徹底解説!ヨドバシカメラでWIMAXを申し込むメリット

1-1 WIMAXとヨドバシに何の関係が・・・?

今や高速モバイルインターネット回線の王者とも言える存在になったWIMAX。
その速さはLTEなどと比べても速く、光回線の代わりとしても十分な速度です。

そんなWIMAXですが、実はちょっと複雑な点があります。
それは、WIMAXを提供している会社がたくさんあることです。

1-2 WIMAXとプロバイダ
どういうことかわからない方のために説明しますと、例えば光回線ってありますよね?
光回線は光ケーブルを使った通信方式の名前であって、「光回線」という名前の会社があるわけではありません。

実際には、「フレッツ光」などの「プロバイダ」と言われる会社と契約をして、光回線を使用しますよね。

WIMAXもそれと同じで、プロバイダが多数存在します。
これらの会社は同じWIMAXというサービスを提供しています。

では各社の違いは何かというと、料金であったり選べる端末のバリエーションだったりするわけです。

例えば料金が安くなったり、最新の端末を選べたりなどできるわけです。
当然、ヨドバシカメラでもそのような特典を用意しています。

1-3 ヨドバシカメラ × WIMAXの利点とは?

さて、WIMAXには幾つものプロバイダが存在するとお伝えしましたが、その多くはインターネット経由でしか申し込みできません。

そのため、大手の通信キャリアで契約するのとは違って、手厚い説明やアフターケアというものは基本的にありません。

したがってWIMAXを始めて使う方や年配の両親のためにWIMAXを契約してあげたいという方にとっては、結構戸惑いやすいシステムであると言えます。

一方ヨドバシカメラのWIMAXの場合、もちろんインターネット経由の申し込みも可能ですが他に、ヨドバシカメラ店頭での申し込み・設定が可能です。

WIMAXについて何も知識がなくても店員さんが手取り足取り教えてくれるというのはとても安心ですね。しかも一切追加料金などはなしで。

さらにヨドバシカメラのWIMAXで選べる端末も大変魅力的となっています。

最高のWIMAXルーターと言われているNEC製の「WX02」。
ヨドバシカメラのWIMAXではこの端末が実質1円で手に入ります。

2-1 ヨドバシカメラで買える端末、WX02の魅力

この「WX02」、現時点でWIMAXを使うとなるとこれがベストの選択になります。

というのもこの端末の先代「WX01」も非常に評判の高かった機種で、このWX02はそれの改良版に当たるからです。

突然ですが、皆さんはモバイルルーターなどのモバイル機器に何を重視しますか?

おそらくバッテリーの持ちや軽さ、持ち運びのしやすさを重視する人が多いのではないでしょうか。

実はこのWX02、その全てを兼ね備えたまさに「最強」の端末なのです。

2-2 WX02のバッテリーは長持ち!?

どんなに高性能な機器であっても、バッテリーが切れていたらただの文鎮同様ですよね。
しかしWX02なら心配いりません。

「WX02」には、エコモード、バランスモード、ハイパフォーマンスモードの3つの電力モードが有ります。

バッテリー消費量はハイパーパフォーマンス>バランス>エコといった感じです。通信速度などのパフォーマンスはちょうどこの逆で、エコモードが一番低いといった具合です。

この中で一番無難なのはバランスモードです。なぜならバランスモードに設定しおけば勝手に電力を抑えて動作するように動いてくれますし、一定時間以上通信がないと自動的にスリープモードになって電力消費を抑えてくれます。

また筆者の経験上、ハイパーパフォーマンスモードにしてもあまり通信速度は変わりませんでしたので、バランスモードにするのがオススメです。

連続通信可能時間はバランスモードで8時間ほどです。また、エコモードに設定するとなんと10時間の連続通信が可能です。

この数字はあくまで連続通信可能時間、つまり常になんらかの通信をしながら使える時間なので、時々通信したりしなかったりするバランスモードですと丸1日は確実に使えます!

