簡単に繋ぎたいインターネット。どうやったら手間がかからない?

■一人暮らしのインターネット。面倒なものワーストリスト

  • 回線に適応しているプロバイダ選び
  • 回線設置工事の立ち合い
  • 解約の手続き

一人暮らしでインターネットを利用し始める場合は、契約などが面倒ですよね。
出来る限り簡単に始めたいものですが、面倒なものをリストアップしておけば、
どのような手順で進んでいけばいいのかが分かりやすくなります。

ここでは、インターネットの接続で面倒なものリストをご紹介していきましょう!
まず、一番最初に通信回線の公式サイトから申し込みをするのですが、プロバイダ
を決めなければなりません。

プロバイダとはインターネットと通信回線を繋ぐ架け橋なので契約は必須です。
プロバイダは通信回線と同時に契約するので、申し込みの時点で決めます。

プロバイダごとに月々の利用料金もサービス内容も違うのです。
通信回線の公式サイトで比較して決めてくださいね。

そして、プロバイダを決めて申し込みをしたら、契約を行います。
契約後は、通信回線の設置工事をするのですが、立ち合いが必要なのです。

工事自体は15分から30分くらいで終わります。工事はただ見ていればいいの
ですが、事前にアパートの管理人へ許可を取りましょう。

そして、通信回線の手続きでもっとも面倒なのが解約手続きです。通信回線と
プロバイダは別々に解約手続きをする仕組みになっているのです。

プロバイダの解約し忘れに注意をしてくださいね。

一連の流れを見て、こんなに面倒な方法ではなく、もっと簡単にインター
ネットを始めたいと思うはず。

こんな場合は、モバイル回線はどうでしょうか?

■とにかくすぐに!簡単に!ネットを繋げたい

  • モバイルwifiルーターが簡単!
  • ヘビーユーザーでも安心の無制限回線も!

インターネットを簡単に便利に利用したいなら、モバイルwifiルーターを使った
通信環境が良いです。モバイル回線について調べました。

モバイル回線とは、モバイルwifiルーターという通信機器を利用してインター
ネットに繋がります。コードレスなので無線通信です。

小型の機器なのでカバンに入れて持ち運べます。家でも外でも使える
無線通信だから回線工事いらずで手続きも簡単ですよ!

モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があるのですが、WIMAXは
通信量が無制限です。1日中インターネットを利用するヘビーユ-ザー
でも問題なく使えます。

LTEは月間7GBという通信量の制限があるところや通信の繋がりやすさが
スマホと近いので、一般的なユーザーは便利に使えます。

■モバイル回線は初期費用が安いけど違約金は高い

  • フレッツ光の集合住宅向けプランの初期費用と違約金
  • WIMAXの初期費用と違約金

モバイル回線は手間がかからず、工事も不要で簡単にインターネット環境が
手に入ります。

工事不要な分、初期費用は安いのですが違約金は高く設定されています。
ここではフレッツ光の集合住宅向けプランの初期費用と違約金、WIMAXの
初期費用と違約金を比較してみましょう。

調査の結果がコチラです。

フレッツ光 集合住宅向けのプラン 初期費用 18,800円 違約金 1,500円

WIMAX 初期費用 3,000円 違約金 1年目19,000円 2年目14,000円
3年目9,500円

このように、フレッツ光は契約1年目であっても2年目であっても違約金の金額に
変わりはありません。しかし、WIMAXは大きく変わりますので、解約のタイミングに
注意がいります。

