ネット環境がないアパートなんて今ドキあるのでしょうか?

■引っ越し先のアパートにネット環境がないらしい。本当か?

  • ネット環境は通信エリア外だと整えられないので本当
  • 回線を引いていないアパートはまだ多くある
  • 費用の問題や周辺の環境の問題が原因

ネット社会である現代でネット環境がないアパートやマンションがあるなんて
なかなか信じられないものですが、実はネットに対応していないアパートは
まだ多くあるのです。

その原因について調べてみると、ネット環境を整えるには光回線の通信
エリア内にアパートが建っている必要があります。

意外に思われるかもしれませんが、光回線の通信エリアに対応していない
地域はまだまだ存在するのです。

そうした地域では、どれだけインターネットの環境を整えようとしてもエリア
自体に含まれていないため、無理になってしまうのです。

また、通信エリア内であっても光回線をアパート自体に引き込んでいない
という物件も多くあります。

その理由は光回線の引き込み工事にお金がかかるからです。

また、光回線は電線の中に含まれており、日本中に通信を届けているの
ですが、その電線がアパートの近くまで来ていないと工事しづらいのです。

もし、アパートの隣の住宅の近くまでしか回線が来ていなかったら、
隣の住宅の敷地内を電線がまたいでアパートへ引き込むことになります。

その場合、隣の住人が敷地内に電線がまたぐことを拒否したら、アパート
への引き込みは出来なくなってしまいます。

また、国道をまたいで回線を引き込む場合も国の許可が必要ですので、
許可が下りない場合はネット環境は整いません。

このように、通信エリアの問題、費用の問題、周辺の住宅事情の問題、
とさまざまな原因で回線工事ができないアパートもあるのです。

■アパートに光回線(フレッツ光やau光)の設備があるか調べる方法

  • 公式サイトで郵便番号を入力して検索できる
  • 家電量販店で店員に調べてもらうことも出来る
  • 不動産に電話をして確認をしてもらうことも出来る

アパートに光回線が来ているかどうかを簡単に確認する方法が分かれば、
新しい物件探しや引っ越し前の下調べに便利ですよね。

調べてみると、フレッツ光でもau光でも公式サイトで郵便番号を入力し、
一戸建てか集合住宅かを選ぶだけですぐに検索できます。

また、家電量販店へ行った際に店員に調べてもらうことも出来ます。
その際はアパートの郵便番号と住所を持参しましょう。

そして、不動産へ電話をして調べてもらうことも出来ますので、アパート
の担当の方に電話をしてみてください。

■通話回線を利用したADSL回線という手段も!

  • 通信速度は遅いがインターネットをメールやSNSでしか使わない人には問題ない
  • 最も安い料金プランは月額2,850円

光回線は通信エリアに入っていない地域もあるのですが、通話回線であれば
日本全国で開通しています。そして、インターネットの接続方法は光回線が
登場するまでは通話回線を利用したADSLが主流でした。

調べた結果、現在でもADSLでの通信は可能ですので、光回線が開通して
いないアパートではADSL回線を利用しましょう。

フレッツ光のADSL回線の中で一番安い料金プランだと、
月額1,600円+プロバイダ料金1,250円=月額2,850円
と、なっております。

通信速度は1Mbpsまでとかなり遅い速度しか出ないのですが、メールや
SNSしかやらない人や画像が貼ってあるサイトしか見ない人には問題なく
利用できる環境です。

しかし、オンラインゲームなどをしたい場合は光回線でないと出来ません。

■光回線の通信エリアを広げてもらうには?

