くなりますよ。

固定回線では左右されない部分で通信環境が、変わるのです。

■オンラインゲームは固定回線でないとラグが出る

  • 固定回線の安定性が必要なオンラインゲーム

インターネットのほとんどのサービスはモバイル回線でも十分利用することが
出来ます。毎日仕事で使う場合でもプライベートで使う場合でもどちらでも
不便に感じることは少ないはず。

しかし、オンラインゲームをする場合は固定回線のような安定性が必要です。

オンラインゲームは少しのラグが発生しただけでかなり影響が出るものですので
出来る限り安定した環境で楽しんだ方が良いですよね。

モバイル回線では安定性がたりませんので、固定回線にしましょう。

■無線LANだけではネット出来ない理由

  • 通信回線がないとインターネットと繋がれないから
  • 通信回線はプロバイダがインターネットに繋げる役割をする

インターネットを利用する上で、無線LANルーターだけでは通信をすることが
できません。無線LANがインターネットに繋がるためには、以下のものがいります。

通信回線の契約・設置、プロバイダとの契約、モデム、wifi子機内臓のスマホや
パソコンなどの端末です。

インターネットと通信をするには通信回線の契約、そして設置をしなければなり
ません。そして、インターネットと通信回線はそれだけでは繋がりませんので
プロバイダとの契約もしないと、いけないのです。

また、通信回線を設置する際に回線を家の中に引き入れたらモデムと呼ばれる
通信機器に繋げます。モデムから無線LANルーターへと繋がっていきます。

回線の設置は業者がやってくれるので立ち会っていればよいだけですが、
無線LANルーター以外にも、さまざまなものが必要になるのです。

モデムと無線LANルーターは通信回線の会社からレンタルできますよ。
希望する無線LANがない限り、レンタルしたものを使いましょう。

また、解約をする時にモデムも無線LANルーターも返却しなければいけません。
返却には送料がかかる場合もあります。

■モバイルルーターはネット契約つき無線LANのこと!

  • 無線LANの中でも持ち運べるものをモバイルルーターと呼ぶ
  • 購入と同時にネット契約も出来るので手軽!

無線LANの中でもモバイルルーターと呼ばれる機器があります。
これは調べた結果、ネット契約つきの持ち運べる無線LANであることが
分かりました。

モバイルルーターはプロバイダの公式サイトから購入すると同時にネット契約も
結びますが、手続きなどは不要ですよ。

また通信端末は0円か1円が基本となっており、事務手数料や初期費用と初月
の利用料金だけで使い始めることが出来るのです。

固定回線の場合は回線契約とプロバイダ契約が同時にできるので、契約の手間
はあまりかかりません。

しかし、回線設置の工事が必要で通信機器もレンタルですよね?
モバイルルーターは無線通信尚で工事がいらない上に通信機器も購入する形です。

解約後も機器が手元に残るので、その機器を使って再び契約することも出来ます。

■一人暮らしのインターネット契約の主流となっているモバイル回線

  • 固定回線は家族で使うのに向いているネット回線
  • モバイル回線なら家でも外でも使えてムダがない

一人暮らしをしていると家を留守にすることが多くなります。固定回線の場合は
家でしか通信できないので、家に人がいることが多い家族向けの回線と言えます。

一人暮らしは家を留守にすることが多いので、家の中でも外でも使えるモバイル
回線が良いですよ。一人暮らしで固定回線だと、留守にしている間中、ネット環境
が無駄になってしまいます。

しかしモバイル回線なら外出中でもネット環境を利用できるのでムダがありません。

■モバイル回線の料金プランで最もお得なのは?

  • ヤフーwifi・303HWは業界最安値
  • WIMAXのギガ放題プランなら高速通信が使い放題!

モバイル回線でもっともお得なプロバイダ・料金プランはどれでしょうか?
料金がお得なものと通信料がお得な物をご紹介します。

調べた結果、料金が最もお得なのはヤフーwifiというプロバイダの通信端末
「303HW」月額2,743円ですね。

この「303HW」は、テレビチューナー機能もついているので外出先でテレビを
観ることも出来ます。月間7GBまでというスマホと同じ通信量の制限はありますが、
標識の範囲内でネットを使っているだけなら十分な通信量です。

そして、ヘビーユーザーで好きなだけネットを利用したい場合はWIMAXのギガ
放題プランが向いていますよ。

UQ WIMAXというプロバイダの「UQ Flat ツープラス ギガ放題」月額4,380円
ならWIMAX2プラスのハイスピードモードという通信モードが好きなだけ使えます。

また、通信料がそこまで必要のない月は「UQ Flatツープラス」という
月額3,696円の月間7GBまで通信できる料金プランに変更できます。

月単位で無料で変更できるので無駄なく余裕を持って、インターネットを利用
できる仕組みになっているのです。

このように料金でお得な方が良いなら最安値プランを、通信料でお得な方が良い
なら無制限プランを選びましょう。インターネットはユーザーによってお得だと感じる
条件が違いますよね。

自分のネット利用状況に合っているプランを見つけましょう。

■最低利用期間は2年間。長く使うことを視野に決めましょう!

  • 長く使えるようなプランのモバイル・ルーターを選びましょう

モバイル回線も固定回線と同じで最低利用期間が2年間なのです。

その2年間を快適に過ごすために、長い目で見てプランを決めてプロバイダを
決めたりしましょう。現在はネット利用が少ない人でも今後増えるかもしれませんし、
現在はネット利用が多い人でも徐々に利用しなくなるかもしれません。

変化に合わせてプランを変更できるモノの方が柔軟に状況に合わせることが
出来ます。WIMAXは通信がLTEにくらべて不安定になりやすいのですが、
住宅事情によっては問題なく利用できる場合もあります。

通信エリアかどうかをしっかり確認の上、契約を検討してみてくださいね。

一年未満のインターネット回線契約ってできるのでしょうか?

■1年未満で引っ越す予定。ネットの契約は2年しかない

  • インターネットの回線は契約期間は2年間が基本
  • 引っ越しには移転手続きか解約・再契約が必要

インターネットを契約していたり、これから契約する場合、引っ越しの際の
手続きなどが心配ですよね?

特に、次の引っ越すタイミングが決まっている場合はそれに合わせてインター
ネット回線を選びたいものです。

しかし、調査してみるとインターネット回線はまずそれぞれの住宅で対応している
回線があり、その回線しか基本的には契約出来ません。

フレッツ光に対応しているアパートならフレッツ光、au光に対応しているアパート
ならau光という風に、集合住宅が対応している回線にしましょう。

そして、現在インターネットの主流になっている光ファイバーを利用した光回線
でも、一昔前の通話回線を利用したADSL回線でも最低利用期間は2年間です。

この間に解約をする場合は違約金が発生します。フレッツ光の場合は9,500円
ですので、かなりの痛手になりますね。

また、引越先のアパートやマンションがフレッツ光に対応している場合は移転を
すればいいだけになるので解約の必要はなくなるのですが、今度は移転費が
かかってしまいます。

フレッツ光の場合は、引っ越し先の家に屋内配線があるなら7,500円、
ないなら6,500円かかりますよ。

■固定回線にするから解約という概念が発生する

  • 回線の設置工事も撤去工事もいらないモバイル回線が便利
  • 通信エリア内であれば解約をする必要はない

インターネットを利用するのには回線がいります。しかし、この回線は通信
回線だけではないのです。

固定回線は、契約をする時に回線の設置工事が必要となります。解約の
際には回線の撤去工事が必要となりますね。

しかし、モバイル回線という無線通信であれば通信回線自体がいらないので、
回線の設置工事も撤去工事も必要ないのです。

また、通信エリア内であれば面倒な手続きをしないで、そのまま利用することが
出来ます。解約の必要もないので長く利用することが出来て便利ですよ!

回線が対応しているかによって契約出来る会社が違ってくる固定回線とは違い、
モバイル回線はどんな住宅であっても通信エリア内なら利用できます。

■モバイル回線はオンラインゲームに向かない理由

  • 通信の速度よりも安定性が大切なオンラインゲーム
  • モバイル回線では通信の安定性が低くラグが発生する

モバイル回線は工事、手続きが不要で簡単・便利に使える回線です。
しかし、無線での通信なので安定性に欠ける部分もあるのです。

調べてみると、通信の安定性はping値という単位であらわされます。

ping値が数値が低ければ低いほど安定性が高いということになるのですが、
固定回線ではping値が30ms~50ms位なのに対して、モバイル回線は
LTEでも50msにぎりぎりで到達するくらいです。

WIMAXになると100ms位とかなり不安定なのがはっきり分かる数値ですね。
オンラインゲームには50msの安定した通信環境が必要となります。

通信速度は2Mbpsくらいでも足りるのですので、モバイル回線の通信速度でも
問題ないのですが、安定性は固定回線くらい必要なんです。

オンラインゲームを楽しみたい場合は、固定回線を選んでくださいね。

■契約期間が1ヶ月以内ならモバイルルーターのレンタルをしよう!

