平均的なインターネット代金を知りたい!いくらくらいかかるの?

■一人暮らしでネットを契約したい!平均的な料金の相場は?

  • 初期費用は15,000円前後、月額利用料は5,000円前後
  • 固定回線は費用が掛かるので注意が必要

一人暮らしをしていて、インターネット環境が必要となった時、
平均のインターネット回線の費用を知っておいた方がよいです。

調べてみると、インターネットは契約をしてから回線の設置工事を行うので、
初期費用という手始めにかかる費用が高額です。

光回線の中でもっともユーザーが多く知名度が高いフレッツ光では、
契約料が800円、回線工事費用が15,000円と15,800円かかります。

光回線はガラス樹脂で出来ている光ファイバーを利用して通信を行うので、
回線の設置費が高額となります。

集合住宅の場合は通信回線が階段などの共同スペースにまでしか来ていない
状態の物件が多いのです。

共同スペースから各部屋へ回線を引き延ばす工事は自分で申し込みをし、
自分で工事費用を負担しなければなりません。

また、集合住宅でも3戸以下のアパートだと戸建てタイプと同じ料金と
なります。月額5,100円~で、金額がはっきりしないのはプロバイダと
呼ばれる会社を好きなところから選ぶことが出来るからです。

インターネットは通信回線だけでは繋がりません。回線をインターネットへ
繋げてくれるプロバイダを利用する必要があります。

プロバイダは回線に対応しているところの中から好きに選ぶことが出来ます。
利用料金とサービス内容がプロバイダごとに違っているので、料金も異なります。

フレッツ光の月額が実質4,600円にプロバイダが最安で月額500円で、
月額5,100円~ということになるのです。

光回線は高速で安定した通信が行える、かなり品質の高い通信環境です。
費用もかかりますし月額の利用料も高額なことは頭に入れておきましょう。

■もっと手軽な固定回線はない?

  • ADSL回線は手軽だけど、速度が遅い
  • メールと軽めのネットサーフィンだけなら問題なく利用できる

光回線は高性能ですが、利用料金も初期費用も高額です。
もっとお手頃なネット回線はないのでしょうか?調べてみました。

インターネットの固定回線にはADSL回線と言って一昔前まで、インターネット
回線の主流だった回線があります。

これは、光回線が登場したことによりユーザー数が減ったのですが、現在でも
利用することが出来ます。

利用条件は家に電話回線があることなのですが、電話回線がない住宅は日本
にはほぼないので、どこででも利用できる回線ということになります。

ADSL回線は家電製品などの電波の影響や通話の影響を受けやすく、通信が
不安定になりやすいのですが、メールが中心でネットサーフィンを軽めにする
程度の人であれば問題なく利用することが出来ます。

1Mbpsというメールや通常のサイトは見れるけれど、動画などは見られない
通信速度の料金プランなら月額1,600円で、プロバイダ料金を合わせても
月額2,850円で済みます。

軽めのインターネットユーザーであれば問題なく利用できるので、ADSL回線も
検討してみてください。

■回線の設置工事に抵抗を感じる場合は?

  • 工事費を節約したいならモバイル回線
  • 回線不要で無線で通信を行う

インターネットの回線工事は費用が掛かる上に15分~30分程度の時間
立ち合いをする必要があります。また、部屋に出来る限り人を入れたくない
という方には抵抗を感じるものですよね。

しかし、調査の結果、回線工事不要でインターネットが出来るようになる方法
がありました。モバイルwifiルーターを使ったモバイル回線であれば、無線での
通信となるので回線が不要で初期費用も契約日のみでOKとなります。

光回線やADSL回線のような固定回線は申し込みをして契約後、回線工事を
してから通信をし始めるので申し込みから実際の使用まで最短でも2週間は
かかります。

モバイル回線は申し込みのみで契約や手続き、工事不要となりますので、
申込から1週間以内に利用し始めることが出来ます。

■WIMAXとLTEの2種類あるモバイル回線

  • 無制限で利用できるWIMAX
  • 制限はあるが安定しやすいLTE

WIMAXは無制限で通信できる代わりに、通信が途切れやすく不安定に
なることが多いモバイル回線です。

一方、LTEは月間7GBというスマホと同じ通信量の制限がありますが、
繋がりやすく安定した通信を実現しています。

WIMAXは20社くらいのプロバイダがありますが、どこプロバイダと契約をしても
UQ WIMAXが所有している回線を利用します。

LTEは契約をする会社ごとに利用する回線は違うので、公式サイトでどの回線を
利用しているかをチェックしてみてください。

■解約金は固定回線の方が安い

  • 固定回線は集合住宅では1,500円、モバイル回線は1年目だと19,000円
  • 契約更新月を把握しておきましょう

固定回線でもモバイル回線でも解約を最低利用期間中に行うと違約金が発生します。

最低利用期間は固定回線、モバイル回線、どちらでも2年間なのですが違約金には
大きな違いがあります。固定回線のフレッツ光の場合は違約金が集合住宅プラン
なら1,500円で済みます。

