一年未満のインターネット回線契約ってできるのでしょうか?

■1年未満で引っ越す予定。ネットの契約は2年しかない

  • インターネットの回線は契約期間は2年間が基本
  • 引っ越しには移転手続きか解約・再契約が必要

インターネットを契約していたり、これから契約する場合、引っ越しの際の
手続きなどが心配ですよね?

特に、次の引っ越すタイミングが決まっている場合はそれに合わせてインター
ネット回線を選びたいものです。

しかし、調査してみるとインターネット回線はまずそれぞれの住宅で対応している
回線があり、その回線しか基本的には契約出来ません。

フレッツ光に対応しているアパートならフレッツ光、au光に対応しているアパート
ならau光という風に、集合住宅が対応している回線にしましょう。

そして、現在インターネットの主流になっている光ファイバーを利用した光回線
でも、一昔前の通話回線を利用したADSL回線でも最低利用期間は2年間です。

この間に解約をする場合は違約金が発生します。フレッツ光の場合は9,500円
ですので、かなりの痛手になりますね。

また、引越先のアパートやマンションがフレッツ光に対応している場合は移転を
すればいいだけになるので解約の必要はなくなるのですが、今度は移転費が
かかってしまいます。

フレッツ光の場合は、引っ越し先の家に屋内配線があるなら7,500円、
ないなら6,500円かかりますよ。

■固定回線にするから解約という概念が発生する

  • 回線の設置工事も撤去工事もいらないモバイル回線が便利
  • 通信エリア内であれば解約をする必要はない

インターネットを利用するのには回線がいります。しかし、この回線は通信
回線だけではないのです。

固定回線は、契約をする時に回線の設置工事が必要となります。解約の
際には回線の撤去工事が必要となりますね。

しかし、モバイル回線という無線通信であれば通信回線自体がいらないので、
回線の設置工事も撤去工事も必要ないのです。

また、通信エリア内であれば面倒な手続きをしないで、そのまま利用することが
出来ます。解約の必要もないので長く利用することが出来て便利ですよ!

回線が対応しているかによって契約出来る会社が違ってくる固定回線とは違い、
モバイル回線はどんな住宅であっても通信エリア内なら利用できます。

■モバイル回線はオンラインゲームに向かない理由

  • 通信の速度よりも安定性が大切なオンラインゲーム
  • モバイル回線では通信の安定性が低くラグが発生する

モバイル回線は工事、手続きが不要で簡単・便利に使える回線です。
しかし、無線での通信なので安定性に欠ける部分もあるのです。

調べてみると、通信の安定性はping値という単位であらわされます。

ping値が数値が低ければ低いほど安定性が高いということになるのですが、
固定回線ではping値が30ms~50ms位なのに対して、モバイル回線は
LTEでも50msにぎりぎりで到達するくらいです。

WIMAXになると100ms位とかなり不安定なのがはっきり分かる数値ですね。
オンラインゲームには50msの安定した通信環境が必要となります。

通信速度は2Mbpsくらいでも足りるのですので、モバイル回線の通信速度でも
問題ないのですが、安定性は固定回線くらい必要なんです。

オンラインゲームを楽しみたい場合は、固定回線を選んでくださいね。

■契約期間が1ヶ月以内ならモバイルルーターのレンタルをしよう!

  • モバイルルーターはレンタル業者もあります!
  • 1ヶ月単位の契約はとても高額になる

もし、インターネット回線の契約期間が、1年未満で1ヶ月程度ならモバイル
ルーターのレンタルをしましょう。

モバイル回線を利用する時に必要なルーターは実はレンタル業者から借りる
ことが出来るのです。調べてみると、1日単位でもレンタル出来て利用料金は
以下のとおりです。

あるレンタル業者でWIMAXの通信端末をレンタルすると・・・
一日 450円 1ヶ月 6,750円 となります。

WIMAXの高速通信モード・ハイスピードモードもあまりは高速ではないけど
無制限のノーリミテットモードの2種類の通信モードが使えますよ。

WIMAXには月単位で契約出来る料金プランがあるのですが、この料金プラン
では高速通信モードが利用できません。

また料金も登録料3,000円 基本利用料金は362円~4,743円です。
合計で3,362円~7,743円かかってしまい、レンタルよりも高額になる
可能性もありますね。

1ヶ月間だけモバイルルーターが欲しい場合は、契約よりもレンタルがお得です。

■モバイル回線は公式サイトで契約をしよう!

  • 家電量販店では端末代がかかり、キャンペーンの条件も厳しい!

モバイル回線も固定回線も公式サイトからオンラインで契約する方法と家電量販店
で契約をする方法がありますよ。

しかし、家電量販店だとモバイル回線は通信端末代がかかり、モバイル回線と
同時に購入しなければならない家電などがあります。

モバイル回線であれば家電を同時購入しなくてもキャッシュバックや特典プレゼント
などの嬉しいおまけがたくさんついてきます。

モバイル回線はオンラインで契約すると便利でお得ですよ!

■持ち運びできるモバイル回線なら引っ越ししても違約金は発生しない

  • 通信エリア内であれば何の手続きもなくそのまま使い続けられる
  • 通信エリアかどうかは公式サイトで確認することができる

持ち運びが出来るインターネットの通信回線・モバイル回線は引っ越しの際も
手続きや回線の撤去工事が不要です。

通信エリア内であれば、何の手続きもなくそのままし続けられるので引っ越しが
多い転勤族の方や一人暮らしの方にピッタリですね。

固定回線を契約している場合は、引越が決まったらまず移転手続きを取るか、
解約をして再契約をするか、解約をしてそのまま別の回線へ乗り換えるかを
決めなければなりません。

その後、移転をする場合は公式サイトやサポートセンターから移転手続きを取り、
解約をする場合は、固定回線の会社とプロバイダの会社、それぞれ別で手続きを
行い解約をします。

解約後は再契約をする場合でも別の回線に乗り換える場合でも、再び手続きが
必要になってしまって、とても大変ですよね。

モバイル回線なら手続きが一切必要なしなので、引っ越しの移転届けを出したり、
引っ越し業者を決めたりといったインターネット関連以外のことに集中できます。

引っ越しには、さまざまな手続きがありとても面倒な作業が多いので、手続きは
少しでも簡単な方が嬉しいですよね。

引っ越し先がモバイル回線の通信エリア内かどうかは公式サイトでチェック
できます。マップ上で表示されて分かりやすいので、便利ですよ。

モバイル回線であれば固定回線のように移転費も違約金も発生しません。

■モバイル回線の解約にも違約金はかかる!

  • 契約更新月をしっかり手帳などに記入しておこう!
  • 2種類あるモバイル回線、使いやすいのはLTE

モバイル回線にも契約から2年間という最低利用期間はあり、契約更新月も
あります。

契約してみたものの、納得できないと思ったら他の回線へ乗り換えますよね。
この時に違約金が発生することは頭に入れておきましょう。

また、契約更新月は手帳などに記入しておくと間違わずに違約金0円で解約
することが出来ます。

契約月を1ヶ月目として25か月目が契約更新月ですので、25か月目まで
利用し続けられる回線を選びたいものですね。

モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があり、それぞれに違った特徴が
あります。

調査の結果、WIMAXは無制限で使えて電波が途切れることがよくある回線、
LTEは月間7GBの制限があり、通信は途切れにくい回線ですよ。

WIMAXはUQ WIMAXという会社の所有している回線を利用していて、20社
くらいあるプロバイダのどこと契約をしてもUQ WIMAXの回線を使います。

周波数帯が高く電波が高速で曲がりにくいので建物などにぶつかって途切れる
ことが良くあります。電波自体は大容量のデータもスムーズに運べるくらい強いの
ですが、曲がれない特性のため通信が不安定になってしまうのです。

LTEは会社ごとに利用する回線が違います。電波の特性はWIMAXほど強くない
ので大容量のデータを送受信するのは少し時間がかかります。

しかし、その分、建物の壁などに沿って曲がることが出来るので通信が途切れ
にくく安定感がありますね。

■インターネットを快適に使える通信速度はどれくらい?

  • すべてのインターネットサービスを使うのに必要な速度は5Mbps

固定回線でもモバイル回線でもインターネットを使うのに必要な通信速度は
変わりません。調べてみると、超高画質の動画でも見るのには5Mbpsあれば
十分なことが分かりました。

インターネットのそれぞれのサービスに必要な通信速度はこのようになっています。

通常の画像が貼ってあるサイト 1Mbps以下
動画共用サイト 超高画質動画 約3.5Mbps
huluなどの動画配信サイト 約2Mbps
オンラインゲーム 約2Mbps(安定していればこの速度)

このように光回線などで大々的に取り上げられている1Gbpsなどの超高速
通信は、一般的なユーザーに入らないくらい贅沢な速度なのです。

また、その1Gbpsをフル活用するためには最新式の高性能パソコンがいります。
高性能パソコンでない限りはモバイル回線で問題なくインターネット出来ますよ。

■通信制限がかかると完全にネットが使えない?

  • 通信制限がかかると速度は128kbpsにまで落ちる
  • メール、LINEは問題なし

LTEのモバイル回線には月間7GBという通信制限があります。この制限が
かかるとインターネットは完全に使えなくなるイメージですが、実はある一定
の速度で通信できるのです!

調べてみると、128kbpsという通信速度が出るので、メールやLINEは問題なく
通常通りできますよ。更にネットサーフィンも時間がかかりますが、読み込める
のでいつもよりスローペースでなら使えます。

しかし、YOUTUBEや音楽のダウンロードは時間がかかり過ぎてしまって
タイムアウトになります。

■通信速度よりも安定性の方が大切!

インターネットを利用する上では速度よりも通信の安定性の方が重要となります。
モバイル回線はWIMAXよりもLTEの方が安定するのでLTEの方がストレスなく
快適にネットに繋がれますよ。

インターネットを始めるには何が必要?機械音痴ですが出来る?

■LenovoのPCを買ったけどインターネットするには何が必要?

  • インターネットに繋がる回線が必要
  • 回線の開通までには2週間~1ヶ月かかることも!

高性能なノートパソコンを買っても、それだけではインターネットに繋がる
ことはできません。インターネットに繋がるためには、回線が必要です。

調べてみると、通信回線はインターネットとプロバイダと呼ばれる会社のサービス
によって繋がります。

通信回線は街中にある電線の中に含まれているので、外からエアコンの配官口
などを通って家の中まで引き入れます。

家の中に引きいれた通信回線は、モデムと呼ばれる機器に繋がり無線LAN
ルーターにまで到達します。

無線LANルーターから電波でLenovoのパソコンやスマホなどへと繋がるわけ
ですね。モデムや無線LANルーターは通信回線を契約すると契約期間中、
レンタルできるので、購入する必要はありません。

通信回線は現在はフレッツ光をはじめとする光回線が主流なのです。
光回線は申し込みから実際に使えるようになるまで1カ月かかることもありますよ。

通信回線は、早めに申し込みをした方がよいですね。

■有線LANって何?難しすぎて理解できない

  • 有線LANは通信に必要な機器
  • 無線LANと違いケーブルでしか繋がれない

有線LANルーターは無線LANルーターのように、電波で通信をすることが
できません。有線LANルーターはケーブルでつながった機器としか通信
できないのです。

LANソケットにケーブルを差しこんでLenovoのパソコンと繋がったら、他の
通信機器のスマホなどではインターネットを利用できません。

無線LANルーターは、電波で通信をするので無線LANルーター1台で
複数台の通信機器と繋がることが出来ますよ。

最近は有線LANルーターよりも無線LANルーターの方が人気ですね。
一人暮らしの方でも無線LANルーターを選ぶ人が多いです。

■光回線が申し込みから実際に使えるようになるまで

  • 申し込みは公式サイトからの方がお得!
  • 工事費は通話回線よりも高額

光回線を申込みしてから実際に使えるようになるまでは時間がかかります。
まず、公式サイトからオンラインでっ申し込みをするのですが、家電量販店でも
申し込むことはできます。

しかし、家電量販店だと同時に家電を購入しないとキャンペーンの特典をもらえ
なかったりするので公式サイトからの方がお得で便利ですね。

申込をすると入力した住所が回線のサービスエリアに含まれているかどうかの
チェックが行われ、それが済むまでに数日から1週間かかりますよ。

その後、契約をし回線の設置工事日を決め、工事に立ち会って回線の設置工事
完了とすればインターネットを使えるようになるのです。

固定もかなり多いですし、手間もかかるのですが光回線はこうして環境を整えます。

■プロバイダを選ぶのも大切な契約工程

  • フレッツ光だと対応プロバイダは10社!
  • ブログをしたりメールの容量がいるなど使う内容に合わせて選びましょう

光回線の中でも特に人気の高い回線はフレッツ光です。フレッツ光を利用
するには済んでいる、アパートやマンションがフレッツ光に対応している
必要があるのです。

そして、光回線と同時に契約をしなければいけないプロバイダを選ぶ必要が
あります。プロバイダはインターネットと通信回線の架け橋。

それを契約しないことには、インターネットを利用できません。
フレッツ光の場合は対応しているプロバイダが10社あります。

料金やサービス内容がそれぞれ違うのですが、安いプロバイダが良いなら
月額500円のBB.exicite.が良いですよ。

ブログをしたりメールを出来るだけ保存しておきたい人は月額900円のSo-net
がイイですね。メールアドレスが4個もらえてメール保管箱なども無料で使えます。

また、ブログサービスも無料で内容量10MBのホームページも無料なのです。
インターネットを上で自分を発信したい人はこうしたサービス内容が充実している
プロバイダが合っていますね。

■解約をする時は契約更新月に行いましょう!

