即日開通ができるインターネット契約はどこの回線でしょうか?

■インターネットをすぐに使いたい。使えるまでの期間

  • 固定回線なら早くても2週間はかかる
  • 通信回線の設置工事内容によっては1ヶ月間かかることもある

一人暮らしを始めて、インターネットをすぐに使い始めたい場合、どの回線を
契約すれば、はやく通信環境が手に入るのでしょうか?

調べてみると、まずインターネット回線は集合住宅ごとに対応している回線が
違います。それぞれの住宅ごとに対応している回線でないと契約できません。

ですので、個人個人で好きな回線に契約することはできないので、対応して
いる回線を調べて、その回線に契約しましょう。

回線はオンラインで回線を提供している通信会社の公式サイトから申し込みを
することができます。

申し込みの際に回線とインターネットを繋ぐ役割を果たすプロバイダとも契約
する必要があるのですが、回線に対応しているプロバイダの中から選びましょう。

申し込み後、入力した住所が通信エリア内かどうかを調べる調査が行われ、
通信エリア内であれば契約することが出来、回線の設置工事をします。

工事完了と同時に通信をすることが出来るようになりますが、最短で2週間
くらいはかかります。

回線が自宅周辺の電線にまで届いていないと回線を遠くから引いてくる
工事が必要となりますので、工事の期間が延びて1ヶ月間かかることも
あります。

■ネット回線の種類と申し込み後何日で開通するの?

  • 光回線とADSL回線、そしてモバイル回線の3種類
  • 開通まで最も速いのはモバイル回線で翌日に可能

インターネット回線は集合住宅の場合、対応している回線が決まっています。
しかし、それは光回線の場合のみです。

インターネット回線の種類について調べてみると、光回線、ADSL回線、
モバイル回線の3種類があることが分かりました。

光回線はフレッツ光やau光、eo光などのガラス繊維でできた光ファイバーを
利用して通信を行っています。

まだまだ普及していない地域もあるので普及していれば最短で2週間で開通
出来ます。普及していないと嘆願書を提出して通信エリアになる大規模な工事
が必要となります。

1ヶ月以上の期間がかかってしまいます。その場合は通話回線を利用したADSL
回線が良いです。ADSL回線は通話回線ですので、日本全国が通信エリアと
なっています。

通話回線に通信機器を設置するだけの簡単な工事ですので、開通までに2週間
くらいかかります。光回線よりもスピーディーです。

そして、もっとも開通までの期間が短いのがモバイル回線です。

モバイル回線はモバイルwifiルーターという通信機器を利用して通信を行うので、
回線工事が不要です。申し込みから最短翌日に通信機器が自宅に届き、数分
で済む設定を行うとすぐにインターネットに繋がれるようになるのです。

ですので、即日開通できるインターネット回線はモバイル回線です。

■モバイル回線はクレジットカードでの支払いの方が早く開通できる

  • クレジットカードか口座振替かを選択できるモバイル回線がある
  • 口座振替では書類の往復が必要なので時間がかかる

即日開戦できるモバイル回線にはくじレットカードか口座振替か、どちらか好きな
方を選ぶことが出来るモノがあります。

UQ WIMAXやヤフーwifiなどがそうなのですが、契約時に支払い方法を選びます。
この支払方法がクレジットカードだとカード情報を入力してカード情報が有効か
どうかの審査が行われ、審査が通れば通信機器が発送されます。

しかし、口座振替だと口座情報を入力する仕組みにはなっていないので、
口座情報を記入する書類が送られてきて、書類に必要事項を記入し、
送信するという書類の往復があります。

この期間に通信機器は発送されませんので、クレジットカードの方が速く
開通出来ます。

このように同じ回線でも契約内容によって開通する日に差が出ますので、
早く開通することを最優先にする場合はクレジットカードでの支払いを選択
しましょう。

■オンラインゲームをする場合はモバイル回線では無理?

  • モバイル回線の安定性を表すping値の平均は50ms~100ms
  • オンラインゲームは30ms~50ms

クレジットカード払いにするとすぐに使い始めることが出来るモバイル回線は
WIMAXとLTEの2種類があります。それぞれ電波の安定性が違うのですが、
平均値を調べてみると、以下のような結果でした。

WIMAXの通信の安定性を示すping値は平均で100ms、LTEのping値は
平均で50msでした。

オンラインゲームに最適なping値の値は30ms~50msですので、ゲームを
楽しんでいる最中にラグが発生してしまい、中断する事態が起きてしまいます。

オンラインゲームをするなら固定回線の安定性が必要です。固定回線では
ping値が30ms~50msに当てはまり快適にゲームを楽しむことが出来ます。

■公式サイトで通信エリアをチェックしましょう

  • 固定回線同様、モバイル回線も通信エリア外だと利用できません

モバイル回線は契約前に公式サイトで自宅が通信エリアかどうかをチェックする
必要があります。エリア外だと利用できませんので、必ず確認をしてください。

マップ上で簡単に確認することが出来ます。

■光回線を使う場合の注意点(家電量販店は☓)