  • モバイルルーターはレンタル業者もあります!
  • 1ヶ月単位の契約はとても高額になる

もし、インターネット回線の契約期間が、1年未満で1ヶ月程度ならモバイル
ルーターのレンタルをしましょう。

モバイル回線を利用する時に必要なルーターは実はレンタル業者から借りる
ことが出来るのです。調べてみると、1日単位でもレンタル出来て利用料金は
以下のとおりです。

あるレンタル業者でWIMAXの通信端末をレンタルすると・・・
一日 450円 1ヶ月 6,750円 となります。

WIMAXの高速通信モード・ハイスピードモードもあまりは高速ではないけど
無制限のノーリミテットモードの2種類の通信モードが使えますよ。

WIMAXには月単位で契約出来る料金プランがあるのですが、この料金プラン
では高速通信モードが利用できません。

また料金も登録料3,000円 基本利用料金は362円~4,743円です。
合計で3,362円~7,743円かかってしまい、レンタルよりも高額になる
可能性もありますね。

1ヶ月間だけモバイルルーターが欲しい場合は、契約よりもレンタルがお得です。

■モバイル回線は公式サイトで契約をしよう!

  • 家電量販店では端末代がかかり、キャンペーンの条件も厳しい!

モバイル回線も固定回線も公式サイトからオンラインで契約する方法と家電量販店
で契約をする方法がありますよ。

しかし、家電量販店だとモバイル回線は通信端末代がかかり、モバイル回線と
同時に購入しなければならない家電などがあります。

モバイル回線であれば家電を同時購入しなくてもキャッシュバックや特典プレゼント
などの嬉しいおまけがたくさんついてきます。

モバイル回線はオンラインで契約すると便利でお得ですよ!

■持ち運びできるモバイル回線なら引っ越ししても違約金は発生しない

  • 通信エリア内であれば何の手続きもなくそのまま使い続けられる
  • 通信エリアかどうかは公式サイトで確認することができる

持ち運びが出来るインターネットの通信回線・モバイル回線は引っ越しの際も
手続きや回線の撤去工事が不要です。

通信エリア内であれば、何の手続きもなくそのままし続けられるので引っ越しが
多い転勤族の方や一人暮らしの方にピッタリですね。

固定回線を契約している場合は、引越が決まったらまず移転手続きを取るか、
解約をして再契約をするか、解約をしてそのまま別の回線へ乗り換えるかを
決めなければなりません。

その後、移転をする場合は公式サイトやサポートセンターから移転手続きを取り、
解約をする場合は、固定回線の会社とプロバイダの会社、それぞれ別で手続きを
行い解約をします。

解約後は再契約をする場合でも別の回線に乗り換える場合でも、再び手続きが
必要になってしまって、とても大変ですよね。

モバイル回線なら手続きが一切必要なしなので、引っ越しの移転届けを出したり、
引っ越し業者を決めたりといったインターネット関連以外のことに集中できます。

引っ越しには、さまざまな手続きがありとても面倒な作業が多いので、手続きは
少しでも簡単な方が嬉しいですよね。

引っ越し先がモバイル回線の通信エリア内かどうかは公式サイトでチェック
できます。マップ上で表示されて分かりやすいので、便利ですよ。

モバイル回線であれば固定回線のように移転費も違約金も発生しません。

■モバイル回線の解約にも違約金はかかる!

  • 契約更新月をしっかり手帳などに記入しておこう!
  • 2種類あるモバイル回線、使いやすいのはLTE

モバイル回線にも契約から2年間という最低利用期間はあり、契約更新月も
あります。

契約してみたものの、納得できないと思ったら他の回線へ乗り換えますよね。
この時に違約金が発生することは頭に入れておきましょう。

また、契約更新月は手帳などに記入しておくと間違わずに違約金0円で解約
することが出来ます。

契約月を1ヶ月目として25か月目が契約更新月ですので、25か月目まで
利用し続けられる回線を選びたいものですね。

モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があり、それぞれに違った特徴が
あります。

調査の結果、WIMAXは無制限で使えて電波が途切れることがよくある回線、
LTEは月間7GBの制限があり、通信は途切れにくい回線ですよ。

WIMAXはUQ WIMAXという会社の所有している回線を利用していて、20社
くらいあるプロバイダのどこと契約をしてもUQ WIMAXの回線を使います。

周波数帯が高く電波が高速で曲がりにくいので建物などにぶつかって途切れる
ことが良くあります。電波自体は大容量のデータもスムーズに運べるくらい強いの
ですが、曲がれない特性のため通信が不安定になってしまうのです。

LTEは会社ごとに利用する回線が違います。電波の特性はWIMAXほど強くない
ので大容量のデータを送受信するのは少し時間がかかります。

しかし、その分、建物の壁などに沿って曲がることが出来るので通信が途切れ
にくく安定感がありますね。

■インターネットを快適に使える通信速度はどれくらい?

  • すべてのインターネットサービスを使うのに必要な速度は5Mbps

固定回線でもモバイル回線でもインターネットを使うのに必要な通信速度は
変わりません。調べてみると、超高画質の動画でも見るのには5Mbpsあれば
十分なことが分かりました。

インターネットのそれぞれのサービスに必要な通信速度はこのようになっています。

通常の画像が貼ってあるサイト 1Mbps以下
動画共用サイト 超高画質動画 約3.5Mbps
huluなどの動画配信サイト 約2Mbps
オンラインゲーム 約2Mbps(安定していればこの速度)

このように光回線などで大々的に取り上げられている1Gbpsなどの超高速
通信は、一般的なユーザーに入らないくらい贅沢な速度なのです。

また、その1Gbpsをフル活用するためには最新式の高性能パソコンがいります。
高性能パソコンでない限りはモバイル回線で問題なくインターネット出来ますよ。

■通信制限がかかると完全にネットが使えない?

  • 通信制限がかかると速度は128kbpsにまで落ちる
  • メール、LINEは問題なし

LTEのモバイル回線には月間7GBという通信制限があります。この制限が
かかるとインターネットは完全に使えなくなるイメージですが、実はある一定
の速度で通信できるのです!

調べてみると、128kbpsという通信速度が出るので、メールやLINEは問題なく
通常通りできますよ。更にネットサーフィンも時間がかかりますが、読み込める
のでいつもよりスローペースでなら使えます。

しかし、YOUTUBEや音楽のダウンロードは時間がかかり過ぎてしまって
タイムアウトになります。

■通信速度よりも安定性の方が大切!

インターネットを利用する上では速度よりも通信の安定性の方が重要となります。
モバイル回線はWIMAXよりもLTEの方が安定するのでLTEの方がストレスなく
快適にネットに繋がれますよ。

インターネットを始めるには何が必要?機械音痴ですが出来る?

■LenovoのPCを買ったけどインターネットするには何が必要?

  • インターネットに繋がる回線が必要
  • 回線の開通までには2週間~1ヶ月かかることも!

高性能なノートパソコンを買っても、それだけではインターネットに繋がる
ことはできません。インターネットに繋がるためには、回線が必要です。

調べてみると、通信回線はインターネットとプロバイダと呼ばれる会社のサービス
によって繋がります。

通信回線は街中にある電線の中に含まれているので、外からエアコンの配官口
などを通って家の中まで引き入れます。

家の中に引きいれた通信回線は、モデムと呼ばれる機器に繋がり無線LAN
ルーターにまで到達します。

無線LANルーターから電波でLenovoのパソコンやスマホなどへと繋がるわけ
ですね。モデムや無線LANルーターは通信回線を契約すると契約期間中、
レンタルできるので、購入する必要はありません。

通信回線は現在はフレッツ光をはじめとする光回線が主流なのです。
光回線は申し込みから実際に使えるようになるまで1カ月かかることもありますよ。

通信回線は、早めに申し込みをした方がよいですね。

■有線LANって何?難しすぎて理解できない

  • 有線LANは通信に必要な機器
  • 無線LANと違いケーブルでしか繋がれない

有線LANルーターは無線LANルーターのように、電波で通信をすることが
できません。有線LANルーターはケーブルでつながった機器としか通信
できないのです。

LANソケットにケーブルを差しこんでLenovoのパソコンと繋がったら、他の
通信機器のスマホなどではインターネットを利用できません。

無線LANルーターは、電波で通信をするので無線LANルーター1台で
複数台の通信機器と繋がることが出来ますよ。

最近は有線LANルーターよりも無線LANルーターの方が人気ですね。
一人暮らしの方でも無線LANルーターを選ぶ人が多いです。

■光回線が申し込みから実際に使えるようになるまで

  • 申し込みは公式サイトからの方がお得!
  • 工事費は通話回線よりも高額

光回線を申込みしてから実際に使えるようになるまでは時間がかかります。
まず、公式サイトからオンラインでっ申し込みをするのですが、家電量販店でも
申し込むことはできます。

しかし、家電量販店だと同時に家電を購入しないとキャンペーンの特典をもらえ
なかったりするので公式サイトからの方がお得で便利ですね。

申込をすると入力した住所が回線のサービスエリアに含まれているかどうかの
チェックが行われ、それが済むまでに数日から1週間かかりますよ。

その後、契約をし回線の設置工事日を決め、工事に立ち会って回線の設置工事
完了とすればインターネットを使えるようになるのです。

固定もかなり多いですし、手間もかかるのですが光回線はこうして環境を整えます。

■プロバイダを選ぶのも大切な契約工程

  • フレッツ光だと対応プロバイダは10社!
  • ブログをしたりメールの容量がいるなど使う内容に合わせて選びましょう

光回線の中でも特に人気の高い回線はフレッツ光です。フレッツ光を利用
するには済んでいる、アパートやマンションがフレッツ光に対応している
必要があるのです。

そして、光回線と同時に契約をしなければいけないプロバイダを選ぶ必要が
あります。プロバイダはインターネットと通信回線の架け橋。

それを契約しないことには、インターネットを利用できません。
フレッツ光の場合は対応しているプロバイダが10社あります。

料金やサービス内容がそれぞれ違うのですが、安いプロバイダが良いなら
月額500円のBB.exicite.が良いですよ。

ブログをしたりメールを出来るだけ保存しておきたい人は月額900円のSo-net
がイイですね。メールアドレスが4個もらえてメール保管箱なども無料で使えます。

また、ブログサービスも無料で内容量10MBのホームページも無料なのです。
インターネットを上で自分を発信したい人はこうしたサービス内容が充実している
プロバイダが合っていますね。

■解約をする時は契約更新月に行いましょう!