  • 嘆願書を提出する
  • フレッツ光やau光に要請をする

光回線の通信エリアを広げてもらうためにはどのような方法があるのでしょうか?
調べた結果、嘆願書を提出したり、フレッツ光やau光に要請をするという方法が
あるようです。

嘆願書を提出するには同じ地域に住んでいる人たちの署名を集めて役所に
提出をしましょう。フレッツ光やau光に要請をする場合はサポートセンターでは
なく、問い合わせセンターへ電話をするか、公式サイトへメールを送りましょう。

しかし、光回線は通話回線とは違いライフラインとして認められてはいません。
緊急時の必要性が認められない限り、光回線の設置は難しいでしょう。

■固定回線がダメならモバイル回線という方法

  • LTEは安定しやすいが通信量に制限がある
  • WIMAXは不安定だが通信は無制限

固定回線がダメな場合は、モバイル回線という方法もあります。
調べてみた結果、モバイル回線には種類の回線があるようです。

LTEは月間の通信量に制限があるけれど、安定性が高くスムーズに通信が
出来ます。WIMAXは月間の通信量の制限がないのですが、通信は不安定
で途切れてしまうこともあります。

ネット利用の頻度は少ないけど安定した通信がしたい場合はLTE、余裕を
持って好きなだけインターネットがしたいならWIMAXを選びましょう。

自分が希望する通信環境に近い方を選んでください。

■設備がない場合個人契約は可能?費用は?

  • ADSL回線かモバイル回線なら個人契約可能
  • 手軽で高速なのはモバイル回線
  • 固定回線のような安定性はないので注意がいる

光回線に対応していないアパートの場合、どうやってネット環境を整えたら
いいのかと困る人は多いものです。

アパートそのものが対応していないと利用できない光回線は、残念ながら
利用するのを諦めましょう。光回線の個人契約は現時点では不可能です。

しかし、調べてみると通話回線を利用したADSLなら個人契約ができます。
NTTの公式サイトから申し込みをすると通話回線がADSL対応であれば、
工事なしでモデムと呼ばれる通信機器を設置するだけで利用できます。

通信速度が遅いのですが、メール・SNS中心のネットユーザーには問題
ない通信環境です。

動画などを楽しみたい場合は、ADSLよりもモバイル回線がよいです。
モバイル回線とは持ち運びが出来る通信機器を利用して行う通信の
ことです。

現在、一人暮らしの若者などを中心に人気となっており契約の手軽さ
料金の安さが、その理由です。

モバイル回線の契約方法は公式サイトから申し込みをして、数日後には
通信機器が自宅に送られてくるので簡単な設定をすればすぐに使えます。

モバイル回線はADSLとは違い、超高画質な動画を見るのにも十分な
通信速度が出ます。

インターネットのさまざまなサービスを利用したいならモバイル回線が
快適ですよ。しかし、無線による通信のため、固定回線のような高い
安定性はありません。

オンラインゲームをする場合はモバイル回線だと、途切れ途切れに
なってしまいます。

■WIMAXと光回線。ネットサーフィンと動画をたまに見るくらいならどっちが良い?

  • 丁度良いのはWIMAXの通信環境
  • 固定回線はかなり贅沢な通信環境

持ち運べる通信機器でネットにつながるモバイル回線は、LTEとWIMAXが
あります。それぞれの特徴について調べました。

LTEは電波強度が強く通信が安定しやすいのですが、月間7GBという通信
量の制限があります。

WIMAXの方は月間の通信量は無制限なのですが、電波強度が弱く電波が
途切れやすいというデメリットがあります。

しかし、インターネットの利用する主な用途がネットサーフィンでたまに動画を
見る程度であれば、それほど強い電波強度は必要ありません。

超高画質な動画でも動画再生中、ずっと通信をしているのではなく、最初
読み込むときに通信速度と安定性が必要なだけであとはあまり安定しない
通信環境でも影響は受けません。

そして、固定回線はオンラインゲームなどの特定の高い安定性を必須とする
場合は最適ですが、それ以外は実は贅沢すぎる通信環境ですので一般的
なユーザーには不要なのです。