「バッテリーが持つって言ったって、そんなもんか」と思っているあなた。
実はまだまだバッテリーが長持ちする使い方が隠されています。

その方法とは「blutooth接続」

みなさんの中にも、blutoothという名前を聞いたことがある方は多いと思います。主にイヤホンやワイヤレスキーボードで使われる言葉ですね。

これはどのようなものかと説明しますと、ケーブルで繋がっていないものどうしを無線で繋げるための技術です。

なので、主にイヤホン・ヘッドフォン・キーボードで聞くというわけですね。

しかし、この技術はそれだけに限らず、あらゆるデータを送受信することができます。
実際にはあまり大きなデータは送れないのですが、メールやSNSのチェック程度でしたらほとんど不便なく行えます。

話を元に戻しましょう。blutooth接続+エコモードを使えば、連続通信可能時間を12時間まで伸ばすことができます。

動画を見たり大きなデータのやり取りをするには物足りない速度しかでませんが、逆にスマホやパソコンでメールチェック・SNS・画像が少ないウェブサイト閲覧などの目的なら十分使えます。

このようにただでさえバッテリーが長持ちするだけではなく、自分の目的に合わせて設定を変えることでさらに持続時間を延ばせるという利点がこの端末にはあるのです。

先ほどバッテリーが長持ちすると書きましたが、こんな風に思った方はいらっしゃいますか?

「バッテリーが長持ちするってことは、めちゃくちゃ重くて大きいんじゃない?」と。

いいえ、実はその真逆。薄くて軽いんです。
WX02の厚さはわずか9.3mm。だいたいiPhoneと同じくらいです。

また大きさも、約110×66mmと大変コンパクトで、ポケットに入れてもがさばる心配はありません。

重さも95gとほとんど気にならないくらいの軽さです。

2-3見やすい画面で楽チン!

突然ですが、あなたは実物のモバイルルーターをご覧になったことはありますか?

まだご覧になったことのない方に説明しますと、モバイルルーターには画面も何にもなく、せいぜい充電状況を表すランプが3〜4個あるぐらいの製品がほとんどです。

画面もなしでどうやって設定できるのでしょうか?
実はそのような機種では、1度モバイルルーター本体とパソコンやスマホと接続してから、webブラウザ(InternetExplorerやsafariなど,インターネット閲覧用のアプリ)経由で設定を行う必要があります。

正直初心者にやらせるには結構酷な作業だと思いますよ。

しかしその点WX02は非常に初心者に優しい作りになっています。なんってったって本体に大きな画面が付いているのですもの。

基本的に初期設定や電波の強度、充電状況といった情報は本体についている液晶画面で確認できます。

そのため初期設定でも煩わしい作業をする必要は一切ありません。なのでモバイルルーターを買ったことどころか見たことすらないという方でも安心して購入することができますね。

またWIMAX2+では基本的に1ヶ月毎の通信制限はないものの、3日間での通信制限は存在します。

具体的には3日間で1GB以上通信してしまうと通信制限がかかってしまうという感じですね。(ただし通信制限がかかっていると言ってもYoutubeの標準画質くらいなら問題なく見られる程度ですので安心してください。)

そのような仕組みがある以上、今までどのくらい通信してきたか簡単に確認できる機能が欲しいですよね?

そんな時に活躍してくれるのが先ほどもお話しした液晶画面というわけです。WX02は本体の液晶画面で直近3日間のデータ通信量を見ることができます。

このような機能があるおかげで、ついついやってしまいがちな通信しすぎ、またそれによって発生する通信制限を受けなくて済むようになりますね。

さらに、WX02はモバイルルーターの本業である「通信」の性能もダントツなんです。

3-1 えっ!?WIMAXにも2種類あるの?

そもそもWIMAXという通信方式は2種類あります。1つが何も付いていない普通のWIMAX、もう一つがWIMAX2+というわけです。

何やら凄そうなWIMAX2+。実は本当にすごいんです。

普通のWIMAXと何が違うかと言いますと、まず速度が違います。

WIMAX2+の最大通信速度は220Mbpsという速さです。具体的にどれくらい早いかと言いますと、現在最速の「光回線」の速さが1Gbpsという速度ですから、単純計算で光回線の1/3の速度を出せるということになります。