  • 契約した月を1ヶ月目とした25か月目が更新月

光回線を契約したもののイメージと違ったり使えなかったりしたときは解約に
なります。しかし、解約には違約金が発生するのでタイミングに気を付けましょう。

調べてみると契約月を1ヶ月目として25か月目が契約更新月で、その月内で
あれば違約金はかかりません。

それ以外の月だと違約金がかかります。フレッツ光の集合住宅向けプランの
場合は違約金が1,500円と割安です。しかし、慎重に契約をしてできるだけ
解約をしなくて済むようにしましょう。

機械音痴でも申し込みは公式サイトから簡単に出来るようになっていますし、
工事は立ち合っていればよいのですべての工程をお任せでやってもらえます。

固定回線を契約するのは、機械が苦手でもインターネットに詳しくなくても大丈夫
ですよ。またモバイル回線という無線での通信方法もあります。

WIMAXとLTEの2種類があり、安定性はLTEの方が高いですよ。

■仕組みとかどうでもいいから簡単に安くネットをする方法を教えて

  • モバイル回線が簡単で安い!
  • 申し込みから早ければ翌日に使えるようになる
  • WIMAXとLTEの2種類があり、特徴が違う

固定回線を自宅に設置するのは手間がかかり、とても面倒です。
工事自体は業者の方がやってくれるのですが、契約等の工程が
どうしても嫌ですよね?

そんな時は、モバイル回線という通信方法が便利なのです。

調べてみると、モバイル回線は無線通信でプロバイダの公式サイトで
申し込むことが出来るのです。

申込から早ければ翌日に自宅に通信端末が届き、簡単な設定後に
すぐにインターネットに繋がることが出来ますよ。

固定回線とは違い、無線通信ですので通信回線の設置工事もいりません。
コードレスでコンパクトな通信端末で家の中でも外でもインターネットが
使えるという嬉しいメリットがあります。

モバイル回線には、WIMAXとLTEの2種類があり、無制限で不安定になり
やすい通信が使えるのはWIMAX、月間7GBの制限つきで安定した通信が
使えるのがLTEですね。

毎月通信量が多いのであればWIMAXが良いですが、モバイル回線業界で
最安値の料金プランがあるのはLTEですよ。

■モバイル回線業界最安値の料金プラン

  • ヤフーwifiの303HWは月額2,743円
  • Yahoo!プレミアム会員の費用を足しても3,123円でお得!

LTEのモバイル回線の中で最も月額の利用料金が安いのはヤフーwifiです。
調べてみると、月額2,743円で月間7GBの通信量が使えます。

また、通信端末にテレビチューナー機能がついているので、タブレットなどで
外出先でもテレビを観られて、とっても便利ですよね。

ヤフーwifiを月額2,743円で利用するためにはYahoo!プレミアム会員を登録
する必要があるのですが、月額380円なので合計で月額3,123円なのです。

他のLTEの料金プランだと月額3,696円とか月額4,380円とかですので、
いかに安いかが分かるかと思いますよ。

回線がない分工事費はかからず契約事務手数料として3,000円と初月利用料
そして、ユニバーサルサービス料が4円かかります。

契約から半年間はYahoo!プレミアム会員の費用は無料ですので、初期費用は
5,747円でインターネットを始めることが出来ますよ。

通信端末代金と送料は0円です。固定回線の場合はフレッツ光だと回線工事費が
15,000円かかり、月額の利用料金も5,100円~ですのでフレッツ光の利用
料金くらいの金額でインターネットの環境が整うわけです!

契約の手間もかからず料金も安いのでインターネットに詳しくない人でも、
インターネットにお金をかけたくない人でも快適に使える通信回線ですね。

■通信量の制限は気にする必要がない?

  • ヘビーユーザー追い出しのための制限なので一般的なユーザーには問題ない
  • オンラインゲームも少しなら楽しめる!

LTEの通信量の制限7GBはスマホなどでも採用されていることが多い制限です。

どうしてこんな制限があるのかというと、高速で安定した通信をするためには、
通信回線が混雑しすぎないことが条件になります。

通信回線を混雑させてしまうのは、インターネットを毎日長時間利用するヘビー
ユーザーたちなのです。

このヘビーユーザーを追い出しための制限が7GBなので、一般的なユーザーは
普通にインターネットを使っていて制限にかかることはまずないです。

毎日1時間メールやネットサーフィンをして、1時間超高画質動画を見ているだけ
なら問題なく使えて制限に引っかかることはありません。

また、固定回線の安定性が必要なオンラインゲームも週末に少し楽しむ程度なら
問題なくできますよ。

毎日毎日ゲームをするのを欠かさない人は固定回線が必須ですが、少しだけ
楽しみたい人はLTEでもスムーズにプレイできます。

■時間帯によってインターネットが繋がりにくくなることも!

  • 平日は午後8時~午後11時がネットユーザーが増える時間帯
  • 休日は午前中が空いているので用は午前中に!

インターネットを利用する際は時間帯に注意をすると、より一層スムーズに
繋がることが出来ます。調べてみると、平日は午後8時~午後11時までが
1日の中で最もユーザー数が増える時間帯です。

また、休日は1日中ユーザー数が多いのですが午前中は空いているので
インターネットを使う用がある場合は午前中に済ませてしまいましょう。

時間帯に少し気を付けるだけで快適さがましますよ!

そして、モバイル回線は無線通信ですので、家の中で通信をする時は端末を
近くに置いたり、外出先で使うときはカバンから出して使ったりしてください。

モバイル回線の電波は意外と弱いので、ちょっとしたもので途切れたり電波が
弱くなったりします。

■通信エリア内でも繋がりにくいこともあります!

住宅の構造上の問題や周辺の建物の影響で電波が届きにくくなることもあります。
そうした事態になる前に契約を考えたら一度端末をレンタルしてお試ししてみましょう。
1日400円前後でレンタル出来ます!

固定電話なしでアパートでインターネットを始める方法は何?

■工事費無料でアパートにネットを引きたい(固定電話なし)

  • 固定回線で固定電話なしで工事費無料は現在はない
  • モバイル通信なら回線が不要なので工事費無料

インターネットを出来る限り安く始めたい場合、回線工事費が無料だと本当に
助かりますよね。しかし、調べてみると現在固定電話なしで契約して工事費
無料というキャンペーンを行っている固定回線はありません。

au光で行われている工事費無料キャンペーンは固定電話とインターネットの
セットですので、固定回線を工事費無料で利用し始めたい場合は固定電話
が必須となります。

そして、固定電話なしで工事費無料な通信回線はモバイル通信のみとなります。
モバイル通信は、持ち運べるコードレスな通信端末で屋内でも屋外でも利用
することができます。

モバイル通信には通信回線が必要ありませんので、回線工事自体がなく、当然
工事費もかかりません。

固定電話も必要ないので、固定電話なし、回線工事費無料でインターネットを
始めるならモバイル通信がよいでしょう。

■今は固定電話あり→なしにしたらネット代は下げられる?

  • 固定電話あり・なしのフレッツ光の料金を比較
  • 一人暮らしに固定電話+固定回線は必要ない

インターネットサービスを提供する会社はインターネットのサービスを提供
するだけではなく、固定電話のサービスなども行っています。

フレッツ光の場合は固定電話とセットになった料金プランはなく、月額のネット
利用料金5,100円~にひかり電話料金500円~が加算されます。

固定電話をなしにするとこの月額500円~の出費が減りますので、節約に
なります。au光も月額500円~の利用料金となっていますので、他の光回線
でも同じくらいの料金の節約になります。

また、固定電話は一人暮らしの場合スマホを持っていれば必要性はとても
少ないのですが、固定回線も一人暮らしには必要性が低いのです。

固定回線が必要な通信サービスはじつはオンラインゲームくらいなのです。
超高画質動画をYOUTUBEなどで見る際にもモバイル回線で事足ります。

インターネットのすべてのサービスを利用するのは、高速な通信でなくても
問題ないのです。

■インターネットのすべてのサービスを利用するのに必要な通信速度は?