  • 契約した月を1ヶ月目とした25か月目が更新月

光回線を契約したもののイメージと違ったり使えなかったりしたときは解約に
なります。しかし、解約には違約金が発生するのでタイミングに気を付けましょう。

調べてみると契約月を1ヶ月目として25か月目が契約更新月で、その月内で
あれば違約金はかかりません。

それ以外の月だと違約金がかかります。フレッツ光の集合住宅向けプランの
場合は違約金が1,500円と割安です。しかし、慎重に契約をしてできるだけ
解約をしなくて済むようにしましょう。

機械音痴でも申し込みは公式サイトから簡単に出来るようになっていますし、
工事は立ち合っていればよいのですべての工程をお任せでやってもらえます。

固定回線を契約するのは、機械が苦手でもインターネットに詳しくなくても大丈夫
ですよ。またモバイル回線という無線での通信方法もあります。

WIMAXとLTEの2種類があり、安定性はLTEの方が高いですよ。

■仕組みとかどうでもいいから簡単に安くネットをする方法を教えて

  • モバイル回線が簡単で安い!
  • 申し込みから早ければ翌日に使えるようになる
  • WIMAXとLTEの2種類があり、特徴が違う

固定回線を自宅に設置するのは手間がかかり、とても面倒です。
工事自体は業者の方がやってくれるのですが、契約等の工程が
どうしても嫌ですよね?

そんな時は、モバイル回線という通信方法が便利なのです。

調べてみると、モバイル回線は無線通信でプロバイダの公式サイトで
申し込むことが出来るのです。

申込から早ければ翌日に自宅に通信端末が届き、簡単な設定後に
すぐにインターネットに繋がることが出来ますよ。

固定回線とは違い、無線通信ですので通信回線の設置工事もいりません。
コードレスでコンパクトな通信端末で家の中でも外でもインターネットが
使えるという嬉しいメリットがあります。

モバイル回線には、WIMAXとLTEの2種類があり、無制限で不安定になり
やすい通信が使えるのはWIMAX、月間7GBの制限つきで安定した通信が
使えるのがLTEですね。

毎月通信量が多いのであればWIMAXが良いですが、モバイル回線業界で
最安値の料金プランがあるのはLTEですよ。

■モバイル回線業界最安値の料金プラン

  • ヤフーwifiの303HWは月額2,743円
  • Yahoo!プレミアム会員の費用を足しても3,123円でお得!

LTEのモバイル回線の中で最も月額の利用料金が安いのはヤフーwifiです。
調べてみると、月額2,743円で月間7GBの通信量が使えます。

また、通信端末にテレビチューナー機能がついているので、タブレットなどで
外出先でもテレビを観られて、とっても便利ですよね。

ヤフーwifiを月額2,743円で利用するためにはYahoo!プレミアム会員を登録
する必要があるのですが、月額380円なので合計で月額3,123円なのです。

他のLTEの料金プランだと月額3,696円とか月額4,380円とかですので、
いかに安いかが分かるかと思いますよ。

回線がない分工事費はかからず契約事務手数料として3,000円と初月利用料
そして、ユニバーサルサービス料が4円かかります。

契約から半年間はYahoo!プレミアム会員の費用は無料ですので、初期費用は
5,747円でインターネットを始めることが出来ますよ。

通信端末代金と送料は0円です。固定回線の場合はフレッツ光だと回線工事費が
15,000円かかり、月額の利用料金も5,100円~ですのでフレッツ光の利用
料金くらいの金額でインターネットの環境が整うわけです!

契約の手間もかからず料金も安いのでインターネットに詳しくない人でも、
インターネットにお金をかけたくない人でも快適に使える通信回線ですね。

■通信量の制限は気にする必要がない?

  • ヘビーユーザー追い出しのための制限なので一般的なユーザーには問題ない
  • オンラインゲームも少しなら楽しめる!

LTEの通信量の制限7GBはスマホなどでも採用されていることが多い制限です。

どうしてこんな制限があるのかというと、高速で安定した通信をするためには、
通信回線が混雑しすぎないことが条件になります。

通信回線を混雑させてしまうのは、インターネットを毎日長時間利用するヘビー
ユーザーたちなのです。

このヘビーユーザーを追い出しための制限が7GBなので、一般的なユーザーは
普通にインターネットを使っていて制限にかかることはまずないです。

毎日1時間メールやネットサーフィンをして、1時間超高画質動画を見ているだけ
なら問題なく使えて制限に引っかかることはありません。

また、固定回線の安定性が必要なオンラインゲームも週末に少し楽しむ程度なら
問題なくできますよ。

毎日毎日ゲームをするのを欠かさない人は固定回線が必須ですが、少しだけ
楽しみたい人はLTEでもスムーズにプレイできます。

■時間帯によってインターネットが繋がりにくくなることも!

  • 平日は午後8時~午後11時がネットユーザーが増える時間帯
  • 休日は午前中が空いているので用は午前中に!

インターネットを利用する際は時間帯に注意をすると、より一層スムーズに
繋がることが出来ます。調べてみると、平日は午後8時~午後11時までが
1日の中で最もユーザー数が増える時間帯です。

また、休日は1日中ユーザー数が多いのですが午前中は空いているので
インターネットを使う用がある場合は午前中に済ませてしまいましょう。

時間帯に少し気を付けるだけで快適さがましますよ!

そして、モバイル回線は無線通信ですので、家の中で通信をする時は端末を
近くに置いたり、外出先で使うときはカバンから出して使ったりしてください。

モバイル回線の電波は意外と弱いので、ちょっとしたもので途切れたり電波が
弱くなったりします。

■通信エリア内でも繋がりにくいこともあります!

住宅の構造上の問題や周辺の建物の影響で電波が届きにくくなることもあります。
そうした事態になる前に契約を考えたら一度端末をレンタルしてお試ししてみましょう。
1日400円前後でレンタル出来ます!

簡単に繋ぎたいインターネット。どうやったら手間がかからない?

■一人暮らしのインターネット。面倒なものワーストリスト

  • 回線に適応しているプロバイダ選び
  • 回線設置工事の立ち合い
  • 解約の手続き

一人暮らしでインターネットを利用し始める場合は、契約などが面倒ですよね。
出来る限り簡単に始めたいものですが、面倒なものをリストアップしておけば、
どのような手順で進んでいけばいいのかが分かりやすくなります。

ここでは、インターネットの接続で面倒なものリストをご紹介していきましょう!
まず、一番最初に通信回線の公式サイトから申し込みをするのですが、プロバイダ
を決めなければなりません。

プロバイダとはインターネットと通信回線を繋ぐ架け橋なので契約は必須です。
プロバイダは通信回線と同時に契約するので、申し込みの時点で決めます。

プロバイダごとに月々の利用料金もサービス内容も違うのです。
通信回線の公式サイトで比較して決めてくださいね。

そして、プロバイダを決めて申し込みをしたら、契約を行います。
契約後は、通信回線の設置工事をするのですが、立ち合いが必要なのです。

工事自体は15分から30分くらいで終わります。工事はただ見ていればいいの
ですが、事前にアパートの管理人へ許可を取りましょう。

そして、通信回線の手続きでもっとも面倒なのが解約手続きです。通信回線と
プロバイダは別々に解約手続きをする仕組みになっているのです。

プロバイダの解約し忘れに注意をしてくださいね。

一連の流れを見て、こんなに面倒な方法ではなく、もっと簡単にインター
ネットを始めたいと思うはず。

こんな場合は、モバイル回線はどうでしょうか?

■とにかくすぐに!簡単に!ネットを繋げたい

  • モバイルwifiルーターが簡単!
  • ヘビーユーザーでも安心の無制限回線も!

インターネットを簡単に便利に利用したいなら、モバイルwifiルーターを使った
通信環境が良いです。モバイル回線について調べました。

モバイル回線とは、モバイルwifiルーターという通信機器を利用してインター
ネットに繋がります。コードレスなので無線通信です。

小型の機器なのでカバンに入れて持ち運べます。家でも外でも使える
無線通信だから回線工事いらずで手続きも簡単ですよ!

モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があるのですが、WIMAXは
通信量が無制限です。1日中インターネットを利用するヘビーユ-ザー
でも問題なく使えます。

LTEは月間7GBという通信量の制限があるところや通信の繋がりやすさが
スマホと近いので、一般的なユーザーは便利に使えます。

■モバイル回線は初期費用が安いけど違約金は高い

  • フレッツ光の集合住宅向けプランの初期費用と違約金
  • WIMAXの初期費用と違約金

モバイル回線は手間がかからず、工事も不要で簡単にインターネット環境が
手に入ります。

工事不要な分、初期費用は安いのですが違約金は高く設定されています。
ここではフレッツ光の集合住宅向けプランの初期費用と違約金、WIMAXの
初期費用と違約金を比較してみましょう。

調査の結果がコチラです。

フレッツ光 集合住宅向けのプラン 初期費用 18,800円 違約金 1,500円

WIMAX 初期費用 3,000円 違約金 1年目19,000円 2年目14,000円
3年目9,500円

このように、フレッツ光は契約1年目であっても2年目であっても違約金の金額に
変わりはありません。しかし、WIMAXは大きく変わりますので、解約のタイミングに
注意がいります。

どちらの回線でも契約更新月に解約をすれば違約金は0円になる仕組みです。
初期費用を押さえたいし、インターネットに詳しくないという場合はWIMAXが
良いですね。

■WIMAXを1年以上使い続けるために

  • 通信エリアの確認をしましょう
  • 端末は窓際に置きましょう

WIMAXは通信エリアかどうかを公式サイトで確認することが出来ます。
自宅の住所を打ち込んでチェックをしてから契約しましょう。

また、通信端末は窓際に置いておくと電波をチェックしやすくなりますので
窓際を定位置にしてください。

建物の外壁は電波を遮断してしまうのですが、ガラスは電波を通すので
通信が安定しやすくなります。

■WIMAXは固定回線よりも安い料金で高速通信が出来る

  • WIMAXのギガ放題は月額4,380円
  • 安定性があまりないけど高速な通信が出来る

WIMAXは月額の利用料金が固定回線よりもお得です。ギガ放題という高速
通信使い放題プランでも月額4,380円で、フレッツ光のギガ放題プランの月額
5,100円~を1,000円以上下回る金額ですね。

毎月好きなだけインターネットを利用したいけれど通信費は節約したい人に
ピッタリです。WIMAXは固定回線のような安定性はないけれど、高速な通信
が出来るので快適に繋がる環境ではストレスなくインターネットを活用できますよ。