普通のWIMAXと比べるとその差は実に3倍。比べるまでもなく圧倒的に速いです。

3-2 比べて納得、WIMAX2+を選ぶ理由

WIMAX2+にも「エリアが狭い」という欠点があるにはあるのですが、急速にエリアが広がっているのであまり心配する必要はありません。

というのも、数年後に普通のWIMAXのサービスは終了することが決まっており、今後は完全にWIMAX2+に切り替わる予定があるからです。

つまり、遅かれ早かれWIMAX2+に統一されるわけですから、今のうちにWIMAX2+を始めた方が何かと都合がいいというわけです。

3-3 WIMAX2の強みを思いっきり活かせるWX02

前置きが長くなってしまいましたが結局言いたかったことは、「WX02はWIMAX2+に完全対応している」ということです。

WX02は220Mbpsの高速通信が可能で、WIMAX2+の機能を余すところなく利用できます。

せっかく速い回線を契約したのに端末が対応していなくて高速通信ができないなんて悲しすぎますよね。でもWX02ならその心配はいりません。

先ほども言った通り、ヨドバシカメラのWIMAXではこんなすごい端末が実質1円で入手できてしまうのです。

4-1 WIMAXだけじゃない!?ヨドバシカメラでWIMAXを契約する利点

今まで長々とWIMAXについてお話ししてまいりましたが、この章ではちょっと違うお話をします。

それは「WIFIスポット」についてです。

今の日本、特に都市部ではあらゆるところでWIFIが使えます。
例えば駅、空港、スターバックス、マクドナルド、新幹線車内・・・挙げていったらキリがないほどです。

現在の日本でWIMAXよりも速い通信手段を出先で確保するなら、間違いなくWIFIスポットを見つけるのが最善の選択です。

また、先ほどお話ししたような「3日で1GB」などという通信制限を回避するのにもWIFIスポットは大変役に立ちます。

要するに、できるだけWIFIでできる通信はWIFIで行うということです。

4-2 WIFIスポットとセキュリティ

このWIFIスポットには無料で使えるところと会員登録をしてお金を払わなければ利用できない場所の2種類があります。

そのうちの「無料で使えるところ」なのですが、正直ちょっと問題があります。
というのも、無料で使えるところは得てしてセキュリティが甘いのですよ・・・

ちょっとした休憩ついでに趣味のサイトを見たりする分には構わないですが、仕事のメールなどを送受信する際に盗みみられる危険性があります。

そんな心配をしなくて済むのが有料WIFIスポットです。なぜならパスワードを入力しなければ使えない仕組みになっていますし、最初からビジネス用途を想定しているので破られない暗号を使うなど、セキュリティが強固になっています。

そんな有料WIFIスポットですが、様々な会社が有料WIFIスポットを提供しています。正直ちょっと乱立気味です。

どうせお金を払うなら、広い範囲で使えるサービスがいいですよね?

ヨドバシカメラではそんなサービスを用意しています。

4-3 ワイヤレスゲートの魅力

見出しの「ワイヤレスゲート」という言葉。

これが、ヨドバシカメラが提供しているWIFIスポットの名称です。
利用できる場所はなんと全国に約40000箇所。もはや使えない場所の方が少ないかもしれません。

実際、空港や鉄道の駅、新幹線車内はもちろん、パーキングエリア・サービスエリアやカフェ・レストランでも使えます。

そのような場所は座りながらじっくり作業をするのに向いているので、長時間の通信をしがちですが、ワイヤレスゲートに接続すればモバイル回線での通信量を食わなくて済むようになります。

つまり、通信制限の回避に使えるということです。

通常ワイヤレスゲートを使うには390円/月の料金が必要ですが、ヨドバシカメラ経由で申し込むと無料で使えるようになります。

先ほどもお話しした通り、ワイヤレスゲートだけで日本のあらゆる場所でWIFIが使えると考えると非常にお得なのではないでしょうか。

これだけ使えて月額が4730円、さらに最初の3ヶ月間は月3991円で利用できてしまうのです。しかも端末代は1円。

実を言うとヨドバシカメラで申し込むより安く使えるプランはあるにはあるのですが、購入出来る端末が古かったり、アフターケアが不十分だったりします。

もちろんそれらを許容できる人にとっては大変魅力的になりますが、ヨドバシカメラでWIMAXを契約すると「充実したアフターケア・サポート」や「ワイヤレスゲート」といった付加価値が手に入るのです。

これは価値観の問題になってしまうので一概には言えませんが、非常に魅力的だと思いませんか?