  • 5Mbpsもあれば十分インターネットを活用できる
  • 超高速通信をフルに生かすには最新のパソコンが必要
  • 一般的なユーザーならモバイル回線で問題ない

固定回線が必要なのはオンラインゲームが趣味で毎日のようにゲームを
楽しみたい一部のユーザーのみです。それ以外のユーザーであれば
モバイル回線でも十分快適にインターネットを利用することが出来ます。

調べた結果、インターネットのさまざまなサービスを利用するのに必要な通信
速度は以下のとおりです。

通常のサイト 約1Mbps

YOUTUBE
低画質動画 約0.5Mbps
中画質動画 約1Mbps
高画質動画 約2Mbps
超高画質動画 約3.5Mbps

Gyaoなどの動画提供サイト 約2.5Mbps
オンラインゲーム 約2Mbps

このように、全てのインターネットサービスを利用するためには通信速度が
5Mbpsくらいあれば利用することが可能となっています。

また、オンラインゲームは安定した通信環境が必要となりますが、超高画質な
動画を見る時でも動画のデータを読み込むときだけ通信がスムーズであれば
後は最低限の安定性さえ確保されていれば問題なく閲覧できるのです。

モバイル回線でも通信速度は5Mbps以上出ますし、通信を行うのに必要な
最低限の安定性もあります。

一般的なインターネットサービスしか利用しない人であれモバイル回線でも
十分です。

また、固定回線のように快適な通信環境をフルに生かすためには、最新式
の高性能パソコンが必要となります。最新ではない一般的なパソコンでは
固定回線の通信環境が十分に生かせないのです。

■繋がりやすいモバイル回線を選びましょう

  • レンタルをして実際に使ってみるのもあり
  • 通信エリアでも繋がるとは限らない

モバイル回線にはLTEとWIMAXの2種類がありますが、通信エリアはそれぞれ
違います。モバイル回線を契約する前にレンタル業者で通信機器を借りて、実際
に使ってみると良いかもしれません。

レンタル業者はオンラインで申し込が出来るので空いた時間にいつでもレンタル
出来ます。また、通信エリア内に入っていたとしても周辺の環境などに左右され
やすい無線通信ですので、スムーズに繋がらないこともあります。

一般的にLTEの方が安定しやすくWIMAXは途切れやすいのですが、周囲に
障害物があるかどうかで通信環境を大きく変わり、WIMAXの方が繋がり
やすいこともあるのです。

レンタルで実際に使ってから決めましょう。

■家電量販店での契約はやめておきましょう

モバイル回線は家電量販店でも契約することが出来ます。

しかし、キャッシュバックは家電とセットでの購入が条件だったり、
オンラインでは0円の端末は有料だったりと決してお得ではありません。

プロバイダの公式サイトから申し込みをしてください。

■2年縛り、1年縛りがないネット回線はある?

  • 固定回線にはない
  • モバイル回線ではWIMAXに3種類あるが料金は割高
  • モバイル回線では引っ越しの際に解約する必要はない

インターネットの契約の際にどうしても、避けて通れないのが2年縛りや1年縛り
の最低利用期間です。この最低利用期間中に解約するとなると違約金が発生
してしまいます。

違約金の心配がなく、いつでも解約できるような2年縛り・1年縛りがない回線は
ないのでしょうか?調べてみました。

まず、固定回線では2年縛りがない回線はありません。最低利用期間ないでの
解約には必ず違約金を支払うようにしましょう。

そして、モバイル回線と呼ばれるコードレスな通信機器を利用したネット回線には、
2年縛りや1年縛りがないものもあります。

WIMAXという通信端末の料金プランでは、以下の料金プランに縛りがありません。

「UQ Flat完全定額プラン」 月額4,267円
「UQ Step 2段階定額プラン」 月額362円 上限月額4,743円
「UQ 1Day 1日利用プラン」 1日572円

この3つの料金プランには縛りがないのですが、まずWIMAXは通信速度が遅く
動画などの読み込みに時間がかかってしまうことがあります。

また、WIMAX2+という高速通信を使い放題りようできる料金プランは月額
4,380円ですので、低速な通信であるにもかかわらず料金はWIMAX2+
よりも高くなります。

月の途中での解約になるとその月の使用した分の料金を支払うことになります。
1日ごとに料金を支払う「UQ 1DAY」は日額572円ですので、1か月を30日として
月額に換算すると、17,160円になってしまいます。

最低利用期間がなく違約金がかからない代わりに、料金が割高に設定されている
のです。

しかし、モバイル回線は引っ越し先も通信エリアであればそのまま利用し続ける
ことができます。引っ越しに伴った解約はしなくても良いのです。

■jcomなどのネット料金の相場

  • jcomでは月額8,524円
  • 一人暮らし向きではない料金プラン
  • jcomネットは最低利用期間が半年

jcomでは85チャンネルのテレビサービス、12Mbpsまでのネットサービス、
固定電話のセットで月額8,524円となっています。

jcomなどのケーブルテレビではテレビサービスとネットサービス、固定電話
のセットのような世帯主向けのサービスしかありません。

一人暮らしで手軽にインターネットをはじめたい人や固定電話はいらない人
などは必要ではないサービスが多く、利用料金も高額です。

また、jcomにも契約から6ヶ月間という最低利用期間はあります。この間に解約
をすると、残余期間の基本料金が請求されます。

また、解約により回線撤去工事も必要となりますので、回線撤去工事の費用
2,000円~6,000円かかります。

モバイル回線であれば月額3,696円など、5,000円以下で利用できますので、
一人暮らしであれば、こちらの方が向いています。

■違約金がかかっても乗り換えた回線のキャッシュバックで取り戻すことが出来る!

  • モバイル回線のキャッシュバックはかなり高額
  • 契約から数カ月後に受け取る仕組み

ネット回線には基本的に2年縛りや1年縛りがあります。解約が最低利用期間で
あった場合、違約金を支払うことになるのですが、それは乗り換えた回線の
キャッシュバックで取り戻すことが出来ます。

調べてみるとモバイル回線の契約で受けられるキャッシュバックは20,000円
以上のものもあり、違約金を取り戻すことが出来るのです。

また、モバイル回線は通信端末が0円だったり、回線を利用しないので回線
工事費が不要だったりと安く始めることが出来ます。

WIMAXというモバイル回線のプロバイダである「とくとくBB」でオンラインで
申し込をすると最大26,750円のキャッシュバックを受けることが出来ます。

お得なのですが1つ注意点があり、キャッシュバックは契約月を含む11か月目に
「ご指定口座確認通知メール」が送られてくるので、返信をしないと受け取れません。

このような仕組みをとることで、キャッシュバックの受け取り忘れが増え、とくとく
BB側は損をしないで済むのです。契約を済ませたら手帳にキャッシュバックを
受け取る月にメモしておきましょう。

乗り換える回線をお得なものにすることで、違約金で損をした分をカバーするという
方法もあります。

■オンラインゲームをするにはモバイル回線は不向き

モバイル回線でも基本的なインターネットサービスは問題なく利用できます。

しかし、オンラインゲームは安定した通信環境が必須となりますので、固定回線
でないとスムーズに楽しむことはできません。

オンラインゲームをしたい場合は2年縛りがありますが、フレッツ光やjcomなどの
固定回線を契約しましょう。

■モバイル回線ならWIMAXよりもLTE回線の方が安定しやすい

モバイル回線でお得なキャッシュバックがあるのはWIMAXなのですが、
安定性はLTE回線の方が優れています。無線での通信はすぐ途切れて
しまいそうで不安という場合はLTE回線の方が安心です。

アパートでフレッツ光を利用すると料金は月5千円以上かかる?

■フレッツ光の料金は最低5千円以上?アパートの場合

  • アパートが3戸以上の場合は戸建てプランになるので5千円以上
  • 4戸以上であれば集合住宅プランで5千円以下
  • 集合住宅の戸数によって料金が違う理由

フレッツ光は安定した高速通信が出来ることで、年々サービスエリアを拡大
しているのですが、月額の利用料金が高額なことで有名です。

アパートの場合では、月々いくらくらいの利用料金なのでしょうか?
詳しく調べてみました。

まず、アパートが3戸以下の規模であれば集合住宅ではなく戸建てプランが
適応されます。戸建てプランは月額5,100円~ですので、やはり5千円以上
ということになります。

しかし、アパートが4戸~7戸の規模であれば、集合住宅の4戸以上タイプが
適応されますので、月額4,450円となります。

8戸~11戸の場合は月額3,850円~ですので、さらに安くなります。

また、利用料金が高額なイメージのあるフレッツ光ですが、他の光回線でも
小規模な集合住宅や戸建ては月額5千円前後となっており、他の回線と
比べても、あまり差はありません。

しかし、同じ集合住宅なのにどうして規模によって料金が違うのでしょうか?
その理由は集合住宅の通信回線のしくみにあります。

集合住宅の通信回線は外の電線から1本の回線を引きてきて共同スペース
である階段などまで繋げます。そこから回線を枝分かれさせて、各部屋へと
電波を届けるのです。

もともと1本の回線を集合住宅の契約者全員で利用しているので、1本の回線
の料金を全員で分割して支払っている形になります。

集合住宅の戸数が多く1本の回線の利用者が多ければ、ひとりひとりが負担する
料金も安くなるのはこのためです。

しかし、戸数が多くなり利用者が増えれば1本の回線が混雑する頻度が高くなり、
通信速度が落ちてしまいます。

戸数が少なければ料金は5千円以上だけど速度は速く、戸数が多ければ料金は
5千円以下だけど、速度は遅くなるのです。

■プロバイダの料金はフレッツ光とは別にかかる?