ただ、オンラインゲームは固定回線の環境でないとストレスなく楽しむことが
難しいでしょう。オンラインゲームがしたい場合は、固定回線が良いです。

■固定回線+無線LANも意外と面倒くさい

  • 無線LANの通信の仕組み
  • 無線LANを飛ばすにも固定回線契約は必要
  • 有線LANと無線LANは通信の安定性も違う

有線LANルーターの場合はLANケーブルで繋がっている通信機器しか
インターネットに繋がることが出来ません。

固定回線を設置して無線LANを飛ばすと、無線LAN一台で複数の通信機器
と通信をすることができるようになります。

無線LANルーターはwifi親機なのですので、wifi子機であるスマホやパソコン、
タブレットなどと通信をすることが出来るようになるのです。

とても便利なのですが、無線LANを利用する場合でも有線LANを利用する
場合でも契約の工程や工事の時間などはほとんど違いません。

通信回線の公式サイトから申し込みをし、契約をして、回線設置工事に立ち会い、
インターネットがつなえるようになります。

回線設置工事にかかる時間もほとんど差はなく、申し込みから使えるようになる
までの手順も同じですね。

有線LANと無線LANの違いは、通信にケーブルが必要か不要かと、一度に
通信できる機器の台数、そして通信の安定性ですね。

インターネットからパソコンまで全ての工程をケーブルで通信する有線LANは
住宅事情などに通信の安定性を阻まれたりしません。

しかし、LANルーターからパソコンやスマホまでを無線で通信する無線LANは
住宅事情によって途切れやすくなります。

無線LANルーターをリビングに置いていて、トイレなどでスマホからネットに
繋がろうとしてもドアなどに電波を阻まれて通信が不安定になることもあります。

無線の電波はドアなどに遮られてしまう程、弱いです。

■モバイル回線を選ぶならWIMAXか、LTEか

  • 周波数帯が高く直進性が高いWIMAX
  • 周波数帯が高くないので柔軟性があるLTE

モバイル回線は無線での通信ですので、電波の特徴がそのまま通信環境の
特徴になります。電波の特徴は周波数帯の高さによって決まるのですが、
モバイル回線には種類が2つあるのです。

1つは周波数帯が高く電波の直進性が強いWIMAXです。周波数帯が
高いと電波は高速で強くなりますが曲がることが出来にくくなってしまいます。

建物などがあってもそのままぶつかってしまい、途切れてしまうので室内の通信
には向きません。

LTEは周波数帯が高くない分、電波が柔軟なのです。狭いところにも曲がり
くねって入り込むため、室内の奥まったところでもスマホのようにスムーズに
通信することが出来ますよ。

ですので、電波の特徴でモバイル回線を決めるならLTEの方が良いでしょう。
しかし、LTEには月間7GBという通信料の制限があります。

WIMAXには月間の通信量の制限はないので、好きなだけ通信することが
できますよ。

■インターネットを多く使う場所によって回線の種類を選びましょう!

  • 室内でよくネットするならLTE
  • 屋外での通信が多いならWIMAX

インターネットを利用する場合は、室内でよくネットをするか屋外でよくネットを
するかで回線の種類を決めるのも一つの手です。

先ほど説明したとおり、LTEは室内の通信に向いているので家の中や職場、
学校などでネットをよく利用する人に向いていますね。

そして、WIMAXは駅や公園、外で待ち合わせをしている時などによくネットを
利用する人に向いています。

利用することが多い状況に合わせて、回線の種類を選ぶようにしましょう。

■公共無線LANスポットを利用する時の注意点

  • 大切な内容のメールなどはやり取りしないようにしましょう!
  • 「https」で始まるサイトだけを利用してください!

街中によく公共無線LANスポットという無料でwifiを利用できるサービスが
ありますが、このサービスは不特定多数のユーザーが利用出来てしまうモノ
なので、利用には注意を払ってください。

まず、メールをする場合は仕事のメールなどは避け、プライベートの簡単な連絡
のやり取り程度にしておきましょう。

大切な個人情報カード情報や、住所、電話番号などをメールで送ったりする場合は、
公共無線LANスポットではない自宅などで行いましょうね。

また、「https」という文字で始まるサイトしか開かないようにしてください。

「https」のサイトであればセキュリティーがシッカリしてるので安全性が高い
からです。便利なサービスを利用するには、それなりの注意点を守ることが
必要です。

■野良wifiにはアクセスしないでください!

  • よくわからないwifiに繋がるのはやめましょう!

野良wifiと呼ばれるどういうwifiなのかよくわからないアクセスポイントが街中には
溢れています。他人のwifiであったり、登録していないwifiスポットのアクセスポイント
だったりするのですが、そういったところにはアクセスしないようにしましょう。

中には個人情報を覗かれたり、ウイルスを配布されたりするアクセスポイントも
ありますので、くれぐれも気を付けてくださいね。

また、パソコンにはウイルス対策ソフトをインストールするなどしてwifi子機でも
防犯をした方が良いでしょう。また不要な時はwifiをオフにしておくだけでも
防犯性が上がりますよ。

引越しの際にフレッツ光を移転と解約するのはどちらが楽?

■フレッツ光の引越し手続き。移転と解約後の新規はどっちが得?

  • 移転では移転費が解約では解約費がかかる
  • 移転の方が手続きが楽で費用もかからない

フレッツ光を利用している場合、引越の際に契約を移転手続きをしようか、
解約して再契約をしようか迷ってしまいますよね。

移転の場合は移転費がかかり、解約をして再契約の場合は解約費が
かかるので、どちらの場合でも費用は掛かる仕組みになっています。

フレッツ光の集合住宅対応は3戸以下だと戸建てタイプと同じ料金になる
ので、ここでは戸建てタイプでの移転と解約・再契約の場合を比べてみましょう。

フレッツ光の移転費、解約・再契約費は以下のとおりです。

フレッツ光 移転費 戸建て ギガファミリー・スマートタイプ
屋内配線の行程がある場合 9,000円 ない場合 6,500円

フレッツ光 解約費 戸建てタイプ 9,500円 回線設置工事費 18,000円

こうしてみると、わかるように移転では移転費だけで足りるのですが、解約と
再契約では解約費と回線設置工事費の両方がかかってしまいます。

引越し先にフレッツ光の回線が設置されている場合は6,500円で済みます
ので、解約・再契約の4分の1以下ととてもお得ですね。

しかし、移転手続きを行う場合でも解約し、再契約をする場合でも注意
点があります。それは、引越し先がフレッツ光に対応していることです。

また、解約をしてしまうと以前契約した内容と全く同じ内容での契約は
できません。

さらに以前の契約時にキャッシュバックを受けていると、キャッシュバック・
キャンペーン期間中の再契約でもキャッシュバックは利用できませんので、
注意をしましょう。

■フレッツ光を解約後に即新規契約出来る?

  • 解約をした月内に再契約は出来ない
  • 契約料と初期工事費がかかる
  • 再契約でも利用できるキャンペーンもある!

フレッツ光を解約した後に再契約をするなら、いつが良いのでしょうか?
調べてみると、解約をした月に再契約をすることはできないようです。

そして、再契約であっても新規の契約者と同じ扱いになりますので、契約料
800円と初期工事費18,000円がかかります。

また、基本的には一度キャッシュバックを受けていると再びキャッシュバックを
受けることが出来ないのですが、中には再契約でも適応するキャンペーンも
あるのです。

「にねん割」という毎月の利用料金が2年間で最大16,800円の割引になる
キャンペーンは加護にフレッツ光に契約したことがある人でも利用できます。

また「単身&かぞく応援割」というキャンペーンは実家でフレッツ光を利用していて、
一人暮らしでもフレッツ光に契約をする場合、2本の回線の合計利用料から最大
毎月300円の割引を行います。

これらのキャンペーンを利用して契約期間の2年間お得にフレッツ光が使える
ので再契約をするメリットもありますよ。

しかし、フレッツ光への解約手続きと再契約の手続きだけではなく他にも手順が
あるので注意をしましょう。フレッツ光を解約し、再契約するにはどのような手順
を踏めばいいのか、ご説明します!

■フレッツ光を解約して再契約をするには?

  • フレッツ光とプロバイダ、別で解約が必要
  • 再契約は同時にできるので楽

フレッツ光を解約する時はプロバイダの解約し忘れに気をつけなければなりません。
プロバイダとは、インターネットと通信回線を繋ぐ役割をするので通信にはなくては
ならないものです。

解約手続きを行う際は、フレッツ光とは別での手続きが必要なので解約し忘れに
注意をしましょう。また再契約の時はフレッツ光とプロバイダ、同時契約が出来ます
ので、手間もかからず楽ですよ。

■再契約も移転も面倒だという場合は?

  • 契約や工事などの手間がかからないモバイル回線
  • 引っ越しがあっても手続きがいらないので便利

フレッツ光を解約し再契約をする場合は、多くの手順を踏まなければ
ならずとても手間がかかります。簡単に使い始められる通信回線は
ないのでしょうか?

調べた結果、モバイル回線という通信回線があることが分かりました。

モバイル回線はオンラインで契約出来て面倒な手続きも工事も不要なのです。

申込から数日で自宅まで通信機器が届くので簡単な設定を行い、すぐに利用
できる通信回線です。コードレスで小型の機器を使って通信するので家の中でも
外でもインターネットが出来て便利ですよ!

モバイル回線なら引越しをすることになっても手続きなど必要なく、そのままで
新しい家でも使えるので手軽に利用し続けることが出来ます。

■モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類ある!

  • WIMAXは無制限で不安定
  • LTEは制限ありで安定する回線

モバイル買いs年い刃WIMAXとLTENお2種類があるのをご存じでしょうか?
WIMAXは通信が不安定になりやすいですが無制限で利用できる回線です。

LTEは月間7GBまでというスマホと同じ制限があるのですが、通信は安定し
やすいのでスマホのような感覚で利用できます。

しかし、どちらの場合もオンラインゲームには向かないようです。
オンラインゲームは固定回線で楽しみましょう。

■移転先がフレッツ光に対応しているマンションかわからない

  • 公式サイトで住所を入力するとチェックできる
  • 家電量販店で店員に調べてもらうこともできる

引越しが決まり、さまざまな準備をしている時にインターネットの手続きをします。
手間がかかり、面倒に感じる人も多いのですが、引っ越し先のアパートがフレッツ
光に対応しているかを調べる必要があります。

フレッツ光対応のアパートかどうかを調べる方法は、こんな方法があります。

  • フレッツ光の公式サイトでチェック!

フレッツ光の公式サイトのメインページに郵便番号を入力するフォームがあります。
引っ越し先の郵便番号を入力すれば、簡単にフレッツ光に対応しているかどうかを
確認することが出来るのです。

これは簡単な方法ですから、時間がない時でも出来ますよ。
引越しは手続きが多いので簡単な方法が良いでしょう。

  • 家電量販店で店員に調べてもらう

家電量販店に行ってフレッツ光を契約する際は、店員に調べてもらうことも
できます。しかし、オンラインで契約をする場合は手間になりますので、自分の
契約する方法に合わせて調べる方法も選びましょう。

このように、引っ越し先のアパートやマンションがフレッツ光に対応しているか
どうか分からなくても、無料で調べることが出来ます。

家電量販店で調べてもらう場合は手間もかかりますし、契約と同時に家電を
購入することを強く勧められてしまったりして面倒なのです。

フレッツ光の契約手続きは公式サイトからオンラインが良いでしょう。
24時間いつでも好きな時に申し込めますよ。

■ネットの利用用途を冷静に考えてみる。

  • オンラインゲームをするなら固定回線は必要
  • メールやSNS,ネットサーフィンだけならモバイル回線で十分

引越し先がフレッツ光に対応しているかどうかをチェックすることが終わったら、
次はネットの利用用途について考え直してみましょう。

ネットの使い道は人それぞれです。オンラインゲームをしたり、ネットサーフィンを
したり動画を見たり、買い物をしたり、SNSをしたり。

使い道が違えば、当然それぞれに合っているネット環境も違います。

まず、インターネットのすべてのサービスを利用するのに必要な通信速度を
調べると5Mbpsであることが分かりました。

固定回線の平均的な通信速度は50Mbps以上とかなり高速です。
ここまでの速度は一般的なユーザーには必要ないですよね。

しかし、固定回線は優れた安定性が特徴の環境でもあります。オンライン
ゲームを利用する場合はこの固定回線の高い安定性が必須となるのです。

オンラインゲームのユーザーは固定回線がベスト、ネットサーフィンがSNS、
メールだけならモバイル回線という無線通信のネット環境で十分です。

■LTEにある7GBの通信制限。どれくらい使うと達するの?