実際、ネットの評判を見てもヨドバシカメラのWIMAXは高い評価を得ています。
もちろん個人の感想でしかないのは百も承知ですが、高い評判を得るというのは簡単なことではありませんし、それがこのサービスの良さを表していると考えることができるのではないでしょうか。

数あるWIMAXプロバイダの中でも珍しい、対面契約が可能なヨドバシカメラ。
近くにヨドバシカメラの店舗があるという方は是非1度足を運んで、店員さんに相談してみてください。

wimaxは本当に一人暮らしのインターネット環境に合ってるの?

■一人暮らしのネット回線にWIMAXは本当におススメか?

  • 手軽に始められて無制限というメリットがある
  • 通信が途切れやすく室内では繋がりにくいというデメリットもある
  • ヘビーユーザーには向いているが、一般的なユーザーはLTEがよい

一人暮らしのネット回線について調べていると、「WIMAXがよい」とか「WIMAX
は一人暮らしに向いている」といった記事をよく見かけます。

しかし、本当にWIMAXは一人暮らしのネット回線として適しているのでしょうか?
WIMAXのメリット・デメリットについて調査しました。

まず、WIMAXのメリットは通信回線を必要としないので面倒な手続きも工事も
一切必要なく、簡単に始めることが出来るという点です。

WIMAX以外のモバイル回線・LTEにある月間7GBという通信量の制限もなく
好きなだけ通信をすることが出来るので1日中インターネット環境が欲しい
ヘビーユーザーにぴったりの回線なのです。

そして、WIMAXのデメリットは通信が途切れやすいという点です。WIMAXの
電波の周波数帯は2.5GHzとかなり高い帯域です。

LTEのソフトバンクは1.5GHzという帯域ですので、その違いは歴然です。
これだけ周波数帯が高い数値だと、電波の直進性が強く光に似た特性を
持ちます。

高速で大容量のデータ通信もスムーズとなるのですが、その分電波が曲がり
にくく建物の壁などにぶつかって途切れてしまいます。

WIMAXは周辺に電波を遮るものが何もない状態であれば、高速な通信が
できるのですが、室内の通信は途切れやすく不安定となります。

WIMAXはキャリアアグリゲーションという電波を2つ同時に飛ばす技術を採用
しています。同じ種類の高速電波を2つ同時に飛ばすことで超高速通信を実現
しているのですが、同じ種類なので2つの電波が途切れてしまう条件も同じです。

WIMAXの通信方式は速度の向上にはつながりますが、電波の安定性向上
にはならないので、途切れやすくなっているのです。

また、WIMAXは無制限に利用できるのですが、ヘビーユーザーでない限り、
月間7GBという通信量の制限は越えません。

■WIMAXのメリットとデメリット

  • 無制限なので好きなだけ使える
  • 室内の通信には不向き
  • ネット利用料が多く周囲に広壮な建物がない住宅での通信に向いている

WIMAXのメリット・デメリットを見ていると、無制限で好きなだけ使える反面、
電波が途切れやすいということが分かります。

これでは使い物にならないのではないかと思われるかもしれませんが、WIMAX
に適している環境であれば有効活用できるのです。

まず、WIMAXの電波は途切れやすいのですが、木造の建物なら通り抜ける
ことが出来ます。つまり、木造のアパートに住んでいる場合はWIMAXを室内で
利用しても途切れにくく快適に利用できるのです。

また、周辺に高層で電波を遮ってしまうような建物がない環境でも通信は
スムーズに行えます。

こういった環境に住んでいて、ネットを毎日長時間利用する人にはWIMAXは
向いているのです。また、WIMAXの基地局が近所にある場合も通信がスムーズ
になるので快適にネットを使えます。

■WIMAXよりもLTEが向いている物件の条件は?