  • プロバイダの役割とフレッツ光の役割の違い
  • 役割も会社も違うので料金は別
  • 契約は同時、解約は別なので注意が必要

フレッツ光に契約すると同時にプロバイダとも契約をします。プロバイダの
料金はフレッツ光と別なのですが、その理由についてしらべました。

まず、プロバイダの役割とフレッツ光の役割は全く違います。

プロバイダはインターネットを通信回線をつなぐ役割を果たすので、通信機器
などのレンタルがありません。サービス提供のみとなります。

フレッツ光は回線工事をしたり、通信機器をレンタルしたり物理的な提供と
サービス提供両方があるのです。フレッツ光は通信回線ですので、
プロバイダがなければインターネットに繋がることはできません。

また、プロバイダはOCNやBIGLOBEといった会社でNTTではないので、
会社自体も全く違います。サービス内容も役割も会社も違うため、料金が
別でかかるのです。

また、契約はフレッツ光と同時に行えるのですが、解約は別で申し込む
必要があります。プロバイダ解約のし忘れがないようにご注意ください。

■一人暮らしに本当に光回線は必要なの?

  • 光回線はオンラインゲームwしない場合は不要
  • もっと手軽なモバイル回線が一人暮らしの人に人気

月々5千円前後かかってしまう光回線は契約にも手間がかかり、回線
設置工事などがあるため、工事費も自己負担となります。

一人暮らし引越しはただでさえ大変なの手間も費用もかけたくないですよね。
もっと手軽な方法を調べました。

まず、光回線はオンラインゲームが趣味の人以外は必要ありません。
メールとネットサーフィン中心ならモバイル回線という携帯式の通信
機器を使った通信環境で十分なのです。

最近の一人暮らしをしている人はモバイル回線を選ぶ人がほとんどです。

■2種類あるモバイル回線、無制限はWIMAX、安定するのはLTE

  • 一般的なネット利用者にはLTEがピッタリ
  • 通常プランの月額は3,696円とお得

手軽なモバイル回線には2種類あります。WIMAXは通信が不安定に
なりやすい代わりに月間の通信量が無制限で好きなだけインターネット
を利用できます。

LTEは月間の通信量が7GBまでと決まっている代わりに安定した通信が
行えます。ヘビーユーザーの場合はWIMAXの環境が良いですが、通常の
範囲内でしかネットを利用しない場合は、LTEが良いでしょう。

WIMAXでもLTEでも通常の料金プランは月額3,696円ととてもお得な
料金設定です。

■LTEに通信制限があり、WIMAXにはない理由

  • LTEの高速で安定した通信品質を確保するための制限
  • WIMAXの無制限は条件付き

LTEには通信制限があり、WIMAXには制限がない理由を調べてみました。
LTEは高速で安定した通信が出来る無線通信です。

無線通信で安定した通信を確保するためには回線が混雑しないことが条件と
なります。回線の混雑を引き起こすのはインターネットのヘビーユーザーたちです。

このへビーユーザー締め出しのために制限が設けられているので、通常の
範囲内で利用していれば問題の無い制限となっています。

また、WIMAXは無制限で利用できますが、細かい条件つきです。
好き放題利用できるというわけではないので注意をしてください。

■フレッツ光対応アパートってあるけど家賃に上乗せされてる?

  • インターネット無料となっていれば上乗せされている
  • フレッツ光対応という記述だけなら家賃とネット料金は別

フレッツ光に対応しているアパートに引っ越しを考えている場合は、
家賃やネット利用料が気になりますよね。

中には、家賃にネット料金が上乗せされているアパートもありますが、フレッツ
光に対応しているからと言って、家賃に上乗せされているとは限りません。

調べてみると、「インターネット料金無料」や「ネットただで使い放題」という記述
があるアパートは家賃にネット料金を上乗せして、お得に見せているだけです。

しかし、フレッツ光に対応しているだけのアパートは家賃とは全く別でネット料金
が請求されます。また、請求だけではなく、契約も別ですのでネット契約をしなく
ても良いというメリットもあります。

家賃に上乗せされているアパートでは、本来の家賃+ネット料金が毎月請求
されますので、ネット契約は必須となります。

家賃にネット料金が上乗せされていると本来の家賃もネット料金も不透明です
ので、フレッツ光に対応していてネットは有料のアパートの方が料金詳細が
はっきりしています。

■スマホとパソコンをwifiでネットする方法2つ(無線LANとモバイルwifiルーター)

  • 無線LANルーターでネットにつながる方法は固定回線
  • モバイルwifiルーターは手続き・工事は不要

インターネットをスマホやパソコンで利用するのにwifiで電波を飛ばす方法があります。
このwifiとは親機と子機で成り立っており、親機は無線LANルーターやモバイルwifi
ルーターのことをいいます。

そして、子機はスマホやパソコン、タブレットのことを言います。wifiを飛ばしてネットが
したい場合は、無線LANルーターかモバイルwifiルーターを用意しましょう。

無線LANルーターとモバイルwifiルーター、2つの用意の仕方について調べてみました。
まず、無線LANルーターは固定回線との契約が必須となります。

外から引き伸ばした通信回線を部屋まで引き入れ、モデムと呼ばれる機器に繋いで、
モデムからケーブルで無線LANルーターに繋がり、そこから電波を飛ばしてスマホ
などと通信を行うのです。

固定回線と契約をすると、回線の提供会社からモデムと一緒に無線LANルーターも
レンタルすることが出来ます。解約をする場合はモデムと無線LANルーターの返却が
必要となります。

もう一つのモバイルwifiルーターはプロバイダの公式サイトから直接申し込みをして
通信端末が家に届く仕組みです。インターネットともwifi子機とも無線で繋がるため
回線が不要です。

また、通信端末は契約と同時に購入する形になりますので、解約後も手元に残ります。

■モバイルwifiルーターの仕組み

  • WIMAXとLTEの2種類あり電波の種類が違う
  • 用途に合わせて選びましょう

モバイルwifiルーターは無線で通信を行います。そのため通信エリアで電波が
届く範囲であればいつでもどこでもネットと繋がることが出来るのです。

調べた結果、モバイルwifiルーターにはWIMAXとLTEの2種類があり、
それぞれに特徴があります。WIMAXは2.5GHzという高い周波数帯で
通信を行うので高速ですが、途切れやすい電波を使います。

LTEは4つの会社がありますが、ワイモバイルだと1.7GHzというそれほど
高くない周波数帯で通信を行うので通信が安定しやすく電波も途切れにくいのです。

WIMAXは途切れやすい電波である代わりに高速で無制限で利用できます。

LTEは途切れにくく高速ですが毎月通信量の制限があり、7GBという通信量を
超えると速度がメールとLINEが出来るけれど、他のサービスは利用しにくい
くらいの速度に落ちてしまいます。

通信の安定性よりも通信料を確保したい場合はWIMAX、通信量よりも安定性を
確保したい場合はLTEと、用途に合わせて選びましょう。

■解約のタイミングを心配する必要がないので安心

  • 引っ越しの際も手続きなしでそのまま使える
  • 固定回線は移転工事費などがかかり違約金が必要な場合もある

モバイル回線でも固定回線でも契約から最低利用期間である2年間は継続して
使い続ける必要があります。

調べた結果、モバイル回線は引っ越しの際も手続きなしで新しいアパートでも
使い続けることが出来ます。

ただ、引っ越し先がモバイル回線のサービスエリア内である必要がありますので、
引っ越し前に公式サイトで確認をしておきましょう。

そして、固定回線の場合は引っ越しをする際に移転手続きをする必要があります。
移転に伴い回線も引っ越しをするのでその費用として移転費がかかります。

また引っ越し先がサービスエリアでなかった場合はモバイル回線でも固定回線
でも解約をすることになりますので、違約金が発生します。

インターネットの契約方法はアパートの場合はどこに電話する?

■今度引越し予定です。アパートのネット回線ですが解約と申し込みはどこに電話すればいい?

  • 解約は使用している回線の提供会社へ電話しましょう
  • プロバイダへの電話も忘れずにしましょう
  • 回線の設置工事が必要となる
  • 申し込みは公式サイトからオンラインでできるので簡単

一人暮らしを今までしていたアパートを引っ越す場合は、さまざまな手続きが
必要となります。特に面倒に感じるのはインターネットの手続きですね。

調べてみると、インターネットを解約する場合は以下の場所へ電話をする
必要があるのです。

  • インターネット回線の提供会社(フレッツ光やau光など)
  • プロバイダの会社(OCNやBIGLOBEなど)

この2か所への電話を忘れずにしましょう。特にプロバイダは回線と同時契約
は出来ても、同時解約はできない仕組みになっています。

解約忘れの場合は、利用していないにも関わらず毎月料金が引き落とされる
ことになりますので、解約し忘れにご注意ください。

また、インターネット回線を解約する場合は回線の撤去工事が必要となります。
回線の撤去工事は住宅事情にもよりますが、30分以内には終わります。

そして、新しいインターネット環境を契約する時には、引っ越し先のアパートが
対応しているネット回線を確認してからその会社の公式サイトでオンラインで
申し込をしましょう。

電話でも受け付けているのですが、オンラインの方が手続きが簡単で早く
済みます。回線とプロバイダは同時契約が可能です。

■ネットするのに固定電話は必要?