■モバイル回線は固定回線に比べて初期費用が圧倒的にお得

  • 回線があると初期費用は18,000円
  • モバイル回線なら手数料3,000円のみ

固定回線を設置してインターネットを始めようとするとフレッツ光の場合は
契約料800円、初期工事費18,000円がかかってしまいます。

しかし、モバイル回線であれば回線を使わないので工事が不要となり、
初期費用も遥かに安いのです。モバイル回線の初期費用について調べました。

モバイル回線は、WIMAXでもLTEでも初期費用が3,000円で通信に使用する
端末は0円となっています。

端末の送料も無料ですので、初月の利用料金を入れても7,000円前後で
始められます。固定回線の半額以下の費用ですのでお得です。

■WIMAXが無制限な理由

  • ノーリミテットモードはかなり低速な通信回線
  • ギガ放題プランにも制限がある

WIMAXは無制限で通信が行えるモバイル回線です。しかし、何故、他の
モバイル回線にはある制限がWIMAXにはないのでしょう?その理由を
調べました。

まず、WIMAXにはWIMAX、WIMAX2+、そしてau 4G LTEの3つの通信
モードがあります。WIMAXの会社UQ WIMAXはKDDIグループなので
auの通信モードも有料で利用できるのです。

この中で完全に無制限なのはWIMAXのノーリミテットモードだけです。
WIMAXのノーリミテットモードは通信速度がかなり低速なので、制限なく
利用できるのです。

WIMAXは50MHzの周波数帯域を通信に利用しており、そのうち40MHzは
WIMAX2+の通信に利用されていて、残りの10MHzでWIMAXは通信を
おこなっています。

全体の5分の1のかなり狭い帯域での通信のため速度が落ちてしまうのです。

また、WIMAXにはWIMAX2+の通信モードが使い放題のギガ放題プランが
ありますが、WIMAX2+とau 4G LTEの通信量が3日間で合計3GBに達すると
制限がかかるという条件がありますので、完全に使い放題というわけでは
ありません。

■インターネットは5Mbps出れば快適に利用できる

すべてのインターネットサービスは5Mbpsあれば利用できると言われて
います。超高画質な動画を見るのにも実は3.5Mbpsあれば、問題なく
観ることが出来るのです。

WIMAXの通信モードは低速ですが、メールなどなら問題なく利用できる
環境なのです。

賃貸アパートがインターネットの回線(設備)がない場合、対策は?

■インターネット回線のないアパートに引っ越し。何から始めたら良い?

  • インターネットを接続するのに必要な回線や機器
  • アパートの管理人に交渉をしてみましょう
  • 交渉できない場合はADSL回線か、モバイル回線を利用しよう

インターネットは生活をする上で、どうしても欠かせないものですがインターネット
回線の無い住宅もまだまだ多くあります。

引っ越した先がインターネット環境のないアパートだった場合は、どのような手順
でインターネット環境を整えればいいのでしょうか?そのことについて調べてみました。

まず、通常インターネットに接続する場合は、電線からインターネット回線を引いて
きます。アパートの共同スペースまでは1本の回線ですが、そこから部屋数分の
回線に増え、それぞれの部屋へと繋がっていくのです。

部屋まで到達した回線はモデムと呼ばれる機器に繋がり、そこから回線を伝って、
LANルーターと呼ばれる機器へ繋がります。

LANルーターには有線LANと無線LANがあるのですが、有線LANの場合はLAN
ケーブルでパソコンと繋がります。

無線LANの場合は無線でパソコンやスマホなどと繋がります。

しかし、これはインターネット回線がアパートの共同スペースにまで来ている場合
しか実現できません。共同スペースにまで回線が来ていないアパートはインター
ネットそのものに対応していないからです。

アパートがインターネット対応になるためには、管理人へ交渉するしかありません。
住人たちで相談できる場合は、相談をし署名などをして管理人へインターネット
導入を提案してみましょう。

交渉が出来ない場合は、通話回線を利用して通信するADSL回線を利用しましょう。
料金が安いのですが、通信速度は遅いというデメリットがあります。

しかし、通話回線があれば利用できるので、インターネット環境がないアパートでも
問題ありません。また、モバイル回線という回線を利用しない、無線通信のサービス
がありますので、そちらを利用してください。