  • 鉄筋コンクリートの建物
  • 周囲を高層の建物に囲まれている住宅

WIMAXは木造の建物が向いていることが分かりましたが、反対にWIMAXが
向いておらずLTEの方が向いている建物の条件は以下のとおりです。

  • 鉄筋コンクリート製の建物

WIMAXは網目状の金属の建物は通り抜けることが出来ません。

ですので、鉄筋コンクリートのような網目状の鉄筋が入っているものも通り
抜けることが出来ないので、鉄筋コンクリートの建物はWIMAXには向いて
いません。

  • 周辺を高層な建物に囲まれている住宅

住宅自体が木造であっても周辺を高層の建物に囲まれていると、電波を遮断
してしまうので、通信をすることが出来なくなってしまいます。

こうした建物もWIMAXには向かないのです。

このようなWIMAXには向かない環境だとLTEの方がスムーズに通信できます。

LTEは電波の周波数帯が高くないので柔軟性に優れ鉄筋コンクリートの建物
でも曲がりくねって入り込むことが出来ます。

周辺を高層な建物に囲まれている場合でも入り込んで通信することが出来る
ので、途切れにくく快適にネットを利用することが出来ます。

■固定回線と同じ最低利用期間があるので注意しましょう

WIMAXにもLTEにも、固定回線と同じように契約から2年間の最低利用
期間があります。その間に解約をすると違約金が発生するのでくれぐれも
注意をしてください。

しかし、通信エリア内であれば引越しをする時でも手続きなしでそのまま利用
し続けることが出来ます。

■インターネットに必要な速度は?

インターネットの全てのサービスは5Mbpsの通信速度があれば問題なく利用
できます。高速の通信は、実は一部のユーザーにしか必要ないものなのです。

モバイル回線は固定回線程の速度は出ませんが、ネットの利用に支障をきたす
ようなことはありません。

■WIMAX以外のモバイル回線

  • LTEは4つの会社の回線がある
  • 周波数帯が高くないので電波が曲がりくねって届く
  • 月間7GBの通信制限がある

WIMAXは一人暮らしに向いている回線なのですが、住宅の事情やユーザーの
インターネット利用頻度によっては、適していない場合もあります。

そういった場合は、LTEの方が快適に通信を行えますよ。LTEとはWIMAXと
もう一つのモバイル回線のことです。

WIMAXはUQ WIMAXの回線のみを利用して通信を行うのですが、LTEは
DOCOMO、au、SoftBank、ワイモバイルの4つの会社の回線があります。

それぞれの会社でLTEのモバイルwifiルーターを契約すると、それぞれの会社
の通信回線をつかってネットと繋がりますので、契約する会社により通信環境が
大きく変わります。

また、LTEは周波数帯がWIMAXほど高くありません。

DOCOMO  800MHz、1.5GHz、1.7GHz、1.9GHz、2.1GHz
SoftBank  1.5GHz、2GHz
au  800GHz、1.9GHz、2.1GHz
ワイモバイル  1.7GHz

このような数値の周波数帯ですので、電波の特性が音に近いのです。
スマホと同じような感覚でネットに繋がります。

室内でも奥まった場所でも電波は隙間を縫って入り込むので、通信が途切れ
にくいです。

このようにLTEのメリットは4種類の回線があることと、繋がりやすさです。
しかし、当然デメリットもあります。LTEのデメリットは月間の通信制限です。

月間7GBの通信量までという制限があります。インターネットを常に利用したい
ヘビーユーザーを締め出す狙いがあるのです。

■固定回線が必要な人は?

  • オンラインゲームを楽しみたい人
  • ネットユーザーが増え通信が遅くなる時間帯メインで利用する人

WIMAXやLTEのようにモバイル回線もあれば、光回線や通話回線を利用
して通信を行うADSL回線もあります。

それぞれに特徴があるのですが、モバイル回線は屋内でも屋外でも通信を
する人、メールなどが中心の一般的なユーザー向けです。

固定回線はオンラインゲームなどの安定した通信環境が必要な人、そして仕事
の都合上などで、ネットユーザーが最も多くなる時間帯午後8時~11時までを
メインとしてネットを利用する人です。

高速で安定した通信環境が必須でない限り、固定回線は一人暮らしには必要
ない環境です。メールがメインでネットサーフィンを少しするだけならモバイル
回線で十分なのです。

■LTEの通信制限の目安

  • 毎日1時間ネットサーフィン+1時間動画視聴できる通信量
  • 音楽のダウンロードなども利用できる

固定回線には通信量の制限はありませんが、LTEのモバイル回線には
スマホと同じ7GBの制限があるのです。

1ヶ月間で7GBの通信量とはどれくらいインターネットを利用できるので
しょうか?7GBの目安は以下のとおりです。

メール 約1807万通
通常のサイト 約50,600ページ
超高画質動画 約33時間
音楽のダウンロード 約1,790曲

この通信量を1日に換算すると、1時間ネットサーフィンをして1時間超高画質動画
を見ても7GBには達しません。1か月を30日とすると7GBではメールが60万通
も送受信できるのです。

一般的なユーザーにはとても余裕のある通信量と言えます。しかし、仕事の
都合などでこれ以上の通信をする必要がある場合はWIMAXでないとストレス
を感じてしまいます。

■WIMAXのサポートセンターは繋がりにくい?