  • 家電量販店だと対象となっている家電の同時契約が必要
  • キャッシュバックなどの金額も少ない

光回線を自宅に設置する場合は、光回線の公式サイトからオンラインでの契約
と家電量販店の店頭での契約の2種類の契約方法があります。

調べてみると、どちらにもキャンペーンでキャッシュバックがあったり、プレゼント
があったりするのですが、お得なのは公式サイトからのオンライン契約です。

家電量販店でキャッシュバックやプレゼントをもらうためには光回線契約と
同時にパソコンやタブレット、冷蔵庫などの対象となる家電を購入しなければ
なりません。

そして、キャッシュバックの金額も5,000円前後と少ないのです。

光回線の公式サイトでは、au光の場合はネットと電話のセットで集合住宅タイプ
だと15,000円のキャッシュバックがあります。

同時購入しなければならない家電がない代わりに加入しなければならない
オプションがありますが、料金は家電よりも遥かに安く、キャッシュバックの
金額も高額なので、公式サイトからの契約の方がお得です。

■回線の設置工事は入居前の方が便利

  • 申し込みから実際に使えるようになるまで1ヶ月間かかる
  • 引っ越し前に申し込みをすれば入居当日から利用できる

光回線の申し込みから回線工事完了までは速ければ2週間、遅ければ1ヶ月間
かかってしまいます。

しかし、引っ越し前に申し込みをしておけば、多少時間がかかってしまっても入居後
すぐに利用することが出来ます。

引っ越しが決まったらすぐに申し込みをしておきましょう。
引っ越し後に申し込みをしてすぐに利用したい場合はモバイル回線が良いです。

■早ければ翌日に通信できるモバイル回線

  • 無線通信でオンラインで申し込みが出来る
  • ヤフーwifiなら午後3時までの申し込みで翌日に機器が届く

光回線は申し込みから実際に利用できるようになるまで2週間くらい、遅いと
1ヶ月くらいかかってしまいます。入居前に申し込みをするとよいのですが、
さまざまな事情で引っ越し後の申し込みになることもあります。

その場合は、引越から1ヶ月くらいインターネットが使えない状態になります
ので、とても不便ですよね。引っ越し後に申し込みをしてすぐに開通回線は
ないのでしょうか?

調べた結果、モバイル回線なら申し込み後、即日に通信機器を発送し、早ければ
翌日に通信機器が自宅に届いてインターネットに繋がることが出来ます。

モバイル回線は無線を利用した通信方法でモバイルwifiルーターという機器を
利用して、インターネットに繋がります。

ヤフーwifiは午後3時までに申し込みをすれば、早ければ翌日に通信機器が
届きます。数分で済む設定後、通信できるので簡単にネット環境が整います。

引っ越し前にインターネット契約の申し込みが出来ない場合は、モバイル回線が
良いでしょう。モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があります。

■WIMAXとLTE、2つのモバイル回線の特徴

  • WIMAXは安定しないが無制限
  • LTEは安定するが制限あり

無線で通信を行うモバイル回線にはWIMAXとTEの2種類があります。
それぞれの特徴と2つの違いについて調べました。

まず、WIMAXは無制限で利用できるモバイル回線です。月間の通信量の
制限がないので好きなだけ利用することが出来ます。

しかし、WIMAXの電波は周波数帯が高いので、直進性が強く柔軟性に欠け
ます。建物に回り込んで電波を届けることが苦手なので、室内の通信では
不安定になりやすいです。

しかし、インターネットを利用する機会が多いヘビーユーザーには向いている
回線です。もう一つのLTEは月間7GBまでと通信料が決まっています。

しかし、周波数帯がWIMAX程は高くないので、柔軟性に優れていて建物に
回り込んで電波を届けます。室内の奥まったところでも通信可能ですので、
安定した環境でインターネットを利用することが出来ます。

■モバイル回線は解約の必要がないので安心

  • 引っ越し先が通信エリア内であれば手続き不要で使い続けられる
  • 引っ越しに伴った解約や移転手続きなしなので楽

モバイル回線は通信回線を必要としないインターネット環境ですので、引っ越し
の際にも工事や手続きがなくそのまま新しい住居で使い続けることが出来ます。

引っ越し先が通信エリア内かどうかを公式サイトでチェックして、通信エリア内で
あれば問題なく利用できます。通信エリア外の場合は利用できませんので解約
をすることになりますが、これは固定回線でも同じことです。

解約に伴い契約更新月以外では違約金がかかりますので、引っ越しのタイミング
を自分で調節できる場合は違約金がかからない月にしましょう。

また、旅行や出張窓でも通信エリア内であれば通常通り利用することが出来ます。
モバイル回線は、コードレスで小型の機器を使うのでさまざまなシーンで便利に
使えます。

一人暮らしで家を空けることが多い人に向いている通信回線です。