  • 1日1時間ネットサーフィンして1時間動画を見ても余裕がある
  • ヘビーユーザーを締め出すための制限

モバイル回線にはWIMAXとLTEという2種類の回線があります。
WIMAXは不安定ですが無制限で利用できる回線です。

LTEは月間7GBという通信量の制限があるのですが、通信は安定しています。
通信量の制限があるというとイメージで少ししか使えないと思ってしまいますが、
実はこんなに利用できるのです。

メール 約1,870万通
通常のサイト 約50,600ページ
超高画質動画 約33時間
音楽のダウンロード 約1,790曲

月間でこの量の通信が行えるので、毎日1時間ネット―サフィンをして1時間
動画を見ても7GBに到達することはありません。

7GBの通信量の制限とは、インターネットを常識の範囲を超えて利用する
ヘビーユーザーの締め出しのためのものなんですね。

■モバイル回線でも解約には違約金がかかる

  • 契約更新月以外の解約には違約金がかかるので注意
  • 違約金は契約1年目だと19,000円!

調べてみると、契約から2年間は解約をするのに違約金がかかります。
これは固定回線でもモバイル回線でも同じことですので、注意しましょう。

そして、契約をした月を1ヶ月目として25か月目が契約更新月となります。
この月は違約金が0円で解約できるので、モバイル回線して不満があった
場合はこの月内に解約をしましょう。

また、フレッツ光の場合は違約金が9,500円ですが、モバイル回線だと
契約1年目では19,000円となります。

■固定回線の機器はレンタル、モバイル回線の機器は購入

  • 回線の種類のよって機器の返却が必要
  • 返却には送料がかかる場合も!

インターネット回線は固定回線とモバイル回線があるのですが、固定回線は
通信機器はレンタルする形になり、モバイル回線は通信機器を0円で購入する
形になります。

ですので、解約の際は固定回線は機器の返却が必要になるんですよ。
モバイル回線は返却不要なのでそのまま持っていても問題ないのです。

固定回線の機器の返却には送料がかかることもあります。返却などの手間を
考えるとオンラインゲームを利用しないならモバイル回線ではないでしょうか?

即日開通ができるインターネット契約はどこの回線でしょうか?

■インターネットをすぐに使いたい。使えるまでの期間

  • 固定回線なら早くても2週間はかかる
  • 通信回線の設置工事内容によっては1ヶ月間かかることもある

一人暮らしを始めて、インターネットをすぐに使い始めたい場合、どの回線を
契約すれば、はやく通信環境が手に入るのでしょうか?

調べてみると、まずインターネット回線は集合住宅ごとに対応している回線が
違います。それぞれの住宅ごとに対応している回線でないと契約できません。

ですので、個人個人で好きな回線に契約することはできないので、対応して
いる回線を調べて、その回線に契約しましょう。

回線はオンラインで回線を提供している通信会社の公式サイトから申し込みを
することができます。

申し込みの際に回線とインターネットを繋ぐ役割を果たすプロバイダとも契約
する必要があるのですが、回線に対応しているプロバイダの中から選びましょう。

申し込み後、入力した住所が通信エリア内かどうかを調べる調査が行われ、
通信エリア内であれば契約することが出来、回線の設置工事をします。

工事完了と同時に通信をすることが出来るようになりますが、最短で2週間
くらいはかかります。

回線が自宅周辺の電線にまで届いていないと回線を遠くから引いてくる
工事が必要となりますので、工事の期間が延びて1ヶ月間かかることも
あります。

■ネット回線の種類と申し込み後何日で開通するの?

  • 光回線とADSL回線、そしてモバイル回線の3種類
  • 開通まで最も速いのはモバイル回線で翌日に可能

インターネット回線は集合住宅の場合、対応している回線が決まっています。
しかし、それは光回線の場合のみです。

インターネット回線の種類について調べてみると、光回線、ADSL回線、
モバイル回線の3種類があることが分かりました。

光回線はフレッツ光やau光、eo光などのガラス繊維でできた光ファイバーを
利用して通信を行っています。

まだまだ普及していない地域もあるので普及していれば最短で2週間で開通
出来ます。普及していないと嘆願書を提出して通信エリアになる大規模な工事
が必要となります。

1ヶ月以上の期間がかかってしまいます。その場合は通話回線を利用したADSL
回線が良いです。ADSL回線は通話回線ですので、日本全国が通信エリアと
なっています。

通話回線に通信機器を設置するだけの簡単な工事ですので、開通までに2週間
くらいかかります。光回線よりもスピーディーです。

そして、もっとも開通までの期間が短いのがモバイル回線です。

モバイル回線はモバイルwifiルーターという通信機器を利用して通信を行うので、
回線工事が不要です。申し込みから最短翌日に通信機器が自宅に届き、数分
で済む設定を行うとすぐにインターネットに繋がれるようになるのです。

ですので、即日開通できるインターネット回線はモバイル回線です。

■モバイル回線はクレジットカードでの支払いの方が早く開通できる

  • クレジットカードか口座振替かを選択できるモバイル回線がある
  • 口座振替では書類の往復が必要なので時間がかかる

即日開戦できるモバイル回線にはくじレットカードか口座振替か、どちらか好きな
方を選ぶことが出来るモノがあります。

UQ WIMAXやヤフーwifiなどがそうなのですが、契約時に支払い方法を選びます。
この支払方法がクレジットカードだとカード情報を入力してカード情報が有効か
どうかの審査が行われ、審査が通れば通信機器が発送されます。

しかし、口座振替だと口座情報を入力する仕組みにはなっていないので、
口座情報を記入する書類が送られてきて、書類に必要事項を記入し、
送信するという書類の往復があります。

この期間に通信機器は発送されませんので、クレジットカードの方が速く
開通出来ます。

このように同じ回線でも契約内容によって開通する日に差が出ますので、
早く開通することを最優先にする場合はクレジットカードでの支払いを選択
しましょう。

■オンラインゲームをする場合はモバイル回線では無理?

  • モバイル回線の安定性を表すping値の平均は50ms~100ms
  • オンラインゲームは30ms~50ms

クレジットカード払いにするとすぐに使い始めることが出来るモバイル回線は
WIMAXとLTEの2種類があります。それぞれ電波の安定性が違うのですが、
平均値を調べてみると、以下のような結果でした。

WIMAXの通信の安定性を示すping値は平均で100ms、LTEのping値は
平均で50msでした。

オンラインゲームに最適なping値の値は30ms~50msですので、ゲームを
楽しんでいる最中にラグが発生してしまい、中断する事態が起きてしまいます。

オンラインゲームをするなら固定回線の安定性が必要です。固定回線では
ping値が30ms~50msに当てはまり快適にゲームを楽しむことが出来ます。

■公式サイトで通信エリアをチェックしましょう

  • 固定回線同様、モバイル回線も通信エリア外だと利用できません

モバイル回線は契約前に公式サイトで自宅が通信エリアかどうかをチェックする
必要があります。エリア外だと利用できませんので、必ず確認をしてください。

マップ上で簡単に確認することが出来ます。

■光回線を使う場合の注意点(家電量販店は☓)

  • 家電量販店だと対象となっている家電の同時契約が必要
  • キャッシュバックなどの金額も少ない

光回線を自宅に設置する場合は、光回線の公式サイトからオンラインでの契約
と家電量販店の店頭での契約の2種類の契約方法があります。

調べてみると、どちらにもキャンペーンでキャッシュバックがあったり、プレゼント
があったりするのですが、お得なのは公式サイトからのオンライン契約です。

家電量販店でキャッシュバックやプレゼントをもらうためには光回線契約と
同時にパソコンやタブレット、冷蔵庫などの対象となる家電を購入しなければ
なりません。

そして、キャッシュバックの金額も5,000円前後と少ないのです。

光回線の公式サイトでは、au光の場合はネットと電話のセットで集合住宅タイプ
だと15,000円のキャッシュバックがあります。

同時購入しなければならない家電がない代わりに加入しなければならない
オプションがありますが、料金は家電よりも遥かに安く、キャッシュバックの
金額も高額なので、公式サイトからの契約の方がお得です。

■回線の設置工事は入居前の方が便利

  • 申し込みから実際に使えるようになるまで1ヶ月間かかる
  • 引っ越し前に申し込みをすれば入居当日から利用できる

光回線の申し込みから回線工事完了までは速ければ2週間、遅ければ1ヶ月間
かかってしまいます。

しかし、引っ越し前に申し込みをしておけば、多少時間がかかってしまっても入居後
すぐに利用することが出来ます。

引っ越しが決まったらすぐに申し込みをしておきましょう。
引っ越し後に申し込みをしてすぐに利用したい場合はモバイル回線が良いです。

■早ければ翌日に通信できるモバイル回線

  • 無線通信でオンラインで申し込みが出来る
  • ヤフーwifiなら午後3時までの申し込みで翌日に機器が届く

光回線は申し込みから実際に利用できるようになるまで2週間くらい、遅いと
1ヶ月くらいかかってしまいます。入居前に申し込みをするとよいのですが、
さまざまな事情で引っ越し後の申し込みになることもあります。

その場合は、引越から1ヶ月くらいインターネットが使えない状態になります
ので、とても不便ですよね。引っ越し後に申し込みをしてすぐに開通回線は
ないのでしょうか?

調べた結果、モバイル回線なら申し込み後、即日に通信機器を発送し、早ければ
翌日に通信機器が自宅に届いてインターネットに繋がることが出来ます。

モバイル回線は無線を利用した通信方法でモバイルwifiルーターという機器を
利用して、インターネットに繋がります。

ヤフーwifiは午後3時までに申し込みをすれば、早ければ翌日に通信機器が
届きます。数分で済む設定後、通信できるので簡単にネット環境が整います。

引っ越し前にインターネット契約の申し込みが出来ない場合は、モバイル回線が
良いでしょう。モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があります。

■WIMAXとLTE、2つのモバイル回線の特徴

  • WIMAXは安定しないが無制限
  • LTEは安定するが制限あり

無線で通信を行うモバイル回線にはWIMAXとTEの2種類があります。
それぞれの特徴と2つの違いについて調べました。

まず、WIMAXは無制限で利用できるモバイル回線です。月間の通信量の
制限がないので好きなだけ利用することが出来ます。

しかし、WIMAXの電波は周波数帯が高いので、直進性が強く柔軟性に欠け
ます。建物に回り込んで電波を届けることが苦手なので、室内の通信では
不安定になりやすいです。

しかし、インターネットを利用する機会が多いヘビーユーザーには向いている
回線です。もう一つのLTEは月間7GBまでと通信料が決まっています。

しかし、周波数帯がWIMAX程は高くないので、柔軟性に優れていて建物に
回り込んで電波を届けます。室内の奥まったところでも通信可能ですので、
安定した環境でインターネットを利用することが出来ます。

■モバイル回線は解約の必要がないので安心

  • 引っ越し先が通信エリア内であれば手続き不要で使い続けられる
  • 引っ越しに伴った解約や移転手続きなしなので楽

モバイル回線は通信回線を必要としないインターネット環境ですので、引っ越し
の際にも工事や手続きがなくそのまま新しい住居で使い続けることが出来ます。

引っ越し先が通信エリア内かどうかを公式サイトでチェックして、通信エリア内で
あれば問題なく利用できます。通信エリア外の場合は利用できませんので解約
をすることになりますが、これは固定回線でも同じことです。

解約に伴い契約更新月以外では違約金がかかりますので、引っ越しのタイミング
を自分で調節できる場合は違約金がかからない月にしましょう。

また、旅行や出張窓でも通信エリア内であれば通常通り利用することが出来ます。
モバイル回線は、コードレスで小型の機器を使うのでさまざまなシーンで便利に
使えます。

一人暮らしで家を空けることが多い人に向いている通信回線です。

wimaxは本当に一人暮らしのインターネット環境に合ってるの?