  • 休日は避け、平日に電話をするようにしましょう

WIMAXのサポートセンターに問い合わせをする場合は休日は出来る限り
避けるようにしてください。

WIMAXのサポートセンターは繋がりにくいという口コミをよく見るのですが、
実は平日であればスムーズに繋がり丁寧に対応してもらえるのです。

問い合わせは平日を狙うようにしてください。

■WIMAXはプロバイダの公式サイトから申し込みをしましょう

  • 家電量販店では端末が有料でキャッシュバックも少ない

WIMAXもLTEも家電量販店からとプロバイダの公式サイトから、申し込むこと
が出来ます。お得に申し込みが出来るのはプロバイダの公式サイトです。

家電量販店では通信端末が湯量になっていることが多いのですが、プロバイダ
の公式サイトだと基本的に通信端末は0円となっています。

また、キャッシュバックも家電量販店は同時に家電を購入しないと受けることが
出来ない上に金額も5,000円前後と少ないです。

これに対してプロバイダの公式サイトはキャッシュバックを受ける条件が、
対象端末を購入することのみでキャッシュバックも20,000円前後のもの
などがあり高額です。

また、タブレットなどの高額商品をプレゼントしてもらえるキャンペーンなども
行っているので、モバイル回線を申し込むときはプロバイダの公式サイトから
にしましょう。

また、契約の前にキャッシュバックの受け取り時期を確認しましょう。

繋がりにくいWIMAXの電波状況をアパートで改善するには?

■購入したWIMAXがアパートで繋がりにくい。端末固有の問題?

  • WIMAXの端末の問題ではなく電波の問題
  • 周波数が高いWIMAXは電波が途切れやすい

WIMAXをせっかく購入しても繋がりにくいという問題はよく起きてしまいます。
その原因を調べてみると、WIMAXの端末の問題ではなく電波そのものの
問題であることが分かりました。

無線通信の電波は、周波数帯と呼ばれる通信できる帯域を使って通信
します。その周波数帯域は、それぞれの通信会社に割り当てられています。

WIMAXはUQ WIMAXという会社の所有している回線を利用して通信を
行うのですが、UQ WIMAXの回線の周波数帯域は2.5GHzとかなり高いです。

周波数帯が高ければ高いほど、電波は光に似ている特性を持つように
なります。直進性が強く高速で大容量のデータもスムーズに送受信できる
代わりに、柔軟性が低く、建物や障害物などをよけて進むことができません。

結果的に、せっかく高速で強い電波なのに障害物にぶつかってしまい途切れる
事態が頻繁に発生してしまうのです。

そのため、通信エリア内であっても繋がりにくい場合もあり、住宅の状況にも
通信環境が左右されやすいです。

また、WIMAXはキャリアアグリゲーションという通信方式を採用しているのですが、
WIMAX2+の高速電波を2つ同時に送受信しているだけなので、速度は倍に
なりますが、電波強度はそのままで途切れやすいのです。

超高速ですが途切れやすい電波でWIMAX2+は通信を行っているのです。
安定した通信環境が欲しい場合は固定回線が一番です。

■レオパレスに住んでいます。窓際や窓を開けても電波が改善しない理由

  • 周辺の建物が電波を遮っているから
  • 基地局が遠いから

レオパレスをはじめとする賃貸住宅に住んでいる場合、WIMAXなどのモバイル
回線の方が引っ越しの際などに手間がかからず便利ですよね。

しかし、建物の状況によっては通信エリア内でも電波が繋がりにくいことが
あるのです。WIMAXは窓際に端末を置くと電波状況が改善するのですが、
効果がない時は何が原因なのでしょうか?