モバイル回線ならインターネット環境がないアパートでも利用することができます。

■知識ゼロです。ネットの種類と契約、料金についてザックリ教えて

  • ネット回線はADSL、光、モバイルの3種類
  • 契約が手軽で料金が安いのはモバイル回線

インターネット環境が整っていないアパートで、インターネットの知識がない人が
インターネットの接続環境を整えるのはとても大変です。

ここからは、インターネットの接続方法の種類、契約方法、料金について
おおまかにご説明しましょう。

「ADSL回線」
通話回線を利用してインターネットを利用する回線のことです。通話回線が
あれば利用できるので、日本全国どこに住んでいても契約出来ます。

工事費がかからない、もしくは安く、月々の利用料も一番安い料金プランなら
月額1,600円、プロバイダ料金は月額1,250円、合計2,850円で利用できます。

しかし、通信速度は遅くストレスを感じる場合も多くあります。
公式サイトからオンラインで申し込をしましょう。

「光回線」
光ファイバーを利用して通信を行う回線のことです。光回線が通っている地域で
集合住宅の場合は、回線が来ている住宅でないと利用することが出来ません。

工事費が2万円近くかかり、月額の利用料もフレッツ光の場合は5,100円~と
高額です。高速で安定した通信が出来ます。

家電量販店からと公式サイトから、申し込みが出来ます。

「モバイル回線」
手続き・工事一切不要でオンラインで申し込をしてすぐに通信機器が自宅に
届きます。無線での通信ですので不安定になります衣のですが、月額3,696円
とお得に利用できるので、今人気となっている通信方法です。

オンラインと家電量販店から申し込みをすることが出来ます。
もっとも、簡単にお得に利用できるのはモバイル回線です。

■ADSL回線は料金プランによっては光回線よりも割高

  • 快適な通信が出来る料金プランは月額4,365円
  • 通信速度が遅いのでオンラインゲームには向かない

ADSL回線は最も料金が安いプランでは月額1,600円で利用できます。
しかし、調べてみると、通信速度は1Mbpsしか出ないのです。

この速度では、通常のサイトやメールは利用できますが、動画を見たり、
オンラインゲームをやったりするのには向きません。

ADSLで快適な通信が出来る料金プランは月額4,365円です。これに
プロバイダ料金が加わると5,000円以上となり、光回線よりも高額と
なってしまいます。

手軽な料金でインターネット環境がない住宅で通信を行うにはモバイル
回線が最も適しています。

モバイル回線は月額3,696円~で利用出来て、速度はWIMAXですと、
実測40Mbps~60Mbps出ていて、LTEですと20Mbps~30Mbps
出ます。どちらも体感的にはあまり変わりません。

■モバイル回線のLTEには通信量の制限がある

モバイル回線のLTEには通信量の制限があるのですが、高速で安定した
通信を行えます。WIMAXには通信量の制限がない分、安定性はLTEより
劣ります。

通信の安定性はもっともすぐれているのが光回線、LTE、ADSL、WIMAXと
いう順番になっています。

■解約方法を調べた上で契約をしましょう

契約をする前に解約方法を調べておくと後悔しません。解約方法は通信手段ごとに
違いますが、同じ固定回線でもモバイル回線でも会社ごとに異なります。

解約の流れは事前に把握しておきましょう。

■PS4でネットゲームしたい。無線と固定回線はどちらが良い?

  • ネットゲームには通信の安定性が30ms以下が理想
  • 通信の安定性に優れているのは固定回線

PS4でネットゲームを行う場合は、無線通信と固定回線、どちらの方が
向いているのでしょうか?オンラインゲームが趣味で毎日楽しみたい
人には、とても大切なことですよね。

オンラインゲームに適している環境について調べてみると、オンラインゲーム
には通信が安定していることがもっとも重要であることが分かりました。

通信の安定性はping値と呼ばれる値であらわされます。単位はmsなのですが、
このping値は低ければ低いほど、通信が安定している証拠です。

オンラインゲームに合っているping値は30ms以下です。
この数値が出るのは固定回線しかありません。

固定回線はケーブル内を電波が通って通信を行います。無線は電波がそのまま
外を飛び交うので建物や木などにぶつかってしまい、電波が途切れてしまうこと
もあります。

電波がとぎれたりすると通信は不安定になりますので、無線通信はどうしても
pnig値が低くなってしまうのです。

PS4でオンラインゲームをしたいなら、固定回線で通信を行いましょう。

■ping値がオンラインゲームに重要だけど一体何?