しかし、モバイル回線のWIMAXでは契約から1年目だと190,00円かかって
しまうのです。初期費用はモバイル回線の方が安いですが違約金は固定回線
の方が安い仕組みになっています。

■引っ越しを考える場合のリスク(契約年数と工事)

  • 最低利用期間2年間の間は解約に違約金がかかる
  • 固定回線は移転工事が必要
  • 解約には違約金、移転には移転費とそれぞれお金がかかる

固定回線を引いている一人暮らしの場合、引っ越しをするとなると回線を撤去
しなければなりません。

例えば、現在フレッツ光を利用していて引っ越し先でもフレッツ光を引き続き
利用する場合は移転費がかかります。

引っ越しに伴い、フレッツ光を解約し別の回線と契約をする場合は最低利用期間
中は違約金が発生します。最低利用期間とは契約から2年間のことで、その間の
解約には、必ず違約金が発生するのです。

契約をした月を1ヶ月目として25か月目が契約更新月となります。この月中に
解約をすると違約金はかかりませんが、26か月目には新しい最低利用期間の
2年間に突入してしまうので、再び違約金がかかるようになります。

フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートの移転費
屋内配線の工程がある場合 7,500円 屋内配線の行程がない場合 6,500円

フレッツ光 集合住宅の違約金 1,500円

このようにどちらの場合でも費用は掛かりますので、引っ越し後も継続して利用
するかどうかの参考にしてください。

解約をした方が引っ越しの際にかかる費用は安く済みますが、引っ越し先で
新しい回線を設置する工事費と契約料を支払うことになります。

移転でも解約でも、総合的に見ればあまり費用は変わらないのです。

■新しく契約をする回線のキャンペーンで違約金を取り返すことも出来る!

  • au光はネットと電話のセット契約で最大15,000円キャッシュバック
  • eo光なら5,000円キャッシュバック+タブレットプレゼント

現在、フレッツ光を利用しているとして別の回線へ乗り換えをするとお得なキャッシュ
バックを受けられるケースもあります。

調べてみると、au光のマンションタイプで「ネット+電話+電話オプションパック」に
加入した場合は最大で15,000円のキャッシュバックを受けることが出来ます。

ただし、マンションタイプは24か月以上の継続利用が条件となるので、途中解約
はしないようにしましょう。

解約金に1,500円かかり、新しい回線の設置工事にも10,000円前後かかります
ので、15,000円のキャッシュバックはとてもお得です。

また、eo光ではマンションタイプに契約すると5,000円のキャッシュバックと
タブレットがプレゼントしてもらえます。

タブレットは「ARROWS Tab M504/HA4」15,460円です。

しかし、こちらも契約から24か月間はeo光ネットとeoスカートリンクプレミアム
パックを解約することが出来ません。

解約をした場合は解約清算金を支払うことになります。

このような形で新しい回線でお得なキャッシュバックを受けて違約金を精算
することは可能です。しかし、キャッシュバックを受けるには条件があります
ので、ご注意ください。

■引っ越しに伴う解約手続きが面倒な場合はモバイル回線

  • 引っ越し時でも手続きなしでそのまま使い続けられる
  • 回線がないので設置・撤去工事不要

光回線は解約や移転のために回線の撤去工事を行い、引越し先で再び回線の
設置工事を行います。工事には立ち合いが必要となりますので、ただでさえ
忙しい時期に時間をつくらなければなりません。

回線の撤去工事も設置工事も長くても30分前後ですが、少しでも引っ越しに
関する必要事項が少ない方がいいですよね。

引っ越しの際に煩わしい思いをしたくないのであればモバイル回線が良いかと
思います。モバイル回線は回線を利用しない無線通信ですので、引っ越しの
際も手続きも工事も必要ありません。

■モバイル回線の通信エリアを表す人口カバー率の定義

  • 人口カバー率はメッシュ方式で決められている
  • 引っ越し先が通信エリアかどうかを確認してから契約しましょう

モバイル回線の通信エリアについて調べていると、人口カバー率という言葉が
出てきます。人口カバー率はメッシュ方式で決められています。

メッシュ方式とは日本中を500m四方に区切り、この区域の半分が通信エリアに
含まれていればこの区域全体が通信エリアであるという認定する方式です。

つまり、人口カバー率99%だからと言って99%の場所で通信が出来るというわけ
ではありません。人口カバー率が高くても公式サイトで、引っ越し先の住所が
通信エリアに含まれているかどうかをしっかり確認してから契約を行ってください。

■安定しやすいモバイル回線はLTE

モバイル回線にはWIMAXとLTEがあるのですが、WIMAXは無制限で利用
できるけれど、通信が途切れやすいです。

もう一つのLTEはスマホのように月間7GBという制限があるのですが、通信が
途切れにくいです。オンラインゲームをするなら固定回線ですが、しないので
あればLTEでも問題ありません。