■一人暮らしのネット回線にWIMAXは本当におススメか?

  • 手軽に始められて無制限というメリットがある
  • 通信が途切れやすく室内では繋がりにくいというデメリットもある
  • ヘビーユーザーには向いているが、一般的なユーザーはLTEがよい

一人暮らしのネット回線について調べていると、「WIMAXがよい」とか「WIMAX
は一人暮らしに向いている」といった記事をよく見かけます。

しかし、本当にWIMAXは一人暮らしのネット回線として適しているのでしょうか?
WIMAXのメリット・デメリットについて調査しました。

まず、WIMAXのメリットは通信回線を必要としないので面倒な手続きも工事も
一切必要なく、簡単に始めることが出来るという点です。

WIMAX以外のモバイル回線・LTEにある月間7GBという通信量の制限もなく
好きなだけ通信をすることが出来るので1日中インターネット環境が欲しい
ヘビーユーザーにぴったりの回線なのです。

そして、WIMAXのデメリットは通信が途切れやすいという点です。WIMAXの
電波の周波数帯は2.5GHzとかなり高い帯域です。

LTEのソフトバンクは1.5GHzという帯域ですので、その違いは歴然です。
これだけ周波数帯が高い数値だと、電波の直進性が強く光に似た特性を
持ちます。

高速で大容量のデータ通信もスムーズとなるのですが、その分電波が曲がり
にくく建物の壁などにぶつかって途切れてしまいます。

WIMAXは周辺に電波を遮るものが何もない状態であれば、高速な通信が
できるのですが、室内の通信は途切れやすく不安定となります。

WIMAXはキャリアアグリゲーションという電波を2つ同時に飛ばす技術を採用
しています。同じ種類の高速電波を2つ同時に飛ばすことで超高速通信を実現
しているのですが、同じ種類なので2つの電波が途切れてしまう条件も同じです。

WIMAXの通信方式は速度の向上にはつながりますが、電波の安定性向上
にはならないので、途切れやすくなっているのです。

また、WIMAXは無制限に利用できるのですが、ヘビーユーザーでない限り、
月間7GBという通信量の制限は越えません。

■WIMAXのメリットとデメリット

  • 無制限なので好きなだけ使える
  • 室内の通信には不向き
  • ネット利用料が多く周囲に広壮な建物がない住宅での通信に向いている

WIMAXのメリット・デメリットを見ていると、無制限で好きなだけ使える反面、
電波が途切れやすいということが分かります。

これでは使い物にならないのではないかと思われるかもしれませんが、WIMAX
に適している環境であれば有効活用できるのです。

まず、WIMAXの電波は途切れやすいのですが、木造の建物なら通り抜ける
ことが出来ます。つまり、木造のアパートに住んでいる場合はWIMAXを室内で
利用しても途切れにくく快適に利用できるのです。

また、周辺に高層で電波を遮ってしまうような建物がない環境でも通信は
スムーズに行えます。

こういった環境に住んでいて、ネットを毎日長時間利用する人にはWIMAXは
向いているのです。また、WIMAXの基地局が近所にある場合も通信がスムーズ
になるので快適にネットを使えます。

■WIMAXよりもLTEが向いている物件の条件は?

  • 鉄筋コンクリートの建物
  • 周囲を高層の建物に囲まれている住宅

WIMAXは木造の建物が向いていることが分かりましたが、反対にWIMAXが
向いておらずLTEの方が向いている建物の条件は以下のとおりです。

  • 鉄筋コンクリート製の建物

WIMAXは網目状の金属の建物は通り抜けることが出来ません。

ですので、鉄筋コンクリートのような網目状の鉄筋が入っているものも通り
抜けることが出来ないので、鉄筋コンクリートの建物はWIMAXには向いて
いません。

  • 周辺を高層な建物に囲まれている住宅

住宅自体が木造であっても周辺を高層の建物に囲まれていると、電波を遮断
してしまうので、通信をすることが出来なくなってしまいます。

こうした建物もWIMAXには向かないのです。

このようなWIMAXには向かない環境だとLTEの方がスムーズに通信できます。

LTEは電波の周波数帯が高くないので柔軟性に優れ鉄筋コンクリートの建物
でも曲がりくねって入り込むことが出来ます。

周辺を高層な建物に囲まれている場合でも入り込んで通信することが出来る
ので、途切れにくく快適にネットを利用することが出来ます。

■固定回線と同じ最低利用期間があるので注意しましょう

WIMAXにもLTEにも、固定回線と同じように契約から2年間の最低利用
期間があります。その間に解約をすると違約金が発生するのでくれぐれも
注意をしてください。

しかし、通信エリア内であれば引越しをする時でも手続きなしでそのまま利用
し続けることが出来ます。

■インターネットに必要な速度は?

インターネットの全てのサービスは5Mbpsの通信速度があれば問題なく利用
できます。高速の通信は、実は一部のユーザーにしか必要ないものなのです。

モバイル回線は固定回線程の速度は出ませんが、ネットの利用に支障をきたす
ようなことはありません。

■WIMAX以外のモバイル回線

  • LTEは4つの会社の回線がある
  • 周波数帯が高くないので電波が曲がりくねって届く
  • 月間7GBの通信制限がある

WIMAXは一人暮らしに向いている回線なのですが、住宅の事情やユーザーの
インターネット利用頻度によっては、適していない場合もあります。

そういった場合は、LTEの方が快適に通信を行えますよ。LTEとはWIMAXと
もう一つのモバイル回線のことです。

WIMAXはUQ WIMAXの回線のみを利用して通信を行うのですが、LTEは
DOCOMO、au、SoftBank、ワイモバイルの4つの会社の回線があります。

それぞれの会社でLTEのモバイルwifiルーターを契約すると、それぞれの会社
の通信回線をつかってネットと繋がりますので、契約する会社により通信環境が
大きく変わります。

また、LTEは周波数帯がWIMAXほど高くありません。

DOCOMO  800MHz、1.5GHz、1.7GHz、1.9GHz、2.1GHz
SoftBank  1.5GHz、2GHz
au  800GHz、1.9GHz、2.1GHz
ワイモバイル  1.7GHz

このような数値の周波数帯ですので、電波の特性が音に近いのです。
スマホと同じような感覚でネットに繋がります。

室内でも奥まった場所でも電波は隙間を縫って入り込むので、通信が途切れ
にくいです。

このようにLTEのメリットは4種類の回線があることと、繋がりやすさです。
しかし、当然デメリットもあります。LTEのデメリットは月間の通信制限です。

月間7GBの通信量までという制限があります。インターネットを常に利用したい
ヘビーユーザーを締め出す狙いがあるのです。

■固定回線が必要な人は?

  • オンラインゲームを楽しみたい人
  • ネットユーザーが増え通信が遅くなる時間帯メインで利用する人

WIMAXやLTEのようにモバイル回線もあれば、光回線や通話回線を利用
して通信を行うADSL回線もあります。

それぞれに特徴があるのですが、モバイル回線は屋内でも屋外でも通信を
する人、メールなどが中心の一般的なユーザー向けです。

固定回線はオンラインゲームなどの安定した通信環境が必要な人、そして仕事
の都合上などで、ネットユーザーが最も多くなる時間帯午後8時~11時までを
メインとしてネットを利用する人です。

高速で安定した通信環境が必須でない限り、固定回線は一人暮らしには必要
ない環境です。メールがメインでネットサーフィンを少しするだけならモバイル
回線で十分なのです。

■LTEの通信制限の目安

  • 毎日1時間ネットサーフィン+1時間動画視聴できる通信量
  • 音楽のダウンロードなども利用できる

固定回線には通信量の制限はありませんが、LTEのモバイル回線には
スマホと同じ7GBの制限があるのです。

1ヶ月間で7GBの通信量とはどれくらいインターネットを利用できるので
しょうか?7GBの目安は以下のとおりです。

メール 約1807万通
通常のサイト 約50,600ページ
超高画質動画 約33時間
音楽のダウンロード 約1,790曲

この通信量を1日に換算すると、1時間ネットサーフィンをして1時間超高画質動画
を見ても7GBには達しません。1か月を30日とすると7GBではメールが60万通
も送受信できるのです。

一般的なユーザーにはとても余裕のある通信量と言えます。しかし、仕事の
都合などでこれ以上の通信をする必要がある場合はWIMAXでないとストレス
を感じてしまいます。

■WIMAXのサポートセンターは繋がりにくい?

  • 休日は避け、平日に電話をするようにしましょう

WIMAXのサポートセンターに問い合わせをする場合は休日は出来る限り
避けるようにしてください。

WIMAXのサポートセンターは繋がりにくいという口コミをよく見るのですが、
実は平日であればスムーズに繋がり丁寧に対応してもらえるのです。

問い合わせは平日を狙うようにしてください。

■WIMAXはプロバイダの公式サイトから申し込みをしましょう

  • 家電量販店では端末が有料でキャッシュバックも少ない

WIMAXもLTEも家電量販店からとプロバイダの公式サイトから、申し込むこと
が出来ます。お得に申し込みが出来るのはプロバイダの公式サイトです。

家電量販店では通信端末が湯量になっていることが多いのですが、プロバイダ
の公式サイトだと基本的に通信端末は0円となっています。

また、キャッシュバックも家電量販店は同時に家電を購入しないと受けることが
出来ない上に金額も5,000円前後と少ないです。

これに対してプロバイダの公式サイトはキャッシュバックを受ける条件が、
対象端末を購入することのみでキャッシュバックも20,000円前後のもの
などがあり高額です。

また、タブレットなどの高額商品をプレゼントしてもらえるキャンペーンなども
行っているので、モバイル回線を申し込むときはプロバイダの公式サイトから
にしましょう。

また、契約の前にキャッシュバックの受け取り時期を確認しましょう。

平均的なインターネット代金を知りたい!いくらくらいかかるの?

■一人暮らしでネットを契約したい!平均的な料金の相場は?

  • 初期費用は15,000円前後、月額利用料は5,000円前後
  • 固定回線は費用が掛かるので注意が必要

一人暮らしをしていて、インターネット環境が必要となった時、
平均のインターネット回線の費用を知っておいた方がよいです。

調べてみると、インターネットは契約をしてから回線の設置工事を行うので、
初期費用という手始めにかかる費用が高額です。

光回線の中でもっともユーザーが多く知名度が高いフレッツ光では、
契約料が800円、回線工事費用が15,000円と15,800円かかります。

光回線はガラス樹脂で出来ている光ファイバーを利用して通信を行うので、
回線の設置費が高額となります。

集合住宅の場合は通信回線が階段などの共同スペースにまでしか来ていない
状態の物件が多いのです。

共同スペースから各部屋へ回線を引き延ばす工事は自分で申し込みをし、
自分で工事費用を負担しなければなりません。

また、集合住宅でも3戸以下のアパートだと戸建てタイプと同じ料金と
なります。月額5,100円~で、金額がはっきりしないのはプロバイダと
呼ばれる会社を好きなところから選ぶことが出来るからです。

インターネットは通信回線だけでは繋がりません。回線をインターネットへ
繋げてくれるプロバイダを利用する必要があります。

プロバイダは回線に対応しているところの中から好きに選ぶことが出来ます。
利用料金とサービス内容がプロバイダごとに違っているので、料金も異なります。

フレッツ光の月額が実質4,600円にプロバイダが最安で月額500円で、
月額5,100円~ということになるのです。

光回線は高速で安定した通信が行える、かなり品質の高い通信環境です。
費用もかかりますし月額の利用料も高額なことは頭に入れておきましょう。

■もっと手軽な固定回線はない?