どちらの回線でも契約更新月に解約をすれば違約金は0円になる仕組みです。
初期費用を押さえたいし、インターネットに詳しくないという場合はWIMAXが
良いですね。

■WIMAXを1年以上使い続けるために

  • 通信エリアの確認をしましょう
  • 端末は窓際に置きましょう

WIMAXは通信エリアかどうかを公式サイトで確認することが出来ます。
自宅の住所を打ち込んでチェックをしてから契約しましょう。

また、通信端末は窓際に置いておくと電波をチェックしやすくなりますので
窓際を定位置にしてください。

建物の外壁は電波を遮断してしまうのですが、ガラスは電波を通すので
通信が安定しやすくなります。

■WIMAXは固定回線よりも安い料金で高速通信が出来る

  • WIMAXのギガ放題は月額4,380円
  • 安定性があまりないけど高速な通信が出来る

WIMAXは月額の利用料金が固定回線よりもお得です。ギガ放題という高速
通信使い放題プランでも月額4,380円で、フレッツ光のギガ放題プランの月額
5,100円~を1,000円以上下回る金額ですね。

毎月好きなだけインターネットを利用したいけれど通信費は節約したい人に
ピッタリです。WIMAXは固定回線のような安定性はないけれど、高速な通信
が出来るので快適に繋がる環境ではストレスなくインターネットを活用できますよ。

ただ、オンラインゲームは固定回線の環境でないとストレスなく楽しむことが
難しいでしょう。オンラインゲームがしたい場合は、固定回線が良いです。

■固定回線+無線LANも意外と面倒くさい

  • 無線LANの通信の仕組み
  • 無線LANを飛ばすにも固定回線契約は必要
  • 有線LANと無線LANは通信の安定性も違う

有線LANルーターの場合はLANケーブルで繋がっている通信機器しか
インターネットに繋がることが出来ません。

固定回線を設置して無線LANを飛ばすと、無線LAN一台で複数の通信機器
と通信をすることができるようになります。

無線LANルーターはwifi親機なのですので、wifi子機であるスマホやパソコン、
タブレットなどと通信をすることが出来るようになるのです。

とても便利なのですが、無線LANを利用する場合でも有線LANを利用する
場合でも契約の工程や工事の時間などはほとんど違いません。

通信回線の公式サイトから申し込みをし、契約をして、回線設置工事に立ち会い、
インターネットがつなえるようになります。

回線設置工事にかかる時間もほとんど差はなく、申し込みから使えるようになる
までの手順も同じですね。

有線LANと無線LANの違いは、通信にケーブルが必要か不要かと、一度に
通信できる機器の台数、そして通信の安定性ですね。

インターネットからパソコンまで全ての工程をケーブルで通信する有線LANは
住宅事情などに通信の安定性を阻まれたりしません。

しかし、LANルーターからパソコンやスマホまでを無線で通信する無線LANは
住宅事情によって途切れやすくなります。

無線LANルーターをリビングに置いていて、トイレなどでスマホからネットに
繋がろうとしてもドアなどに電波を阻まれて通信が不安定になることもあります。

無線の電波はドアなどに遮られてしまう程、弱いです。

■モバイル回線を選ぶならWIMAXか、LTEか

  • 周波数帯が高く直進性が高いWIMAX
  • 周波数帯が高くないので柔軟性があるLTE

モバイル回線は無線での通信ですので、電波の特徴がそのまま通信環境の
特徴になります。電波の特徴は周波数帯の高さによって決まるのですが、
モバイル回線には種類が2つあるのです。

1つは周波数帯が高く電波の直進性が強いWIMAXです。周波数帯が
高いと電波は高速で強くなりますが曲がることが出来にくくなってしまいます。

建物などがあってもそのままぶつかってしまい、途切れてしまうので室内の通信
には向きません。

LTEは周波数帯が高くない分、電波が柔軟なのです。狭いところにも曲がり
くねって入り込むため、室内の奥まったところでもスマホのようにスムーズに
通信することが出来ますよ。

ですので、電波の特徴でモバイル回線を決めるならLTEの方が良いでしょう。
しかし、LTEには月間7GBという通信料の制限があります。

WIMAXには月間の通信量の制限はないので、好きなだけ通信することが
できますよ。

■インターネットを多く使う場所によって回線の種類を選びましょう!

