家のインターネット通信費を安くするには?一人暮らしの節約法?

■家のネット代を安くするには?利用用途を考えよう

  • メールやSNS、ネットサーフィンが中心なら月間7GB以下のデータ量
  • 固定回線の贅沢な通信環境は最新式の高性能パソコンでないと無意味

家のネット代を少しでも安く済ませたいのであれば、まずはネットの利用用途を
考え直す必要があります。用途に合わせて最適な回線を選びましょう。

ネットをオンラインゲーム中心で使っているのか、メール中心で使っているのか、
ネットサーフィン中心で使っているのかで、必要な通信速度・データ量がかなり
違ってきますね。

調べてみると、画像が貼ってある通常のサイトを1回閲覧するのに必要な
通信速度は1Mbps以下で、データ量は200KB~2MBです。

光回線の通信速度は、最大で1Gbpsという1000Mbpsの速度が出ますし、
月間無制限のデータ量を通信できるのですが、速度もデータ量もこんなには
いらないのです。

一般的なインターネット・ユーザーが毎日1時間ネットサーフィンをして1時間
超高画質な動画を見ても月間7GBには届かず、通信速度も5Mbpsあれば
足りてしまいます。

月間7GBの通信の制限は一部のヘビーユーザーに向けた制限なのです。

光回線の超高速で大容量のデータ量を通信できる環境はほとんどのユーザー
には不要な贅沢すぎる環境なのです。

また、光回線の贅沢な環境をフルに生かすためには、最新式の高性能パソコン
が必要となりますよ。スマホしかない場合は、まったく光回線の環境を生かせません。

■ネットのヘビーユーザーは実はほんの一部

  • 多くのユーザーは自分のことをヘビーユーザーだと思っている
  • 3日間で839万パケットを越えなければヘビーじゃない

ネットを使っている若者のほとんどは自分のことをインターネットヘビーユーザー
だと思っているのですが、実はヘビーユーザーはごく一部なのです。

調べてみると、ネットには「帯域制御の運用に関するガイドライン」という基準が
あります。これは、通信回線を占領してしまうヘビーユーザーを締め出すための
制限のガイドラインですね。

このガイドラインでは、3日間で通信したデータ量が合計約1GBに達したら、
翌日まで通信速度を落とす制御の実施を促すものです。

つまり、3日間で1GBのデータ量を通信しないユーザーはヘビーユーザー
ではありません。1GBのデータ量はどれくらいなのか、見ていきましょう!

■1GBのデータ量の目安は?

  • メールにすると薬267万通と膨大な量の通信が可能!
  • 3日間で1GBを超える人はほとんどいない

通信制御のガイドラインでは、3日間1GBの通信が可能となっています。
1GBのデータ量とは以下のような量です。

メール 約267万通
通常のサイト 約2,168ページ
超高画質動画 約4.7時間
音楽のダウンロード 約255曲

これを見て分かる通り、3日間で1日に1時間以上ネットサーフィンをして
1時間以上超高画質動画を見ても1GBには達しないですよね。

ヘビーユーザーであれば、このデータ量を1日で使い切ってしまうことがあります。
ほとんどのユーザーはそんな事態にはなりません。

通信制限がある環境でも常識の範囲内でネットしているなら、問題ないのです。

■通信制限はあるが安定しやすいモバイル回線

  • モバイル回線のLTEは電波が柔軟に進んで途切れにくい
  • WIMAXは途切れやすいので注意が必要

光回線の環境が贅沢すぎていらない場合はモバイル回線が良いでしょう。
モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があります。

LTEは周波数が高くないので電波が柔軟に狭いところにも入っていくのです。
ですので、室内でも屋外でも繋がりやすく快適に通信が出来ますよ。

もう一つのWIMAXは通信速度は速いのですが、電波の直進性が強すぎて
途切れやすいというデメリットがあります。

しかし、無制限で利用できるのでヘビーユーザーには向いている回線と
言えますね。

■ネットを使う時間帯に注意をすればさらに快適に通信できる

  • 平日は午後8時~10時までがネットユーザーが増える時間帯
  • 休日は午前中にネットを使いましょう

ネットは利用する時間帯によって繋がりやすさに差が出ます。

それは固定回線でもモバイル回線でも同じことですので、ユーザーが増える
時間帯を把握しておいて、その時間帯を避けて通信すれば問題なく快適に
ネットを利用することが出来ます。

平日は午後8時~10時までの時間帯がユーザー数が増えますね。
この時間帯を出来るだけ避けて通信しましょう。

そして休日は1日中ユーザー数が多いのですが、特に午後に増える傾向が
あります。ネットを使って調べ物をしたり、動画を見たりするなら午前中にして
おきましょう。

その方が快適にネットに繋がりますよ。

また、モバイル回線で使う通信端末は窓際において方が繋がりやすいのです。
もし家で通信していて電波を拾いにくかったら窓際に置いておきましょう。

■快適な通信速度はどれくらい?