  • ADSL回線は手軽だけど、速度が遅い
  • メールと軽めのネットサーフィンだけなら問題なく利用できる

光回線は高性能ですが、利用料金も初期費用も高額です。
もっとお手頃なネット回線はないのでしょうか?調べてみました。

インターネットの固定回線にはADSL回線と言って一昔前まで、インターネット
回線の主流だった回線があります。

これは、光回線が登場したことによりユーザー数が減ったのですが、現在でも
利用することが出来ます。

利用条件は家に電話回線があることなのですが、電話回線がない住宅は日本
にはほぼないので、どこででも利用できる回線ということになります。

ADSL回線は家電製品などの電波の影響や通話の影響を受けやすく、通信が
不安定になりやすいのですが、メールが中心でネットサーフィンを軽めにする
程度の人であれば問題なく利用することが出来ます。

1Mbpsというメールや通常のサイトは見れるけれど、動画などは見られない
通信速度の料金プランなら月額1,600円で、プロバイダ料金を合わせても
月額2,850円で済みます。

軽めのインターネットユーザーであれば問題なく利用できるので、ADSL回線も
検討してみてください。

■回線の設置工事に抵抗を感じる場合は?

  • 工事費を節約したいならモバイル回線
  • 回線不要で無線で通信を行う

インターネットの回線工事は費用が掛かる上に15分~30分程度の時間
立ち合いをする必要があります。また、部屋に出来る限り人を入れたくない
という方には抵抗を感じるものですよね。

しかし、調査の結果、回線工事不要でインターネットが出来るようになる方法
がありました。モバイルwifiルーターを使ったモバイル回線であれば、無線での
通信となるので回線が不要で初期費用も契約日のみでOKとなります。

光回線やADSL回線のような固定回線は申し込みをして契約後、回線工事を
してから通信をし始めるので申し込みから実際の使用まで最短でも2週間は
かかります。

モバイル回線は申し込みのみで契約や手続き、工事不要となりますので、
申込から1週間以内に利用し始めることが出来ます。

■WIMAXとLTEの2種類あるモバイル回線

  • 無制限で利用できるWIMAX
  • 制限はあるが安定しやすいLTE

WIMAXは無制限で通信できる代わりに、通信が途切れやすく不安定に
なることが多いモバイル回線です。

一方、LTEは月間7GBというスマホと同じ通信量の制限がありますが、
繋がりやすく安定した通信を実現しています。

WIMAXは20社くらいのプロバイダがありますが、どこプロバイダと契約をしても
UQ WIMAXが所有している回線を利用します。

LTEは契約をする会社ごとに利用する回線は違うので、公式サイトでどの回線を
利用しているかをチェックしてみてください。

■解約金は固定回線の方が安い

  • 固定回線は集合住宅では1,500円、モバイル回線は1年目だと19,000円
  • 契約更新月を把握しておきましょう

固定回線でもモバイル回線でも解約を最低利用期間中に行うと違約金が発生します。

最低利用期間は固定回線、モバイル回線、どちらでも2年間なのですが違約金には
大きな違いがあります。固定回線のフレッツ光の場合は違約金が集合住宅プラン
なら1,500円で済みます。

しかし、モバイル回線のWIMAXでは契約から1年目だと190,00円かかって
しまうのです。初期費用はモバイル回線の方が安いですが違約金は固定回線
の方が安い仕組みになっています。

■引っ越しを考える場合のリスク(契約年数と工事)

  • 最低利用期間2年間の間は解約に違約金がかかる
  • 固定回線は移転工事が必要
  • 解約には違約金、移転には移転費とそれぞれお金がかかる

固定回線を引いている一人暮らしの場合、引っ越しをするとなると回線を撤去
しなければなりません。

例えば、現在フレッツ光を利用していて引っ越し先でもフレッツ光を引き続き
利用する場合は移転費がかかります。

引っ越しに伴い、フレッツ光を解約し別の回線と契約をする場合は最低利用期間
中は違約金が発生します。最低利用期間とは契約から2年間のことで、その間の
解約には、必ず違約金が発生するのです。

契約をした月を1ヶ月目として25か月目が契約更新月となります。この月中に
解約をすると違約金はかかりませんが、26か月目には新しい最低利用期間の
2年間に突入してしまうので、再び違約金がかかるようになります。

フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートの移転費
屋内配線の工程がある場合 7,500円 屋内配線の行程がない場合 6,500円

フレッツ光 集合住宅の違約金 1,500円

このようにどちらの場合でも費用は掛かりますので、引っ越し後も継続して利用
するかどうかの参考にしてください。

解約をした方が引っ越しの際にかかる費用は安く済みますが、引っ越し先で
新しい回線を設置する工事費と契約料を支払うことになります。

移転でも解約でも、総合的に見ればあまり費用は変わらないのです。

■新しく契約をする回線のキャンペーンで違約金を取り返すことも出来る!

  • au光はネットと電話のセット契約で最大15,000円キャッシュバック
  • eo光なら5,000円キャッシュバック+タブレットプレゼント

現在、フレッツ光を利用しているとして別の回線へ乗り換えをするとお得なキャッシュ
バックを受けられるケースもあります。

調べてみると、au光のマンションタイプで「ネット+電話+電話オプションパック」に
加入した場合は最大で15,000円のキャッシュバックを受けることが出来ます。

ただし、マンションタイプは24か月以上の継続利用が条件となるので、途中解約
はしないようにしましょう。

解約金に1,500円かかり、新しい回線の設置工事にも10,000円前後かかります
ので、15,000円のキャッシュバックはとてもお得です。

また、eo光ではマンションタイプに契約すると5,000円のキャッシュバックと
タブレットがプレゼントしてもらえます。

タブレットは「ARROWS Tab M504/HA4」15,460円です。

しかし、こちらも契約から24か月間はeo光ネットとeoスカートリンクプレミアム
パックを解約することが出来ません。

解約をした場合は解約清算金を支払うことになります。

このような形で新しい回線でお得なキャッシュバックを受けて違約金を精算
することは可能です。しかし、キャッシュバックを受けるには条件があります
ので、ご注意ください。

■引っ越しに伴う解約手続きが面倒な場合はモバイル回線

  • 引っ越し時でも手続きなしでそのまま使い続けられる
  • 回線がないので設置・撤去工事不要

光回線は解約や移転のために回線の撤去工事を行い、引越し先で再び回線の
設置工事を行います。工事には立ち合いが必要となりますので、ただでさえ
忙しい時期に時間をつくらなければなりません。

回線の撤去工事も設置工事も長くても30分前後ですが、少しでも引っ越しに
関する必要事項が少ない方がいいですよね。

引っ越しの際に煩わしい思いをしたくないのであればモバイル回線が良いかと
思います。モバイル回線は回線を利用しない無線通信ですので、引っ越しの
際も手続きも工事も必要ありません。

■モバイル回線の通信エリアを表す人口カバー率の定義

  • 人口カバー率はメッシュ方式で決められている
  • 引っ越し先が通信エリアかどうかを確認してから契約しましょう

モバイル回線の通信エリアについて調べていると、人口カバー率という言葉が
出てきます。人口カバー率はメッシュ方式で決められています。

メッシュ方式とは日本中を500m四方に区切り、この区域の半分が通信エリアに
含まれていればこの区域全体が通信エリアであるという認定する方式です。

つまり、人口カバー率99%だからと言って99%の場所で通信が出来るというわけ
ではありません。人口カバー率が高くても公式サイトで、引っ越し先の住所が
通信エリアに含まれているかどうかをしっかり確認してから契約を行ってください。

■安定しやすいモバイル回線はLTE

モバイル回線にはWIMAXとLTEがあるのですが、WIMAXは無制限で利用
できるけれど、通信が途切れやすいです。

もう一つのLTEはスマホのように月間7GBという制限があるのですが、通信が
途切れにくいです。オンラインゲームをするなら固定回線ですが、しないので
あればLTEでも問題ありません。

wi-fiのつなぎ方はアパートとマンションでは同じ?どう繋げるの?

■自宅(賃貸マンション)にWi-Fiが使える環境をつくりたい。何から始める?

  • 自宅が対応している回線を調べよう
  • 回線が対応しているプロバイダの中から好きなものを選ぼう
  • 通信回線と無線LANルーターを設置する工事をしてもらおう

自宅でwi-fiを始めたいなら、まずは自宅のマンションやアパートが対応している
通信回線を調べる必要があります。

契約書の内容を確認したり、管理人に直接電話で確認をしたりして回線を
調べるようにしてください。

集合住宅には、1本の通信回線を引くので対応している通信回線以外の
ネット環境はなかなか契約が難しいのです。

通信回線に強いこだわりがないようであれば、すでに対応している回線に
契約をしましょう。

そして、その通信回線をインターネットに繋げるにはプロバイダと呼ばれる会社
と契約をする必要があります。

プロバイダは、通信会社によって対応している会社が違いますので、通信回線
の会社に対応しているプロバイダの中から好きな会社を選びましょう。

そして、通信会社の公式サイトからオンラインで申し込をする際にプロバイダとも
同時契約をすることが可能ですので、同時に契約してしまいましょう。

契約を済ませたら、いよいよ通信回線と通信機器を設置する工事が行われます。
工事自体は15分~30分くらいで終わります。

この工事の際に回線と一緒に通信に必要なモデム、そしてWi-FIを飛ばすのに
必要な無線LANルーターをレンタルできるのです。設置も行ってもらえます。

■光回線+無線LANルーターの環境は簡単に作れる?

  • オンラインで申し込、契約、工事立ち合いのみでOK
  • 自分で通信機器を設置する訳ではないので知識がないでも安心

光回線で通信行い、無線LANルーターでWi-FIを飛ばすという環境はインターネット
の知識のない人でも簡単に作ることが出来るのでしょうか?

調べてみると、まず光回線にはオンラインで申し込をすることが出来ます。その後、
電話連絡があり契約へと進み、工事日を決めて、工事の日に立ち会いをします。

回線の設置工事はまず外の電線からあぱーとの共同スペースにまで伸びている
回線をエアコンの配線口から部屋の中へと引きいれます。

そして、回線をモデムと呼ばれる通信に必要な機器へつなげて、そこからさらに
回線で無線LANルーターに繋げます。

無線LANルーターはWi-Fi親機ですので、そこからWi-Fi子機内臓のパソコンや
スマホ、タブレットへと電波で繋がっていくのです。

自分で通信機器を設置したり、回線を引き入れたりしないのでインターネットの
知識がなくても機械が苦手でも大丈夫ですよ。

■アパートとマンションでは繋げ方に違いがある?

  • アパートやマンションなどの集住住宅のタイプでは違いはない
  • 住宅事情により回線の引き入れ方に違いがある

通信回線を設置してWi-Fiを繋げるときにアパートとマンションでは繋げ方に
違いはあるのでしょうか?調査をしてみました。

その結果、まずアパートとマンションという集合住宅のタイプでは通信回線や
無線LANルーターの繋げ方に違いはないことが分かりました。

しかし、住宅事情などにより通信回線の部屋への引き入れ方に違いがあるようです。
基本的に通信回線は先ほどもお話ししたとおり、エアコンの配線口から
部屋の中へと引き入れます。

しかし、エアコンの配管口がない場合や建物の構造上、通信回線を引き入れ
られない場合は電気の配線口からになります。

そして、電気の配線口からも回線を引き入れられない時には外壁に直径5cm
くらいの小さな穴をあけてそこから通信回線を部屋へと引き入れるのです。

ドアや窓から引き入れると閉まらなくなってしまい、防犯上よくありませんので、
このような方法となります。

外壁に穴をあける場合は工事にかかる時間が伸びますが、それでも1時間
以内には終わります。工事には必ず立ち合いが必要となります。

最初から最後まで立ち合い疑問点などは、その場でぶつけるようにしましょう。

■モバイルwifiルーターは回線工事なしでWi-Fiが飛ばせる

  • モバイルwifiルーター自体がWi-Fi親機でコードレスなので工事不要
  • 一人暮らしに向いているネット環境

自宅にWi-Fiを飛ばす場合、固定回線の工事が必要となります。
しかし、固定回線は実はオンラインゲームを利用する人しか必要の
ない贅沢な環境なのです。

多くの一般的なユーザーはモバイルwifiルーターという通信機器を使った
モバイル回線で十分なのです。

モバイル回線はコードレスでコンパクトなモバイルwifiルーターを介してインター
ネットに接続する方法で、モバイルwifiルーター自体がwifi親機となります。

インターネットに屋内でも屋外でも繋がることが出来るので、家を留守にする
ことが多い一人暮らしにとって無駄のないネット環境と言えます。

■WIMAXとLTEの2種類あるモバイル回線

モバイル回線には2種類あり、安定しやすいが通信量の制限があるLTEと
不安定ではあるが無制限のWIMAXとに分かれます。

用途に合わせて選ぶようにしてください。

■光対応のマンションならバッファローの無線LANルーターを買うだけで無料でwi-fi可能?