調べてみると、窓を開けても電波が届かない場合、周辺の建物が電波を
遮っていることが多いようです。

周囲の建物が密集して建っていたり、レオパレス自体が低層で周囲の建物
が高層の場合は、電波がされぎられてしまいます。

そして、周囲の建物以外の原因は基地局が遠いことです。WIMAXの電波を
発信する基地局が自宅から遠いと無線で飛ばされてくる電波をキャッチし
づらくなります。

■WIMAXの電波を拾いやすくするには?

  • 自作アンテナでお金をかけずに改善する

WIMAXはモバイルwifiルーターなので、コンパクトで軽量です。この特徴を、
生かして自作アンテナをつくれば受信感度の改善を図ることが出来ます。

自作アンテナの材料は、15cmの直径のアルミ製ボウルと針金ハンガーです。
針金ハンガーを折り曲げてスタンドをつくり、そこにアルミ製のボウルを設置
します。

中にWIMAXの端末を入れて電波を受信しやすい窓際に置き、針金ハンガー
の角度を調節して受信感度が一番いい角度で固定します。アルミ製のボウル
がWIMAXの電波を集めてくれるので通信環境の向上につながります。

■晴れの日はベランダにWIMAXの端末を置きましょう

  • WIMAXの電波は周囲に障害物がなければ高速になる

WIMAXの電波は障害物に弱く高速であるにもかかわらず繋がりにくく安定し
にくいというデメリットがあります。アルミ製のボウルをつくっても電波が改善
しない場合は、端末をベランダに置きましょう。

調べてみると、WIMAXの通信端末は防水加工されていませんので、水に
塗れると故障してしまいます。必ず天気を確認して晴れの日のみ、この
改善方法を試してみてください。

周辺に障害物がない場合は、高速での通信が出来るかと思います。
また、ベランダなどに出しっぱなしにしておくと感電などの原因となり、
危険ですのでしないようにしてください。

■もし解約するなら契約更新月にしましょう!

  • 契約更新月以外は違約金が発生する
  • 新しいネット環境はキャッシュバックがある回線を選ぼう

WIMAXの電波が悪く、使うたびにストレスを感じるようであれば解約をした
方が良いでしょう。違約金がかからないように、契約更新月まで我慢をする
必要があるのです。

どうしても、今すぐ解約したい場合は違約金を支払って解約し、新しいネット
環境を契約する時は、キャンペーンで高額キャッシュバックのある回線を
選ぶようにしてください。

こうすることで、違約金の出費を取り戻せるのです。固定回線ではフレッツ光
が初期費用無料や割引のキャンペーンを、LTE対応のモバイル回線なら
Tポイント・プレゼントのキャンペーンを行っています。

キャッシュバックや普段の生活で使えるポイントプレゼントの特典がある回線
は特典の内容が告知なしで変更になることもあるので、契約時のサイトを
プリントしておきましょう。

また、通信方法の中でもっとも安定するのは光回線です。オンラインゲームを
するなら光回線の環境が必要となります。

同じモバイル回線で少しでも安定性を高めたいならLTEに乗り換えましょう。

■軽量鉄骨のアパートでWIMAX。電波が頻繁に切れるのは木造ではないから?

  • 軽量鉄骨は厚さ6ミリ未満の銅板を加工したもの
  • 鉄筋コンクリートよりは電波を通しやすい
  • 木造でも電波が途切れることもある

軽量鉄骨のアパートでは、WIMAXは電波が途切れてしまうことがよくあります。
その原因について調べてみました。

WIMAXはインターネットに無線で繋がり、スマホやパソコンなどのwifi子機にも
無線で繋がるwifi親機です。

コードレスで軽量、コンパクトなのでどこへでも持ち運べて通信エリア内であれば
どこででもインターネット接続できます。

しかし、実際は電波が途切れやすいので住宅状況や使用する場所の環境に
大きく影響を受けます。

アパートの材料である軽量鉄骨とは、厚さ6ミリ未満の銅板を加工したものです。
とても薄く軽量でありながら、丈夫なのでさまざまな場所で使用されています。

軽量鉄骨の素材である銅板は熱は通しますが、電波は通しません。
当然、WIMAXの無線も途切れやすくなります。

しかし、WIMAXの電波と相性の悪い金属が網目状になっている素材ではないので、
全く繋がらなくなる事態にはなりません。

鉄筋コンクリートや強化ガラスのような金属が網目状になっている素材はWIMAXの
電波を遮断してしまうので、通信が困難となります。

WIMAXの繋がりやすさで言うと、木造、軽量鉄骨、鉄筋コンクリートという順番に
なります。また、木造でも周囲を鉄筋コンクリートの建物でおおわれていたりすると、
電波が届きにくくなってしまうので注意をしてください。

■PS4でWIMAXをつなげて快適にゲームできる?