  • すべてのインターネットサービスを利用するのは5MbpsでOK
  • 超高画質動画でも3.5Mbpsあればよい
  • モバイル回線でも安定した通信が出来るので快適

光回線はフレッツ光だと最大値の通信速度は1Gbpsです。

1Gbpsというのは1000Mbpsなのですが、全てのインターネット
サービスを使うのに5Mbpsもあれば十分と言われていますね。

通信速度がもっとも必要な超高画質動画は3.5Mbpsとかなりの低速です。

光回線の最大値の通信速度1Gbpsは光回線に理想的な環境でないと
出ないので、めったに実現しない速度なのですが、それでも光回線の
平均的な通信速度は60Mbps以上なのです。

インターネットのすべてのサービスを使うのに、十分すぎる通信速度です。
あまり動画を見ない人には、もったいない環境ですよね。

モバイル回線の場合はWIMAXは最大値の通信速度は220Mbpsですが、
平均は40Mbps~60Mbpsですので、モバイル回線でも十分なのです。

LTEのモバイル回線は最大値の通信速度は165Mbpsですが、平均の通信
速度がWIMAXと同じくらいなので、インターネットサービスは快適に使えますよ。

インターネットを快適に使うためには、実は通信速度よりも通信の安定性の
ほうが重要なのですね。

通信の安定性はping値であらわされるのですが、快適な通信には50ms
くらいの通信の安定性がいります。

光回線は固定回線なので30ms~50msなので安定した通信が出来るの
ですが、WIMAXは周波数帯が高いので電波が安定せず、ping値は100ms
くらいになってしまいます。

LTEだとping値は50msくらいになります。固定回線程ではないのですが、
WIMAXよりも安定した通信をすることが出来ますよ。

■スマホも含めたトータルコストを下げるならモバイル回線

  • スマホのパケットを解約しモバイル回線にするとお得
  • モバイル回線の通信費しかかからないので料金の仕組みもはっきりする

スマホ・タブレット、光回線と契約をしていると、どうしても通信費がかさみ
ますよね。しかし、簡単に契約をする方法があるのです!

それは、スマホのパケット料金プランを解約し、タブレットの料金プランも解約
をして、光回線をモバイル回線に変更する方法です。

モバイル回線はコードレスで小型の通信端末なので持ち運ぶことが出来ます。

家の中でも外でもネットが出来るので、スマホやタブレットの料金プランを
解約して今までどおりにつけます。

モバイル回線の料金プランのみになりますので、料金の仕組みがシンプルに
なり混乱しなくなります。

■最安値のモバイル回線は?

  • ヤフーwifiの303HWなら月額2,743円とかなりお得

モバイル回線にはWIMAXとLTEがありますが、お得なのはLTEの方ですね。
LTEは、月間7GBの通信量の制限があるのですが、通信が安定しやすく
快適にネットに繋がれます。

そして、このLTEの中で業界最安値なのがヤフーwifiなのです!
月額2,743円でテレビチューナーもついている通信端末です。

初期費用は3,000円で端末代も端末送料も無料ですよ。
オンラインで申し込をして数日後に自宅まで送られてきます。

簡単な設定だけで使えるようになるので契約も工事も必要ない手軽な
ネット環境なのです。

スマホの料金プランも5,000円前後、タブレットも5,000円以上、光回線の
料金も5,000円前後ですので、スマホ、タブレット、光回線と3つの料金プラン
を支払っていると毎月15,000円以上の通信費がかかってしまいますね。

それがモバイル回線1本にしてスマホ、タブレットの料金プランを解約する
だけで、月額3,000円前後になるのです!

5分の1くらいの通信費で今までとほとんど変わらない通信環境が手に
入りますよ。

■契約の際には公式サイトをプリントアウトしておきましょう!

  • 最低利用期間は2年間もあるのでその間にサイトの内容が変わる

モバイル回線の契約の際には公式サイトをプリントアウトしましょう。

モバイル回線も固定回線と同じように最低利用期間というモノがあり、
2年間は解約に違約金がかかります。

契約の際のサイト内容がそのまま2年間同じということはまずありません。
契約時の公式サイトの内容をプリントアウトしておけば、変更された時に
比較することが出来ますよ。

サイトの内容の変更などは契約者に告知されませんので、定期的にサイトを
チェックするようにしてくださいね。

■オンラインゲームをするなら光回線が必要!

  • オンラインゲームをするなら光回線の安定性がないとダメ
  • スマホの料金プランを解約するだけでも節約になる

オンラインゲームは光回線がないとスムーズに楽しむことが出来ません。
オンラインゲームのユーザーはモバイル回線では無理ですので、光回線に
しましょう。

たま、週末に少しオンラインゲームをするだけならモバイル回線でも十分ですよ。
オンラインゲームには通信の速度よりも安定性がいるので固定回線の環境が
いるのです。

オンラインゲームをしたいなら、スマホやタブレットの料金プランを解約して
光回線に契約をしましょう。スマホの料金プランを解約するだけでも毎月
5,000円の節約になります。