  • 光回線への契約が必要となる
  • 光回線が部屋まで届いていなければ回線設置工事が必要
  • 無線LANルーターはレンタルしてもらえる

光回線に対応している賃貸アパートだと、回線の契約や設置工事なしで通信が
できると思ってしまいがちですが、実は契約が必要となります。

光回線の会社の公式サイトから申し込みをしても良いですし、電話で申し込み
をしても良いのですが、自分で光回線のサービス提供会社への連絡が必要です。

また、光回線に対応している賃貸アパートでも各部屋まで通信回線が届いて
いる場合と、アパートの共同スペースにまでしか届いていない場合があります。

共同スペースにまでしか届いたいない場合は部屋まで回線を伸ばす工事が、
部屋まで届いている場合でも回線の設定を変更する工事が必要となります。

契約の際に光回線の会社の担当者が確認をしてくれるので、工事が必要
という判断されたら、工事日にはしっかり立ち合いをしましょう。

また、バッファローの無線LANルーターを購入してもよいのですが、光回線
の提供会社が無線LANルーターをレンタルしてくれるので購入は必須では
ありません。

光回線に対応しているアパートでも申し込みと契約、回線工事が必要と
なります。バッファローの無線LANルーターの購入は自由です。

■工事とか機械オンチでよくわからない。簡単にwifiするには?

  • 業者の人が一から十まで工事は行ってくれる
  • 立ち合いの際に工事の説明もしてくれるので安心
  • 工事自体に抵抗があるならモバイル回線

光回線でwifiを飛ばす際に機械オンチだと工事が良くわからなくて不安ですよね。
しかし、調べてみると工事は一から十まで業者の方が行ってくれるので、自分で
行う必要がないのです。

機械オンチでも、手先が不器用でも、業者の工事に立ち会いをするだけなので
問題なくwifiの環境を整えることが出来ます。

また、立ち合いの際には工事の工程も説明してもらえるので、光回線の仕組みも
良くわかります。予備知識がなくても大丈夫ですよ。

そして、光回線に対応しているからと言って、必ずにも光回線に契約しなければ
ならないというわけではないのです。回線が不要なモバイル回線であれば工事
なしですので、もっと手軽にインターネットを始めることが出来ます。

■手軽に始められるモバイル回線

  • オンラインで申し込をして自宅に端末が届くので手続きも工事もなし
  • 月額は3,696円とリーズナブル

手軽に始めることが出来るモバイル回線は、プロバイダの公式サイトから
オンラインで申し込をすることが出来ます。調査の結果、クレジットカードの
情報を入力した方が手軽に始められることが分かりました。

口座振替でも料金の支払いは出来るのですが、口座振替の場合は口座に
関する書類の往復が必要となりますので、2週間前後かかってしまいます。

クレジットカードであれば情報を入力してカードが有効かどうかを確認してもらう
だけですので、早ければ翌日に通信機器を発送してもらえます。

面倒な手続きも回線工事も不要です。通信機器が自宅に届いたら数分で済む
設定を行いすぐにインターネットに繋がることが出来ます。

モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があり、WIMAXは無制限で利用
できる代わりに通信が不安定になりやすく、LTEは月間の通信量の制限が
ある代わりに通信が安定しやすいというメリットがあります。

用途に合わせて自分に合っている方を選びましょう。モバイル回線は、固定
回線程の安定性はありませんが、全てのネットサービスを利用する上で困る
ことはありません。

■モバイル回線なら必要な機器はルーターとスマホなどの通信機器のみ

  • 複数の機械を使う固定回線と違い分かりやすい仕組み

モバイル回線は、モバイルwifiルーターを使ってインターネットに接続を
するので必要なのはモバイルwifiルーターとスマホやタブレットなどの
通信機器のみとなります。

固定回線のように回線ケーブルやモデムと呼ばれる通信に必要な機器、無線
LANルーターと言って複数の機械はいらなくなります。機械オンチで工事をして
もらえるとはいえ、回線の設置には不安がある場合はモバイル回線が良いでしょう。

■モバイルwifiルーターは1日からレンタルできる!

  • 契約前にレンタルをして実際に利用することが可能

モバイル回線に必要な機器、モバイルwifiルーターはWIMAXでもLTEでも
レンタルすることが出来ます。

いくつかレンタル業者があり1日400円代で借りることが出来るので、実際に
使ってみて契約をするかどうか決めることが出来ます。

実際に使ってみないと通信速度や電波の入り具合は分かりませんので、
契約前にレンタルを利用して家やよく行く場所で試してみてください。

また、時間帯によっても繋がりやすさは変わりますので、朝、昼、夜と
さまざまな場所で様々な時間帯に通信を行ってみてください。

繋がりやすい場所や時間帯が分かるかと思います。

インターネット接続が無料の大和ハウスの賃貸は使用も無料?

■大和ハウスの賃貸住宅D-roomはネットを無料で使える?

  • 家賃に含まれているだけで無料ではない
  • 回線の設置工事は済んでいるので費用がかからない
  • 手続きなどの面倒な工程がなく簡単に利用し始められる

D-roomはインターネット料金が無料なのではなく、家賃に含まれているだけで
しっかりと毎月利用料を支払うシステムになっています。

現在は、初期費用と月額利用料金が不要となっているのでお得に始めることが
できるのですが、他のアパートと同じようにネット料金が発生しています。

D-roomのネット回線は調べてみると、ケーブルを繋ぐだけで利用できるので
入居初日からインターネット接続ができるのです。

入居後、自分でLANケーブルをホームセンターなどで購入し、パソコンにLAN
ケーブルを繋ぎ、壁のモジュールジャックに繋いで完了です。

たったこれだけでインターネットに繋がるのでネット料金は有料ですが、
とても便利です。

通常ですと、回線へ申し込みをして契約をして、回線の設置工事日を決め、
15分~30分で済む工事を行って初めてインターネットを利用出来るように
なるのです。

その手間と工事費がかからないので、月々利用料がかかっても十分お得です。
フレッツ光の場合は、回線設置工事に15,000円かかります。

インターネットが良くわからない場合はD-roomのような手間のかからない
ネット回線の物件が良いでしょう。

■物件によっては回線が未敷設の場合もあります!

  • 未敷設の場合はネット契約とプロバイダ契約が必要
  • プロバイダも自由に選べる場合と1社のみの場合がある

大和ハウスの賃貸物件にはさまざまなタイプの物件があり、上記のように
通信回線を設置してある物件ばかりではありません。

調べてみると、通信回線の設置がまだのアパートやマンションもあり、そのような
場合はインターネット提供会社との契約と、プロバイダとの契約が必要です。

通信回線がまだ設置されていない物件で、個人的に通信回線を設置したい場合は、
管理人の承諾が必要となります。

また、回線が設置されている物件でもプロバイダを回線が適応しているところから
好きな会社が選べる場合と、契約しなければならないプロバイダがすでに決まって
いる場合があります。

■インターネットを出来る限り安く利用するには?

  • 固定回線の場合は契約キャンペーンを利用する
  • 初期費用が安いのは固定回線よりモバイル回線

固定回線の場合は、契約キャンペーンで初期費用が無料になることもあります。

回線設置工事費も契約料も無料、それに加え初月の利用料金も無料になる
ケースもありますので、そうしたキャンペーンを行っているか確認をしましょう。

また、プロバイダでも初月利用料金が無料のものもあります。

月額の利用料金が安いかどうかで選ぶこともとても重要なのですが、キャン
ペーンなどを行っているかどうかでプロバイダを選ぶという方法もあります。

また、回線を使わずに通信を行うモバイル回線を選べば初期費用が安く済みます。

基本的に初期費用は3,000円ですが、固定回線と同じようにキャンペーンで
無料になっていたり高額なキャッシュバックがあったりするので、固定回線より
もお得です。

■モバイル回線はヘビーユーザーならWIMAX

  • 無制限で利用できるモバイル回線1日中ネットが必要な場合に最適
  • 高速だけど安定しづらい通信なので注意が必要

回線工事が必要なく通信が手軽に出来るモバイル回線はLTEとWIMAXの
2種類があります。無制限で利用できるモバイル回線は、WIMAXという種類
の回線です。

毎月通信量を気にすることなく好きなだけインターネットを利用できるので
1日中インターネット環境が必要なヘビーユーザーの人でも安心のモバイル
ルーターです。

このWIMAXは、WIMAX2+という高速通信の電波を2つ同時に飛ばすことで
超高速通信を実現しています。

固定回線に近い実測40Mbps~60Mbpsという速度で通信できるのですが、
電波が直進性が強すぎて柔軟性に欠けます。

建物などに曲がりくねって入り込むことが苦手ですので、室内の通信が不安定に
なりやすいというデメリットがあるのです。

LTEはWIMAXほど高速ではないものの、柔軟性に優れている電波なので
室内でもスムーズに通信が出来ます。しかし月間の通信制限があり、7GB
という通信量までしか通信が出来ないのです。

■解約手続きは電話での連絡が基本

  • お客様サポートセンターなどへ電話で解約手続きを行うケースがほとんど

WIMAXの場合は解約したくなったらUQ WIMAXの公式サイトで解約届を
ダウンロードして郵送し解約手続きを行います。

こういった方法での解約手続きはまれで、基本的には電話でサポートセンターへ
連絡を取り解約手続きを行う形になっています。

また固定回線の場合はサービス提供会社とプロバイダとで別々に連絡をして
解約しなければなりません。

プロバイダの解約忘れがあると利用していないのに、料金が引き落とされ
続けることになるので注意をしてください。

■フレッツ光と何が違う?料金は?

  • 2つの回線は提供会社、通信回線、料金のシステムなど全く違う通信サービス
  • フレッツ光はNTTが提供している光回線の通信サービス

大和ハウスで利用することができるインターネットサービス「D.U‐NET」は
大和ハウスグループのD.U-NET株式会社が提供している通信サービスです。

フレッツ光とは通信回線、料金の仕組み、サービス内容、通信速度など、
全く違う光通信サービスとなっています。

光ファイバーというガラス樹脂でできた回線を利用して通信を行うため、
高速で安定した通信が出来るという点は同じですが、それ以外は共通点
はほとんどありません。

D.U‐NETは申し込み不要でインターネット接続が出来るのですが、フレッツ光は
申し込みをする必要があります。

また、利用料金もD.U‐NETは家賃に組み込まれているので具体的なインターネット
利用料金が不透明です。

一方のフレッツ光は戸数の少ないアパートだと月額5,100円~と明記されていて、
はっきりと分かりやすい料金システムになっています。

また、D.U‐NETはインターネットサービスのみですが、フレッツ光はひかり電話や
動画サービスなど、インターネット以外にもさまざまなサービスを提供しています。

D.U‐NETでもフレッツ光でも、それぞれの光回線に対応している集合住宅で
ないと利用することはできません。

■高額な光回線よりもお得にネットをするには?

  • 賃貸に設置されている回線以外の回線を利用することもできる
  • 管理人と交渉をして承諾を得れば別回線も可能
  • モバイル回線という工事不要なネット環境もあり

大和ハウスの光回線D.U-netもフレッツ光も、どちらも高額な料金がかかります。
もっと安くインターネットを利用する方法はないのでしょうか?