  • ADSLには必要なプランもあるが、なくても問題ない
  • 光回線は通話とは別回線なので不要

インターネットの解約方法と契約方法が分かったところで、次はネット契約に
必要なものを確認していきましょう。

調べた結果、通話回線を利用して通信を行うADSL回線では固定電話が必要
な料金プランもあるのですが、固定電話がなくても利用できるプランもあります。

その場合は、ADSL専用線を敷設する必要があります。

そして、光回線の方は、固定電話がなくても問題なく契約出来ます。その理由は
光回線は光ファイバーと呼ばれる回線を利用して通信を行うので、通話回線とは
全く別だからです。

しかし、光回線には固定電話とインターネットがセットになっているものもあります
ので、固定電話を希望する場合はセットの方がお得です。

一人暮らしには固定電話が必要になる機会が少ないので、光回線ではなく、
ADSL回線を契約する場合は専用線の設置を行いましょう。

■固定回線の通信環境が贅沢すぎる?

  • オンラインゲームをする場合は必要
  • メール・SNS・ネットサーフィンが中心なら不要

新しいアパートが対応しているインターネット回線の会社の料金が高額だった
場合、契約するのに抵抗を感じますよね?

そうした場合は実は契約をしなくても良いのです。調べてみると、インターネット
回線はアパート全体で対応していないと、そのアパートの住人がインターネット
を使うことが出来なくなってしまいます。

そのため、インターネット回線が来ているというだけで回線への契約は強制
ではないのです。

光回線のような高速で安定しているネット環境が必要なのは、実はオンライン
ゲームを頻繁に行うユーザーくらいです。メール・SNS・ネットサーフィン中心の
人は、固定回線の環境が必要なく、モバイル回線という通信手段が適しています。

■モバイル回線とはどういった通信手段?

  • 無線の通信機器で屋内でも屋外でもネットが出来る
  • 月額の利用料金や初期費用なども割安

モバイル回線とは固定回線とは違い通信回線を必要としません。調べてみると、
無線で通信できる機器を使い、スマホやパソコンをネット接続するので、屋内
でも屋外でも通信エリアであれば好きなところで繋がります。

申し込みは公式サイトからオンラインで出来て、数日のうちに通信機器が自宅に
届き、簡単な設定をするだけで通信し始めることが出来ます。

回線工事も面倒な手続きも一切必要なく、引っ越しの際にも手続き不要で
そのまま新しい住宅で使うことが出来るのです。

利用料金もフレッツ光ですと、月額5,100円~と高額ですが、モバイル回線の
LTEなら月額3,696円で利用することが出来ます。

LTEは契約料も3,000円で安く、フレッツ光では工事費があるため、初期費用
は18,800円です。かなり節約となります。

■月間の7GBという通信量はどれくらい?

  • 一般的なユーザーには余裕のある通信量

モバイル回線のLTEには月間7GBまでという通信料の制限があります。
この制限はどれくらいの通信量を利用すると達するのでしょう?
調査の結果がコチラです。

メールだと 約1,870万通
通常のサイトだと 約50,600ページ
超高画質動画だと 約33時間
音楽のダウンロードだと 約1,790曲

この通信量を1ヶ月に利用できるので毎日1時間メール・SNS・ネットサーフィンを
して、もう1時間超高画質動画を見ても余裕のある制限なのです。

通信制限はヘビーユーザー対策なので一般的なユーザーには問題ないものです。

■NTTの回線料金+プロバイダで月額6千円は相場からして高い?

  • NTTの回線以外の固定回線の料金との比較
  • 光回線は専用の回線が必要なため高額になる

NTTの回線料金+プロバイダで月額6千円が毎月かかってしまうと、かなりの
家計の圧迫になりますよね。節約をしたいのは世帯主でも一人暮らしでも同じ
ことです。

NTTの回線料金+プロバイダ料金は、相場と比べて高額なのでしょうか?
他の回線と比較してみました。

au光 回線料金+プロバイダ料金=月額5,100円~
eo光 回線料金 月額4,953円ですが、キャンペーン中は月額2,953円

このように、キャンペーン中であるeo光よりはかなり高額となりますが、通常の
料金でみてみると、他の光回線と大きな差はありません。

また、フレッツ光の初期費用は18,800円ですが、au光は通常33,000円が
工事費の30,000円がキャンペーンで相当額を割引してもらえ、eo光も契約料
3,000円で無料で回線工事をしてくれます。

キャンペーン期間中であればお得なのはフレッツ光も同じことです。
フレッツ光と他の光回線に大きな差はありません。

また、一昔前までインターネットはADSL回線という電話回線を使って通信を
していました。銅線でできている回線ですので、電波に対する抵抗が大きく
通信する距離が遠ければ遠いほど、電波の速度が遅くなりました。

しかし、最近主流の光回線はガラス繊維で出来ている光ファイバーという
回線をつかって通信を行います。

ですので、電波に対しての抵抗が少なく通信する距離が長くても速度が
あまり落ちたりしないで通信をすることができるのです。

しかし、ガラス繊維でできている通話回線とは全く別の回線で通信を行うため、
新しく回線を全国に通す必要があります。

かなりの費用が掛かるため、利用料金もADSLに比べて高額となるのです。
ADSLは最も安い料金で月額2,850円です。

1Mbpsというとても遅い通信速度までしか利用できない料金プランですが、
ネットサーフィンとメールのみなら通信できます。

■無線LAN、wifiでネットする場合、何が必要

  • wifiには親機と子機がある
  • 無線LANには回線、モデム、LANルーター、スマホなどの機器

インターネットをする際に、wifiを使う方法があります。wifiについて調べてみると、
wifiには親機と子機があり、このwifi親機が無線LANルーターなのです。

そして、wifi子機がスマホやパソコン、タブレットといった通信端末です。
wifiを利用してインターネットを使う場合は、どのようなものが必要なのでしょう。

まず、インターネット回線は外の電線の中にあります。ですので、電線から回線を
延長して部屋の中へ引き入れていきます。

部屋の中に引き入れられた回線はモデムと呼ばれる機器につながります。
このモデムはフレッツ光などから契約中の間、レンタルする形となります。

そして、モデムからケーブルでwifi親機である無線LANのルーターに繋がります。
無線LANルーターから電波でwifi子機であるスマホやパソコンへと繋がるのです。

つまり、wifiを利用した通信環境の場合は、通信回線、モデム、ケーブル、LAN
ルーター、スマホなどの端末が必要となります。モデムと無線LANルーターは、
通信会社よりレンタルしまうので解約と同時に返却が必要です。

■返却不要で持ち運べる無線LANルーターは?

  • 返却不要で持ち運べる無線LANルーターはモバイルwifiルーター
  • コードレスで軽量なので外出先でも使える

固定回線の無線LANルーターはレンタルで解約と同時に返却が必要です。
では、契約と同時に購入出来て返却不要な無線LANルーターはないのでしょうか?

調査の結果、モバイルwifiルーターという無線LANルーターは契約と同時購入で
あることが分かりました。モバイルwifiルーターは、インターネットともwifi子機とも
無線で繋がるタイプのルーターです。

プロバイダの公式サイトからオンラインで申し込をすることが出来、契約と同時に
ルーター本体を購入することが出来ます。多くのプロバイダでルーター本体は0円、
もしくは1円です。

初期費用は回線がないため工事費が必要なく契約料3,000円のみで、利用し
始めることが出来ます。

■無線通信の安定性は大丈夫?

  • オンラインゲームなどの高い安定性がいるサービスが無理
  • メールやネットサーフィンくらいなら問題なく利用できる
  • 周辺の環境に左右されやすい

無線での通信となると心配なのは安定性です。スムーズにインターネットが
利用できるかどうかを調べました。

まず、オンラインゲームなどの高い安定性が必要となるサービスは利用する
ことが出来ません。

しかし、メールやネットサーフィン、たまに動画を見るくらいの利用であれば問題
なく通信が出来るので一般的なインターネット利用者には向いている環境と言えます。

しかし、電波がそのまま外を往復するので周辺の建物にぶつかったり木などに
ぶつかったりして不安定になります。

モバイルwifiルーターにはLTEとWIMAXという2種類がありますが、LTEの方が
安定しやすいので安定性が心配な場合はLTEを選びましょう。

インターネットで最も安い4戸アパート向けの回線はどれ?

■4世帯(4戸)のアパートで一番安いプランは?

  • 4戸以上の集合住宅であれば料金が安くなる
  • 1つの回線の料金をアパートの住人で割り勘で支払うため

固定回線を賃貸アパートに引く際は、アパートが対応している回線でないと
引くことが出来ません。

その理由を調べてみると、電線から通信回線を引いてきて階段などの共同
スペースにまで伸ばしたら、各部屋へ回線を枝分かれさせていくからです。

それぞれの部屋で別々の回線を利用しようとすると回線を何本も電線から
引いてこなければならないことになり、予算などの問題からできないのです。

引越し先のアパートがフレッツ光に対応している場合は、もっとも安いプランは
以下のようなプランとなります。

「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」
月額利用料3,950円 + プロバイダ料金500円~ = 実質4,450円~

このプランは集合住宅の戸数が3戸以下だと月額5,100円~になってしまう
のですが、4戸以上であれば回線の料金を割り勘する人数が増えるので
月額4,450円~となります。

集合住宅では共同スペースまで1本の回線で通信をしており、途中で
枝分かれしてそれぞれの部屋へと繋がっていきます。

ですので、もともと1本の回線の料金を集合住宅の住人全員で割り勘して
支払う仕組みとなっているのです。

戸数が少なければ、割り勘する人数も少ないので一人頭の料金は高くなり、
戸数が多ければ一人頭の料金は少なくなります。

しかし、戸数が少ない方が1本の回線の利用者が少ないので回線が混雑
することがほとんどなく、スムーズに繋がります。

戸数が多いと料金が安くなる半面、回線が混雑する可能性が高くなり
通信がスムーズに出来ない状況になることもあります。

集合住宅の通信回線は、その住宅の規模や住人のネット利用の頻度に
大きく影響をうけてしまうモノなのです。

■10戸以上でなければ戸建ての料金で高くなるって本当?