  • 室内でよくネットするならLTE
  • 屋外での通信が多いならWIMAX

インターネットを利用する場合は、室内でよくネットをするか屋外でよくネットを
するかで回線の種類を決めるのも一つの手です。

先ほど説明したとおり、LTEは室内の通信に向いているので家の中や職場、
学校などでネットをよく利用する人に向いていますね。

そして、WIMAXは駅や公園、外で待ち合わせをしている時などによくネットを
利用する人に向いています。

利用することが多い状況に合わせて、回線の種類を選ぶようにしましょう。

■公共無線LANスポットを利用する時の注意点

  • 大切な内容のメールなどはやり取りしないようにしましょう!
  • 「https」で始まるサイトだけを利用してください!

街中によく公共無線LANスポットという無料でwifiを利用できるサービスが
ありますが、このサービスは不特定多数のユーザーが利用出来てしまうモノ
なので、利用には注意を払ってください。

まず、メールをする場合は仕事のメールなどは避け、プライベートの簡単な連絡
のやり取り程度にしておきましょう。

大切な個人情報カード情報や、住所、電話番号などをメールで送ったりする場合は、
公共無線LANスポットではない自宅などで行いましょうね。

また、「https」という文字で始まるサイトしか開かないようにしてください。

「https」のサイトであればセキュリティーがシッカリしてるので安全性が高い
からです。便利なサービスを利用するには、それなりの注意点を守ることが
必要です。

■野良wifiにはアクセスしないでください!

  • よくわからないwifiに繋がるのはやめましょう!

野良wifiと呼ばれるどういうwifiなのかよくわからないアクセスポイントが街中には
溢れています。他人のwifiであったり、登録していないwifiスポットのアクセスポイント
だったりするのですが、そういったところにはアクセスしないようにしましょう。

中には個人情報を覗かれたり、ウイルスを配布されたりするアクセスポイントも
ありますので、くれぐれも気を付けてくださいね。

また、パソコンにはウイルス対策ソフトをインストールするなどしてwifi子機でも
防犯をした方が良いでしょう。また不要な時はwifiをオフにしておくだけでも
防犯性が上がりますよ。

wi-fiのつなぎ方はアパートとマンションでは同じ?どう繋げるの?

■自宅(賃貸マンション)にWi-Fiが使える環境をつくりたい。何から始める?

  • 自宅が対応している回線を調べよう
  • 回線が対応しているプロバイダの中から好きなものを選ぼう
  • 通信回線と無線LANルーターを設置する工事をしてもらおう

自宅でwi-fiを始めたいなら、まずは自宅のマンションやアパートが対応している
通信回線を調べる必要があります。

契約書の内容を確認したり、管理人に直接電話で確認をしたりして回線を
調べるようにしてください。

集合住宅には、1本の通信回線を引くので対応している通信回線以外の
ネット環境はなかなか契約が難しいのです。

通信回線に強いこだわりがないようであれば、すでに対応している回線に
契約をしましょう。

そして、その通信回線をインターネットに繋げるにはプロバイダと呼ばれる会社
と契約をする必要があります。

プロバイダは、通信会社によって対応している会社が違いますので、通信回線
の会社に対応しているプロバイダの中から好きな会社を選びましょう。

そして、通信会社の公式サイトからオンラインで申し込をする際にプロバイダとも
同時契約をすることが可能ですので、同時に契約してしまいましょう。

契約を済ませたら、いよいよ通信回線と通信機器を設置する工事が行われます。
工事自体は15分~30分くらいで終わります。

この工事の際に回線と一緒に通信に必要なモデム、そしてWi-FIを飛ばすのに
必要な無線LANルーターをレンタルできるのです。設置も行ってもらえます。

■光回線+無線LANルーターの環境は簡単に作れる?

  • オンラインで申し込、契約、工事立ち合いのみでOK
  • 自分で通信機器を設置する訳ではないので知識がないでも安心

光回線で通信行い、無線LANルーターでWi-FIを飛ばすという環境はインターネット
の知識のない人でも簡単に作ることが出来るのでしょうか?