  • ping値は通信の安定性をしめす値
  • 自分の通信環境のping値を知るには計測サイトを利用しよう

オンラインゲームに重要であるping値は通信の安定性を示すものです。

オンラインゲームにはping値が30ms以下の通信環境が欲しいところですが、
今現在の自分の通信環境のping値を知るにはどうすればいいのでしょう?

調査の結果、ping値は「Speedtest.net」などの通信速度や安定性を測れる
サイトで調べることが出来ます。

測定サイトは無料で1分かからないくらいの時間で測定できるので、忙しい
時でも通信速度を知ることが出来ます。

オンラインゲームに理想的な環境は30ms以下ですが、50ms前後でも問題
なくゲームを楽しむことが出来ます。

また、同じ場所で測定しても時間帯や曜日によって通信速度や安定性は大きく
変わって来ます。1回だけではなく定期的に測定した方が良いでしょう。

■無線回線でもオンラインゲームは出来る?

  • 受信感度によっては無線でもオンラインゲームが出来ます
  • 無線通信の安定性をあげるためには電波の障害物をよける

インターネット環境がない住宅でも、オンラインゲームをしたい場合は、どのように
工夫すれば可能になるのでしょうか?調べてみました。

まず、無線回線は持ち運びが出来る通信機器を使って行うモバイル回線のことを
いいます。基地局と呼ばれる電波を発信する施設から、通信機器へと電波を送り、
通信機器からゲーム機やスマホへとさらに電波を転送するのです。

つまり、基地局が近くにあった方が通信速度も速いし安定性も高いのです。
基地局が近くにある場合は、無線通信でもオンラインゲームはたのしめます。

また、通信の安定性を高めるためには通信機器を窓際などの電波をキャッチし
やすい場所に置くようにしてください。鉄筋コンクリートの壁越しでは電波を送受信
しずらいのですが、ガラス越しならスムーズに送受信することが出来ます。

このように通信を安定させる工夫をすれば、無線での通信でもオンラインゲームは
出来ます。しかし、固定回線程のスムーズさはありません。

■毎日ではなく週1回程度のゲームであればLTEがよい

  • 無線回線にはWIMAXとLTEがある
  • LTEの方が電波強度が強い

オンラインゲームを毎日行うのであれば固定回線の環境は必須となります。
しかし、週末に1時間程度であれば、無線回線でも大丈夫です。

調べてみると、無線回線にはWIMAXとLTEの2種類あることが分かり、
通信が安定しやすいのはLTEであることが分かりました。

LTEは2種類の電波を同時に送受信するので、電波強度が強いのです。
WIMAXは1種類の電波を2つ同時に送受信するので通信速度は速いの
ですが、電波は強度が弱く途切れやすいです。

無線回線はモバイルwifiルーターという通信機器を利用して電波を送受信します。
無線回線でオンラインゲームを行うならLTEのモバイルwifiルーターにしましょう。

■ネットゲームをする時間帯にも気をつけましょう!

  • 平日は午後8時~午後11時までがユーザー数が増える時間帯

ネットゲームはユーザーが増えれば増えるほど、通信が遅く不安定になりやすく
なってしまいます。ユーザーが多い時間帯を出来るだけ避けることでスムーズな
通信が出居るようになり、ネットゲームを快適に行えます。

調べてみると、平日は午後8時~午後11時までが最もユーザー数が増える時間帯
です。平日は、この時間帯以外のタイミングにネットゲームを楽しむましょう。

また、土日や休日は1日中多いのですが、特に午後1時~午後11時までが
多くなるので、土日休日は午前中にゲームを楽しみましょう。

また、午後0時~午後1時までの昼休みの時間帯もユーザー数は増えます。
夕方などのユーザー数があまり伸びない時間帯に狙いましょう。