  • 3戸以下の場合は戸建ての料金プランになる
  • 集合住宅の規模とプラン・月額の利用料金
  • 戸建ての料金との比較

フレッツ光の集合住宅向けプランは、集合住宅の規模によって利用料金が
変わって来ます。1本の回線を分割して利用するため住人全員で料金を
割り勘するからです。

集合住宅の規模が10戸以下ではなく3戸以下の場合は戸建ての料金プランと
なるのですが、4戸以上であれば集合住宅プランが適用されます。

しかし、規模ごとに利用料金は違ってきます。
集合住宅の規模ごとの月額料金を調べてみました。

4戸以上契約が見込める(4戸以上部屋数がある)場合
月額 実質3,950円 プロバイダ料金500円~ 合計4,450円

8戸以上契約が見込める場合
月額 実質3,350円 プロバイダ料金500円~ 合計3,850円

16戸以上契約が見込める場合
月額 実質2,950円 プロバイダ料金500円~ 合計3,650円

そして、集合住宅が3戸以下の場合は集合住宅であっても、戸建ての
料金プランとなります。戸建ての料金プランはこちらです。

3戸数以下の集合住宅の場合・戸建て向けプラン
月額実質4,600円 + プロバイダ料金500円~ = 合計5,100円~

■プランによって工事費にも差が出てきます!

  • 集合住宅プランと戸建てプランの工事費

また、回線がアパートの階段や通路までしか来ておらず部屋まで届いて
いない場合は、自己負担で回線の設置工事を行うのですが、その工事費
もプランによって違います。調べた工事費は以下のとおりです。

回線を設置する工事の費用

4戸以上の集合住宅 15,000円
3戸以下の集合住宅 18,000円

そして、契約料は集合住宅プランでも戸建てプランでも800円と同じです。

■オンラインゲームをしない人ならモバイル回線でも十分

  • 一般的なネットサービスには固定回線程の安定性が必要ない

オンラインゲームをする場合は安定性の高い通信環境が必要となりますので、
固定回線でなければいけません。

しかし、オンラインゲームをしない一般的なインターネット利用者の場合は、
わざわざ固定回線を引かなくてもモバイル回線で十分なのです。

モバイル回線について調べた結果がコチラです。

モバイル回線とは持ち運びができる通信端末で無線でネット接続する方法の
ことを言います。屋内でも屋外でも通信エリア内で繋がる環境であればどこで
でも通信が出来るというメリットがあります。

その反面、無線での通信ですので固定通信のような安定性のある通信は
できません。LTEとWIMAXの2種類があるモバイル回線ですが、LTEの
方が電波強度が強く安定性は高いです。

WIMAXは安定性が低いのですが、無制限で好きなだけ通信を利用すること
が出来るので、毎日多くの時間ネット環境が必要な人はWIMAX、安定した
通信環境が欲しい人はLTEが良いでしょう。

■固定回線でも無線回線でも最低利用期間は2年間

固定回線でも無線回線でも契約から2年間は最低利用期間となり、解約を
する場合は違約金が発生します。

2年間快適に利用できるよう、しっかり契約内容を確認しましょう。

■実家はフレッツ光加入済み、一人暮らし先でフレッツ光モバイルパックLTEは使える?

  • 契約は実家で行う必要がある
  • キャリア会社との契約とSIMカードが差しこめる端末が必要

フレッツ光が提供してるフレッツ光モバイルパックLTEはフレッツ光のサービスに
契約していることが条件となります。

調べてみると、実家がフレッツ光に契約している場合でもフレッツ光の契約者で
なければ利用できないので、実家で契約してもらいましょう。

また、フレッツ光モバイルパックLTEのサービスを利用するにはキャリア会社と
の契約、そしてSIMカードを差しこめる端末が必要となります。

SIMカードを差しこめる端末とは、SIMフリーのスマホかタブレットのことをいいます。
実家でフレッツ光モバイルパックLTEに契約してもらい、自分ではSIMフリーの
スマホを契約すれば利用できるようになります。

しかし、もっとも高額な料金プランである「モバイルくん なっ得プランforフレッツ」
でも月間5GBの通信量しか通信をすることができません。

フレッツ光モバイルパックLTEのこの料金プランは月額は2,900円なのですが、
ヤフーwifiという会社のモバイルwifiルーターという通信機器を使った方法では、
月額2,743円で7GBまで通信を行うことが出来ます。

フレッツ光モバイルパックLTEよりもお得なモバイルwifiルーターを利用した
通信環境の方が一人暮らしの方には合っているかと思います。

■モバイル回線でネットする場合、WIMAXとLTEの違いを知りたい

  • モバイル回線は手軽に始められる
  • WIMAXは無制限で不安定、LTEは制限ありで安定性が高い
  • オンラインゲームをするなら固定回線が必要

フレッツ光モバイルパックLTEよりもお得なモバイル回線は、どのようなもの
なのかご説明いたしましょう。

調べた結果、モバイル回線はサイトからオンラインで申し込むことができます。
クレジットカードと口座振替の2つの支払い方法が選べ、申し込みから1週間
以内に通信機器が自宅に届きます。

簡単に済む設定を行ったらすぐにインターネットにつながるようになるので、
インターネットの知識がない方でも問題ありません。

モバイル回線にはUQ WIMAXという会社が所有している通信回線を使う
WIMAXと、DOCOMOやauなどの通信会社が所有しているLTE回線を利用
して通信を行うLTE対応のものがあります。

WIMAXは月間の通信量の制限がなく好きなだけ利用することが出来るので
1日中ネット環境が必要な方に向いています。しかし、通信が途切れやすく
安定性には欠けます。

LTEは月間7GBという通信料の制限があるものの電波が途切れにくい
のでネットはそこまで多く使わないけれど、安定した通信環境が欲しい
方に向いています。

しかし、安定性に優れていると言っても固定回線程ではありませんので、
オンラインゲームを利用したい場合は、モバイル回線ではなく固定回線の
方が良いです。

■LTE対応のヤフーwifiなら午後3時までの申し込みが良い!

  • 午後3時までに申し込みをすると翌日に通信端末を発送してくれる
  • Yahoo!ウォレットが使えるのでスピーディー
  • 引っ越しの際は手続きなしでそのまま使える

モバイル回線としては安定性の高いLTEに対応しているヤフーwifiは
公式サイトからの申し込みを午後3時までにすると翌日に通信端末を
発送してくれます。

調べてみると、Yahoo!ウォレットのサービスを利用することでこうした
スピーディーな対応が出来るようです。

Yahoo!ウォレットとは登録料・利用料は一切必要なく支払いに使うクレジット
カードや銀行の情報を登録しておくだけで利用できるインターネット上の
財布のことを言います。

Yahoo!JAPAN以外でも対応しているサイトであれば使えるので、幅広く
利用できるサービスです。

このYahoo!ウォレットに対応しているヤフーwifiは、万が一急に引っ越しをする
ことになっても手続きなしで引っ越し先でもそのまま使うことが出来ます。

■契約時のサイトはプリントアウトしておきましょう

  • 最低利用期間2年間のうちにサイトの内容は大きく変わります

モバイル回線でも固定回線でも最低利用期間は2年間です。
この間に解約をすると違約金がかかります。

また、2年間のうちに公式サイトに記載されている内容は大きく変わるの
ですが、契約者にはその告知はありません。

契約時のサイト内容を忘れないようにプリントしておいて、サイトが更新
されたら内容が変わったかを確認できるようにしておきましょう。

■契約をした日を手帳に書いておきましょう!

最低利用期間は2年間もあるのでいつごろ契約したのかを忘れてしまう
可能性もあります。

手帳に書き込んでおけば忘れてしまっても問題ないですし、最低利用期間
が終わって契約更新月になるタイミングも分かります。契約更新月は違約金
を支払わないで解約が出来る月ですので、把握しておく必要があるのです。

契約から25か月目ですので、その月のうちに解約をしましょう。

アパートでインターネット接続は工事ありも工事なしも許可必要?

■アパートでインターネットするには工事は必要?