調べた結果、インターネット回線はもともと設置されている回線以外を利用する
ことができることが分かりました。

あらかじめ設置されている固定回線ではない回線を引き込んで通信を行うの
ですが、これには管理人の許可が必要となります。

管理人に相談の上、承諾を得ることが出来れば別の固定回線でも利用する
ことが出来ます。

また、回線工事が必要ないモバイル回線という手段もあります。

コードレスの通信機器を使ってネットにつながるので、工事も手続きも管理人
への報告も必要のない手軽なネット環境です。

■モバイル回線のLTEには月間の通信制限がある

  • 月間7GBという通信量の制限
  • 7GBは1時間ネットサーフィンと1時間動画視聴が毎日出来る

モバイル回線のLTEには月間7GBという通信量の制限があります。
これはスマホなどと同じ通信制限なのですが、7GBの通信量では
以下のような通信をすることが出来ます。

メール 約1870万通
画像サイト 約50,600ページ
超高画質動画 約33時間
音楽ダウンロード 約1,790曲

1ヶ月間にこれだけの量を通信できるということは1日に換算すると毎日1時間
メールをしたり、ネットサーフィンを楽しんだ上で1時間動画を閲覧しても余裕で
足りるくらいなのです。

通信制限とは、一部のインターネットヘビーユーザーを締め出すために設定
されたものですので、一般的なユーザーは気にする必要のない制限なのです。

■2種類のモバイル回線で採用されているキャリアアグリゲーション

  • WIMAXは1種類の電波を2つ同時に送受信するタイプ
  • LTEは2種類の電波を同時に送受信するタイプ

モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類の回線があります。

WIMAXとLTE、それぞれの回線はキャリアアグリゲーションという通信技術を
採用しているのですが、同じキャリアアグリゲーションでも特徴が違います。

まず、WIMAXのキャリアアグリゲーションは1種類の電波を2つ同時に送受信
しているので、通信速度は倍になりますが、2つの電波が途切れる条件が同じです。

よって、電波の強化にはなりません。一方、LTEは2種類の電波を同時に送受信
しているので速度が上がるとともに、電波の強度も増します。

1種類の電波が途中で途切れてしまってももう1種類の電波は届きますので、
電波が途切れにくく安定した通信となるのです。

同じキャリアアグリゲーションを採用しているモバイル回線でも、これだけの
差がありますので、慎重に選んでください。

そして、WIMAXは電波が途切れやすい代わりに月間無制限で通信をする
ことが出来ます。安定性よりも通信量を重視したい場合は、WIMAXの方が
良いかと思います。

■契約の際には公式サイトをプリントアウトしておきましょう

  • 契約中にサイトの内容が変わってしまうこともある
  • どこが変更されたか比較できるように準備しておきましょう

大和ハウスのネット回線を利用する場合でもモバイル回線を利用する場合でも、
契約期間中に公式サイトの内容が変更されることがあります。

ですので、契約をしたらサイトをプリントアウトして保管しておきましょう。

契約中にサイトをチェックしてプリントした時と変わっていないか確認をとれる
ようにしておいてください。

料金が知りたい!レオパレスのインターネット接続にかかるのは?

■レオパレスのインターネット料金は?レオネットの評判

  • レオパレスのネットは安いが速度は遅い
  • SNSやスカイプは問題なく利用できる
  • レオネットはオンラインゲームには向かない

レオパレスはレオネットという独自のインターネット・サービスを提供しています。
調べてみると、オンラインで契約が出来て30日間で1,645円と格安です。

光回線のフレッツ光では月額5,100円~となっているので、とてもお得な料金
設定となっているのですが、口コミを見てみるとこんなことが分かりました。

  • 通信速度が遅くストレスを感じる
  • プライベートIPのため、利用できないオンラインゲームもある
  • BitTorrent、MSN、Windows、Yahoo!などのメッセンジャーも使用できない

このように、まず通信速度の遅さに不満を感じている人が多く、メールやSNSは
平気だけど、通常の画像がはってあるだけのサイトをひらくのにも時間がかかる
といった声もありました。

ただ、スカイプは問題なく利用できます。ツイッタ―やFACEBOOKも問題なく
使えるので、オンラインゲームをしたい人やファイル共有ソフトを使用しない人は
ストレスを感じることが少ないかと思います。

オンラインゲームをしたい場合はラグが発生しやすく、スムーズには楽しめないと
いうことになります。

■レオパレスの不満と評判を調べてみた

  • 通信速度に関する不満が最も多い
  • ヘビーユーザー向きではないネットサービス

レオネットはレオパレスの各部屋に1つの回線を分け合って通信を行っています。
ですので、10部屋ある場合は10人が同時に通信をすると、回線が込み合って、
通信速度が遅くなるのです。

調べてみると、午後8時~午後10時くらいは回線が込む時間帯ですので、
この時間をさけてネットを利用するようにしましょう。

また、レオパレスは光回線が主流となっているのですが、ADSL回線といって
一昔前の通話回線を利用するネット回線のところもまだ残っています。

ADSL回線のレオネットは、メールさえも時間がかかるという口コミがあります
ので、そうなった場合はモバイル回線の方が快適です。

また、光回線のレオネットであっても動画の再生や容量の多いファイルのダウン
ロードには時間がかかり、タイムアウトになって利用できないこともあります。

動画を見たりダウンロードを良くする人は、レオネットでは不満を感じる機会が
多いようです。

■レオパレスに済んだらレオネットと契約しないといけない?

  • レオネットへの契約は強制ではない
  • 管理人への交渉が成立すれば他の固定回線も契約可能

レオパレスにはレオネットという独自回線のインターネットサービスがあります。
しかし、このレオネットは強制契約ではありませんので、口コミを見て納得でき
なければ契約をしなくても良いのです。

調査の結果、レオパレスにレオネット以外のネット環境をつくりたいなら、まず
管理人との交渉が必要となります。

レオパレスにはもともとレオネットという回線が設置されているので、他の
回線を設置する場合は管理人の許可を得ないと回線工事が出来ないのです。

管理人の許可がもらえたらフレッツ光やau光などの光回線で高速で安定している
通信をすることができます。

しかし、管理人の許可が下りなかった場合はどうすればよいのでしょう。
実はインターネットは無線でも繋がることが出来るのです。

■無線でネット環境が作れるモバイルルーター

  • プロバイダの公式サイトから申し込める
  • 使い放題のWIMAXと安定した通信のLTE

無線でインターネットに繋がるためにはモバイルルーターというコードレスの
通信機器を購入する必要があります。

購入するためにはモバイルルーターのプロバイダの公式サイトから申し込みを
して、数日後に通信機器が自宅に送られてくるので簡単に出来る設定をして
使い始めましょう。

モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があり、WIMAXは無制限で好きな
だけ通信が出来る代わりに不安定で繋がりにくい場所も多いというデメリットが
あります。

LTEは通信が安定しやすく繋がらない場所も少ないのですが、月間7GBまでと
いう通信量の制限があります。

■解約には違約金がかかるが引っ越し後もそのまま使える!

  • 契約から25ヶ月目は違約金なしで解約出来る
  • 引っ越し先でも手続きなしでそのまま使える

モバイルルーターも一般的な固定回線と同じように契約から25か月目に
解約をしないと違約金がかかります。

しかし、固定回線と大きく違うところは引っ越し先がモバイルルーターの通信エリア
内であれば手続きなしでそのまま使い続けることが出来るという点です。

固定回線は回線の撤去工事を行い、新居に再び回線の設置工事を行うので、
移転費がかかってしまうのですが、モバイルルーターにはそれがありません。

レオネットの場合を調べてみると、30日間~360日間という契約期間が設けられて
おり、解約をする場合は契約期間終了の3日前までにレオネット事務局へ電話をします。

■レオネットでwifiするには?

  • ・レオネットは有線LANなので無線LANルーターを購入しましょう
  • ・旅行用の小型ルーターは設定がいらない
  • ・レオネットとケーブルでつなぐだけなので簡単

レオパレスに住んでいると、ネットにつながるためには有線でパソコンを
ネットに接続するしかありません。

タブレットなどの完全に無線化されている端末ではインターネットには繋がる
ことが出来ないのです。

この場合は、無線LANルーターを購入し、レオネットのケーブルを無線LAN
ルーターに差し込んでwifiが飛ばせる状態にする必要があります。

しかし、調べてみると設定が面倒ですし、レオパレスの小さな部屋でwifiを
飛ばすために無線LANルーターを購入するのも抵抗がありますよね。

こうした場合は旅行用の小さなルーターを購入し接続しましょう。

旅行用の手のひらサイズの無線LANルーターなら2,500円前後で
通販でも購入することが出来ます。

レオパレスの壁から出ていてテレビへと繋がっている機器にケーブルを購入
してUSBの方に繋げます。ケーブルのもう片方の差込部分を無線LANルーター
につなげれば完了です。

面倒な設定も必要ないですし、別で契約も必要ないので誰でも簡単に出来る
方法ですよ。

■ID、PWを毎回打ち込むのが面倒。対策は?

  • 旅行用のルーターなら1回IDとPWを打ち込むだけでOK
  • PCへ直接接続するとタイマーで通信が遮断されるがルーターなら遮断なし

レオネットを利用する時にIDとPWを毎回打ち込まなくてはならないので、
それが本当に面倒で困りますよね。

しかし、調べてみると小型ルーターを使って通信を行うとIDとPWは最初の1回
だけ入力すればよいのです。

簡単にwifiを飛ばれるうえにIDもPWも1度の入力で済んでしまいます。

また、レオネットをパソコンと直接つなげると使い始めて一定の時間が経過
すると通信が切断されてしまう仕組みになっています。

しかし、旅行用の小型ルーターを介して通信していると一定の時間が経過しても
通信が切断されることはありません。

常時接続のため、IDもPWも1回の入力でOKとなるのです。

■wifiを飛ばすには子機も必要?

  • wifiは親機と子機がないと通信が出来ない
  • 最新の通信機器のほとんどはwifi子機が内蔵されている
  • wifi子機が内蔵されているかどうかの確認方法

wifiを使っての通信にはwifi親機とwifi子機が必要となります。

調べた結果wifi親機はインターネットと接続し、wifi子機はwifi親機から受け取った
電波をスマホやタブレットなどの通信機器へと引き渡します。

しかし、最近はwifi子機が内容されているパソコンやスマホ、タブレットなどが続々
と発売されているので、わざわざwifi子機を購入する必要がなくなって来ています。

wifi親機は先ほど紹介をした無線LANルーターのことです。そして、お手持ちの
パソコンがwifi子機内臓かどうかを確認するには以下のような手順を踏んでください。

「コントロールパネル」
「ネットワークの状態とタスクの表示」
「アダプタの設定の変更」

この手順で進み、wifiのアイコンが表示されていればパソコンにwifi子機が
内蔵されています。

■レオネットに不満を感じたらモバイル回線という方法も!

  • レオネットの通信速度の遅さに不満を感じているユーザーも多い
  • モバイルルーターは高速で屋外でも使える

レオネットでwifiを飛ばせるようになると今まで以上に通信をする機会が増える
ことでしょう。

しかし、レオネットはもともと通信速度が遅いという口コミを多く見かける回線
ですので、ストレスを感じることも多いかと思います。

レオパレスでレオネット以外の回線を引くのはとても手間がかかり、管理人の許可
がないと設置できませんが、モバイル回線なら簡単に利用し始めることが出来ます。

モバイル回線はオンラインで申し込をすると1週間以内に通信機器が届き
簡単な設定のみで利用し始めることが出来ます。

面倒な手続きも工事も必要ないので手軽なネット環境です。
モバイル回線にはWIMAXとLTEの2種類があり、安定性が高いのはLTEです。

しかし、オンラインゲームを利用したい場合は光回線でないと、通信の安定性が
足りずラグが発生してしまいます。

■一人暮らしには持ち運べるネット環境が適している

  • 留守中利用できないネット回線よりも外出先でも利用できる方が便利
  • オンラインゲームをする人以外は固定回線は必要ない

一人暮らしで固定回線を契約していると留守中に回線を使うことが出来ず
せっかくの安定した通信環境がもったいないですよね。

モバイル回線は固定回線程の安定性はないのですが、オンラインゲームを
しない人には問題のないくらいの安定性はあります。

また持ち運べるので屋内でも屋外でも利用でき、家を留守にしている時も
使えてムダがありません。

月額の利用料金はLTEなら3,696円とレオネットよりも高額になってしまい
ますが、速度も速くさまざまな場面で便利に使えるのでレオネットよりも快適な
通信が出来ます。