調べてみると、まず光回線にはオンラインで申し込をすることが出来ます。その後、
電話連絡があり契約へと進み、工事日を決めて、工事の日に立ち会いをします。

回線の設置工事はまず外の電線からあぱーとの共同スペースにまで伸びている
回線をエアコンの配線口から部屋の中へと引きいれます。

そして、回線をモデムと呼ばれる通信に必要な機器へつなげて、そこからさらに
回線で無線LANルーターに繋げます。

無線LANルーターはWi-Fi親機ですので、そこからWi-Fi子機内臓のパソコンや
スマホ、タブレットへと電波で繋がっていくのです。

自分で通信機器を設置したり、回線を引き入れたりしないのでインターネットの
知識がなくても機械が苦手でも大丈夫ですよ。

■アパートとマンションでは繋げ方に違いがある?

  • アパートやマンションなどの集住住宅のタイプでは違いはない
  • 住宅事情により回線の引き入れ方に違いがある

通信回線を設置してWi-Fiを繋げるときにアパートとマンションでは繋げ方に
違いはあるのでしょうか?調査をしてみました。

その結果、まずアパートとマンションという集合住宅のタイプでは通信回線や
無線LANルーターの繋げ方に違いはないことが分かりました。

しかし、住宅事情などにより通信回線の部屋への引き入れ方に違いがあるようです。
基本的に通信回線は先ほどもお話ししたとおり、エアコンの配線口から
部屋の中へと引き入れます。

しかし、エアコンの配管口がない場合や建物の構造上、通信回線を引き入れ
られない場合は電気の配線口からになります。

そして、電気の配線口からも回線を引き入れられない時には外壁に直径5cm
くらいの小さな穴をあけてそこから通信回線を部屋へと引き入れるのです。

ドアや窓から引き入れると閉まらなくなってしまい、防犯上よくありませんので、
このような方法となります。

外壁に穴をあける場合は工事にかかる時間が伸びますが、それでも1時間
以内には終わります。工事には必ず立ち合いが必要となります。

最初から最後まで立ち合い疑問点などは、その場でぶつけるようにしましょう。

■モバイルwifiルーターは回線工事なしでWi-Fiが飛ばせる

  • モバイルwifiルーター自体がWi-Fi親機でコードレスなので工事不要
  • 一人暮らしに向いているネット環境

自宅にWi-Fiを飛ばす場合、固定回線の工事が必要となります。
しかし、固定回線は実はオンラインゲームを利用する人しか必要の
ない贅沢な環境なのです。

多くの一般的なユーザーはモバイルwifiルーターという通信機器を使った
モバイル回線で十分なのです。

モバイル回線はコードレスでコンパクトなモバイルwifiルーターを介してインター
ネットに接続する方法で、モバイルwifiルーター自体がwifi親機となります。

インターネットに屋内でも屋外でも繋がることが出来るので、家を留守にする
ことが多い一人暮らしにとって無駄のないネット環境と言えます。

■WIMAXとLTEの2種類あるモバイル回線

モバイル回線には2種類あり、安定しやすいが通信量の制限があるLTEと
不安定ではあるが無制限のWIMAXとに分かれます。

用途に合わせて選ぶようにしてください。

■光対応のマンションならバッファローの無線LANルーターを買うだけで無料でwi-fi可能?

  • 光回線への契約が必要となる
  • 光回線が部屋まで届いていなければ回線設置工事が必要
  • 無線LANルーターはレンタルしてもらえる

光回線に対応している賃貸アパートだと、回線の契約や設置工事なしで通信が
できると思ってしまいがちですが、実は契約が必要となります。

光回線の会社の公式サイトから申し込みをしても良いですし、電話で申し込み
をしても良いのですが、自分で光回線のサービス提供会社への連絡が必要です。

また、光回線に対応している賃貸アパートでも各部屋まで通信回線が届いて
いる場合と、アパートの共同スペースにまでしか届いていない場合があります。

共同スペースにまでしか届いたいない場合は部屋まで回線を伸ばす工事が、
部屋まで届いている場合でも回線の設定を変更する工事が必要となります。

契約の際に光回線の会社の担当者が確認をしてくれるので、工事が必要
という判断されたら、工事日にはしっかり立ち合いをしましょう。

また、バッファローの無線LANルーターを購入してもよいのですが、光回線
の提供会社が無線LANルーターをレンタルしてくれるので購入は必須では
ありません。

光回線に対応しているアパートでも申し込みと契約、回線工事が必要と
なります。バッファローの無線LANルーターの購入は自由です。

■工事とか機械オンチでよくわからない。簡単にwifiするには?