  • オンラインゲームには固定回線の環境が必要
  • WIMAXの電波は不安定でping値が高すぎる
  • モバイル回線はLTEの方がping値が低い

PS4でオンラインゲームをする時に、WIMAXの通信環境でも問題なく楽しむことが
できるのでしょうか?そのことについて調べてみました。

まず、オンラインゲームには安定した通信環境が必須となります。
オンラインゲームを問題なく楽しむために通信の安定性を測りましょう。

通信速度が無料で測定できるサイトで安定性も一緒に測れるので、通信速度と
安定性をチェックしてみてください。

通信の安定性はping値という値であらわされるのですが、50ms以下であれば
スムーズにオンラインゲームを楽しむことが出来るのです。

しかし、WIMAXは電波が途切れやすいので平均のping値は100msと理想的な
通信の安定値を大きく上回っています。

ping値が50ms以下になるのは固定回線の環境が必要となります。
アパートがインターネットに対応している場合は、光回線に申し込みましょう。

また、アパートがインターネットに対応していない場合は、速度の遅いADSL
回線かモバイル回線しか利用できませんが、モバイル回線の場合はLTEが
よいです。

LTEはWIMAXよりも周波数帯が高くないので、電波が柔軟性に優れ通信が
途切れにくいのです。光回線程ではないのですが、ping値も低く100msに
到達することはほとんどありません。

オンラインゲームに必要なのは通信の安定性、ping値の低さなのです。

■WIMAXが向いているユーザーは?

  • 動画共有サイトに動画をアップする人
  • メールやSNSを頻繁にする人
  • ネットサーフィンが趣味な人

WIMAXは電波が不安定になりやすいのがデメリットですが無制限で好きな
だけ通信できるという大きなメリットもあります。オンラインゲームには不向き
でも他のインターネットサービスであれば問題なく利用できるのです。

WIMAXに向いているのはどのようなネットサービスを利用する人なの
でしょう。調べた結果がコチラです。

まず、動画共有サイトに動画をアップする人は通信量を多く使うのでWIMAXが
向いています。

実は、YOUTUBEで超高画質動画を見るのにも、3.5Mbpsという通信速度
があれば足りてしまうので、速度が出ない住宅でも通信量が多いWIMAXで
あれば問題ありません。

動画を読み込むときに通信を行うだけで、動画閲覧中ずっとデータを送受信
しているわけではないので安定性がそこまで高くなくてもスムーズに使えるのです。

また、メールを頻繁に行い、SNSを利用している人もWIMAXが良いです。
メールにもSNSにも速度や安定性はあまり求められません。

通信量も1回のメール・SNS更新では多くはかからないのですが、余裕を
持ってインターネットに自分を発信したい場合はWIMAXが良いです。

■契約時にキャッシュバックを受けている場合は契約更新月以外に解約しても損にはならない

  • WIMAXは高額キャッシュバックを良く行っているので違約金がかかっても問題ない

WIMAXでは毎月のように高額キャッシュバックのキャンペーンを行っています。
契約時に2万円近くのキャッシュバックを受けた場合は、解約に違約金がかかって
もマイナスにはなりません。

むしろ、キャッシュバックを2万円受けていたとして、違約金が契約2年目で14,000円
だった場合は違約金を支払うにもかかわらずプラスになるのです。

違約金のことを考えて、不満のあるWIMAXに契約更新月まで利用するなら
もっと快適に通信できる回線へ思い切って変更してしまいましょう。

すでにキャッシュバックを受けている場合は損はないですし、キャッシュバックが
なかった場合でも新しい回線でプレゼントをもらえることもあります。

■同じ機種での再契約は出来ない

WIMAXでは、同じプロバイダで同じ機種の再契約を受け付けていません。
同じ機種を解約後に使いたい場合は別のプロバイダにしましょう。