  • 固定回線の場合は回線設置工事が必要となる
  • 回線設置工事にはフレッツ光だと18,000円かかる

アパートでこれからインターネットを始める場合は、工事が必要な場合とそうで
ない場合があります。

インターネットの始め方について調べた結果、インターネットには固定回線と
無線回線の2種類の通信方法があります。

固定回線は光ファイバーを使用した光回線が主流となっているのですが、
アパートで光回線を利用するのは以下のような条件があります。

  • 光通信のサービスエリアにアパートが入っていること
  • アパートが光回線に対応していること

この条件を満たしているアパートでしか光回線は利用できません。
光回線に対応しているアパートですと電線からアパートの通路や回線などの
共同スペースに回線がすでにきている状態です。

そこから自分の部屋へ回線を伸ばす工事を行い、インターネット接続の環境
を整えるのです。

光回線でもっとも有名なフレッツ光の回線を設置するとなると、工事費用は
18,000円かかります。

また、工事が不要な方法は無線通信機器を利用したインターネット環境です。

モバイルwifiルーターと呼ばれる機器を使い、無線で通信するのですが、
こちらは回線がないので工事も必要ありません。

■フレッツ光やau光の設備がある場合とない場合の工事費は?個人負担?

  • 部屋まで回線が来ている場合でも工事は必要
  • 共同スペースまでなら工事費は個人負担

光回線で有名なのはフレッツ光とau光ですが、フレッツ光やau光の設備が
ある場合とない場合の工事費はどれくらい違うのでしょうか?

まず、光回線が部屋まで来ていて後は契約をすればいいだけになっている
なら工事をする必要がないです。

しかし、回線の共有部分の設定を変更したりする工事が必要となりますので、
工事費は必要となります。回線設置の工事費は18,000円ですが、そこまで
高額ではありません。

通路や階段といった共同スペースにまでしか回線が来ていないのであれば
部屋にまで引き延ばす工事が必要となるのです。

フレッツ光の場合は18,000円かかり、au光の場合は30,000円かかります。
現在はau光がキャンペーンを行っており、工事費が0円となります。

この回線を引き延ばす工事費用は個人負担ですので、キャンペーンで0円
になっているか、高額キャッシュバックを行っている時に契約をしましょう。

そうすれば工事費が浮いてお得に光回線を利用することが出来ます。

■回線の引き伸ばし工事には管理人の許可が必要?

  • 外壁に穴をあける場合もあるので管理人には断っておきましょう

回線が共同スペースにまでしか来ていない場合は、回線を引き延ばす工事
が必要となります。その場合は管理人にことわりを入れておきましょう。

回線に対応している時点でそのアパートはインターネット回線の設置工事がOK
ということなのですが、回線工事は内容がケースバイケースなのです。

基本的にはエアコンの配管工から光回線を引き入れるのですが、それが出来
ない場合は外壁に穴をあけて引き入れるため、工事の時間が伸びる上に騒音
なども起きます。

何の断りもなしにその工事を行ってしまうと、もし万が一何かあった時に管理人
に対応してもらえない可能性があるため事前に話しておく必要があるのです。

■工事にかかる時間はどれくらい?

  • エアコンの配管工から回線を引き入れられる場合は30分以内
  • 外壁に穴をあける場合でも1時間以内には終わる
  • 回線の設置工事には立ち合いが必要

光回線の工事にはどれくらいの時間がかかるものなのでしょう。

回線工事にはエアコンの配管工から回線を引き入れる場合と外壁に穴を
あける場合がありますが、それぞれの工事時間について調べました。

まず、エアコンの配管工などから回線を引き入れられる場合は簡単な工事
で済みますので、15~20分程度で済みます。

しかし、エアコンの配管工から回線の引き入れが出来ない場合は外壁に
穴をあけて底から回線を通すことになりますので、1時間くらいかかって
しまうのです。

また、同じアパートでも住宅事情は建物によって全く異なりますので、
一概には何分とは言えないのです。15分~1時間くらいと考えておきましょう。

回線の設置工事には契約者の立ち合いが必要となります。必ず予定をあけて
工事の様子を見ておいてください。

■回線が設置してあるからと言って強制的に契約をしなければいけない訳ではない

  • 回線が設置してあっても契約の義務はない
  • モバイル回線なら自由に契約出来る

アパートに引っ越しをしてそのアパートが光回線の設備が整っていたとしても
強制的に光回線に契約をしなければいけない訳ではありません。

また、アパートで独自にインターネット回線を設置しているアパートであっても
強制で契約をしなければならないという決まりはありませんので、じっくり考えて
本当に必要と感じた場合のみ契約を行ってください。

また、光回線ではない回線が利用したい場合はモバイル回線という方法が
あります。無線での通信ですので回線工事が不要で気軽に始めることが
出来るのです。

しかし、オンラインゲームをする場合は固定回線の安定性が必要です。
モバイル回線ではLTEの方が安定しますが毎日する場合はWIMAXが
無制限なのでよいでしょう。

■工事の許可はどこにとればよい?

  • 集合住宅のオーナーに許可を取りましょう
  • 設置工事をする際は回線業者からオーナーへ連絡が入る

光回線を設置する時に回線工事を行うのですが、どこへ許可をとれば
工事を行っていいのでしょうか?調べてみました。

回線工事を行うには、集合住宅のオーナーの許可が必要となります。
理由は回線工事は基本的にエアコンの配管口から回線を引き入れる
のですが、これが出来ない住宅もあります。

その場合は、外壁に穴をあけてそこから回線を引き入れることになり
ますので、オーナーの許可が必須となります。

また、オーナーに許可なく工事を使用としても回線工事の業者が工事前に
オーナーへ連絡し工事を行ってもいいかどうか尋ねますので、どちらにせよ、
許可をもらう形になるのです。

いきなり業者から連絡が来るのも印象が良くありませんので、必ず自分から
オーナーへ許可をもらいに行き、業者から連絡がある旨を伝えておきましょう。

また、工事の日は立ち合いが必要ですので、しっかり予定をあけておいて
工事の説明などを聞いておきましょう。

■面倒なら工事なしでできるモバイル回線という選択もあり!

  • 無線通信のモバイル回線なら工事不要・手続き不要
  • 固定回線程の安定性がないのでオンラインゲームは難しい
  • 一般的なネットユーザーにはちょうど良い通信環境

光回線の工事を行うにはオーナーへの事前の許可が必要となり、工事
当日も立ち合いが必要になります。

もっと楽に通信環境を手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか?
調べてみました。

無線通信のモバイル回線だと、面倒な手続き不要・回線工事不要で手軽に
始めることが出来ます。一人暮らしの若者などに人気となっているのです。

しかし、モバイル回線は手軽に始められるのですが、無線通信なので
通信の安定性には欠けます。

オンラインゲームをしたい!などの安定性が必須となる希望がある場合は
固定回線でなければ難しいでしょう。

モバイル回線にはLTEとWIMAXがあるのですが、LTEの方が安定性に
すぐれています。WIMAXは無制限で通信できますが、安定性がかなり
低いです。オンラインゲームをしない一般的なユーザーであればLTE
回線がちょうどいい通信環境です。

■モバイル回線の申し込みはプロバイダの公式サイトが便利

  • 高額キャッシュバックが受けられる
  • 余計な費用が掛からない

モバイル回線を契約する場合は家電量販店とプロバイダの公式サイトから
申し込むをすることが出来ます。

調べてみると、家電量販店では手数料を取られたり、キャッシュバックを受ける
には家電を同時購入しなければいけなかったりします。

キャッシュバックがあっても月々の利用料金に少しづつ上乗せする形で
取り戻したりと決してお得ではない仕組みなのです。

しかし、プロバイダでは高額なキャッシュバックが受けられ同時購入の
必要もなく月々の料金に上乗せする形での取り返しもありません。

モバイル回線をお得に始めたいならプロバイダの公式サイトから契約を
してください。

■モバイル回線契約にはクレジットカード情報が必要?

  • クレジットカードと口座振替、2つの支払い方法を選べる
  • クレジットカード情報を入力した方がはやく機器が届く

モバイル回線の契約をする時点で料金の支払い方法を選択するのですが、
調べた結果、クレジットカードと口座振替、2種類の支払い方法から選べる
ことが分かりました。

しかし、口座振替での支払いとなると書類の往復が必要となり、手続きに
時間がかかってしまいます。

クレジットカードであれば入力されたカード情報が有効かどうかを確認し、有効と
認められれば通信機器を発送できるので、最短で翌日には機器が発送されます。

口座振替ですと、1週間前後かかってしまうこともあるようなので、早くインター
ネット環境を手に入れたい場合はクレジットカードでの支払いにしましょう。

■2種類あるモバイル回線。安定しやすいのはLTE

  • LTEは電波強度が強いので電波が途切れにくい
  • WIMAXの電波は途切れやすく不安定

調べてみると、モバイル回線には2種類の回線があることが分かりました。
LTEとWIMAXという回線なのですが、LTEは2種類の電波を同時に
送受信するので電波強度が強く安定した高速通信を実現しています。

一方、WIMAXは1種類の電波での通信ですので電波強度は弱く通信が
不安定で途切れやすいのです。

このように同じモバイル回線でも全く違う通信環境となります。LTEは固定回線
よりは通信が安定しないのですが、通常の範囲内でインターネットを利用する
のであれば問題ありません。

WIMAXは通信が不安定というデメリットがあるのですが、無制限で通信できる
というメリットもあります。インターネットを頻繁に利用するヘビーユーザーは
WIMAXの方が向いています。

自分に合っているインターネット環境を選ぶようにしてください。
契約をすると2年間は解約をする時に違約金がかかってしまいます。