  • 業者の人が一から十まで工事は行ってくれる
  • 立ち合いの際に工事の説明もしてくれるので安心
  • 工事自体に抵抗があるならモバイル回線

光回線でwifiを飛ばす際に機械オンチだと工事が良くわからなくて不安ですよね。
しかし、調べてみると工事は一から十まで業者の方が行ってくれるので、自分で
行う必要がないのです。

機械オンチでも、手先が不器用でも、業者の工事に立ち会いをするだけなので
問題なくwifiの環境を整えることが出来ます。

また、立ち合いの際には工事の工程も説明してもらえるので、光回線の仕組みも
良くわかります。予備知識がなくても大丈夫ですよ。

そして、光回線に対応しているからと言って、必ずにも光回線に契約しなければ
ならないというわけではないのです。回線が不要なモバイル回線であれば工事
なしですので、もっと手軽にインターネットを始めることが出来ます。

■手軽に始められるモバイル回線

  • オンラインで申し込をして自宅に端末が届くので手続きも工事もなし
  • 月額は3,696円とリーズナブル

手軽に始めることが出来るモバイル回線は、プロバイダの公式サイトから
オンラインで申し込をすることが出来ます。調査の結果、クレジットカードの
情報を入力した方が手軽に始められることが分かりました。

口座振替でも料金の支払いは出来るのですが、口座振替の場合は口座に
関する書類の往復が必要となりますので、2週間前後かかってしまいます。

クレジットカードであれば情報を入力してカードが有効かどうかを確認してもらう
だけですので、早ければ翌日に通信機器を発送してもらえます。

面倒な手続きも回線工事も不要です。通信機器が自宅に届いたら数分で済む
設定を行いすぐにインターネットに繋がることが出来ます。

モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があり、WIMAXは無制限で利用
できる代わりに通信が不安定になりやすく、LTEは月間の通信量の制限が
ある代わりに通信が安定しやすいというメリットがあります。

用途に合わせて自分に合っている方を選びましょう。モバイル回線は、固定
回線程の安定性はありませんが、全てのネットサービスを利用する上で困る
ことはありません。

■モバイル回線なら必要な機器はルーターとスマホなどの通信機器のみ

  • 複数の機械を使う固定回線と違い分かりやすい仕組み

モバイル回線は、モバイルwifiルーターを使ってインターネットに接続を
するので必要なのはモバイルwifiルーターとスマホやタブレットなどの
通信機器のみとなります。

固定回線のように回線ケーブルやモデムと呼ばれる通信に必要な機器、無線
LANルーターと言って複数の機械はいらなくなります。機械オンチで工事をして
もらえるとはいえ、回線の設置には不安がある場合はモバイル回線が良いでしょう。

■モバイルwifiルーターは1日からレンタルできる!

  • 契約前にレンタルをして実際に利用することが可能

モバイル回線に必要な機器、モバイルwifiルーターはWIMAXでもLTEでも
レンタルすることが出来ます。

いくつかレンタル業者があり1日400円代で借りることが出来るので、実際に
使ってみて契約をするかどうか決めることが出来ます。

実際に使ってみないと通信速度や電波の入り具合は分かりませんので、
契約前にレンタルを利用して家やよく行く場所で試してみてください。

また、時間帯によっても繋がりやすさは変わりますので、朝、昼、夜と
さまざまな場所で様々な時間帯に通信を行ってみてください。

繋がりやすい場所や時間帯が分かるかと思います。